アイフォン システム 容量。 iPhoneストレージの「システム」の容量を減らして空き容量を増やす2つの方法!

iPhoneストレージの「その他」を削除して空き容量を増やす方法を解説!

アイフォン システム 容量

価格を抑えたいから64GBを選ぶってケースも結構あると思いますが「本当に64GBでも大丈夫か?」と不安になる人もいるかもしれませんよね。 なので……今回は、 iPhoneを64GBで長く使っていく方法をご紹介していきます。 64GBは価格と実用面でもかなりおすすめできる容量だと思うので、iPhoneの購入・買い替えを検討してる……という人はぜひ参考に! iPhoneの64GBで保存できる容量は? iPhoneの容量で64GBを選ぶ場合、 写真や動画、音楽やアプリをどのくらい保存できるのか?について、少しだけ理解しておいたほうがいいかもなので、簡単に解説しておきます。 8MB)で考えた場合、64GBだと 写真を約15,000枚くらい保存できると思っておいてOK。 写真や動画、アプリなど、 64GBのiPhoneで保存できるデータ容量について簡単な表を作ったので、データ別にiPhoneでどれくらいの容量を使うのか見ておきましょう! 64GBのiPhoneで保存できる容量(目安) — 64GBで保存できる容量 写真 1,200万画素 1枚 3. だいたいの目安になりますが、 iPhoneの64GBで保存できる容量はざっとこんな感じです。 また、iOSなどシステムで利用される容量(その他の容量)を考えると、 実際にiPhoneで使える容量は64GBより少ないということも覚えておきましょう。 システム領域は使う人により微妙な差があるかもですが、最大で10GB程度になることもあるため、覚えておくといいかもですね。 少ない容量のデメリット 256GBや 512GBは特に気にしなくても容量不足に陥ることは少ないですが、写真や動画、音楽、アプリやゲームなど、コンテンツが大容量化しつつある今、64GBという容量はそれなりに気を遣う必要があります。 64GBはiPhoneの価格を抑えられて、容量を無駄にしないというメリットがありますが、 容量を管理する必要があるというのが、唯一のデメリットかもしれません。 写真や動画は後述のクラウドストレージを活用すれば解決できますが、iPhone内に音楽やアプリ、ゲームをたくさん保存したいなら256GB以上の容量がおすすめです。 iPhoneの64GBで容量が大きくなるのは写真と動画 iPhoneを64GBで使い続ける場合、忘れてはならないのが Googleフォトを活用した写真・動画管理。 Googleフォトを使えば、iPhone内の写真・動画はすべてクラウドストレージで管理できるので、写真・動画で容量が足りない……と気にすることがなくなるんですよ。 Googleフォトでは、 1600万画素までの写真と 1080pまでの動画を 容量無制限で保存可能です。 1600万画素以内の写真であっても圧縮は自動でされてしまいますが、見て分かるような劣化はほぼないので、多少の圧縮が許容できるなら、iPhoneはほぼデメリット無しでGoogleフォトを使うことができます。 iPhoneのGoogleフォトを活用した写真・動画管理については、僕のメインブログでも紹介しているので要チェック!Googleフォトを活用すれば64GBのiPhoneでも容量がガラ空きになります。 基本的に、ダウンロードした音楽以外はWi-Fi環境のみで視聴することになりますが、64GBという限られた容量を圧迫することなく、たくさんの音楽が聴けるストリーミングサービスは音楽好きには必須。 Apple Musicや Line Music、 Spotifyなど、音楽ストリーミングサービスはたくさんあるので、自分にあったものを選べばOKです。 いっぱいアプリが入ってると管理するのも面倒ですが、これはiOS11から追加された「 非使用のAppを取り除く」を活用すればOK。 使用していないアプリを自動で取り除いてくれるので、足りなくなった容量を簡単に確保することが出来ます。 参考までに、僕はiPhone 7では 128GBを使用していましたが、アプリや写真、動画を管理するようになってから、 平均40GB〜50GBあたりをウロウロ。 アプリやゲーム、音楽、映画を気にせずiPhoneに保存していた時は、100GB程度の容量を使ってました。 現在は iPhone X 64GB を使っており、写真や動画、音楽やアプリを管理しつつ、30GB前後で安定してます。 あくまでも僕のiPhoneの場合ですけどね。 iPhoneで使用する容量は使う人しだいで大きく変わるため、あくまでも参考程度に。 よく、 iPhoneを電話くらいにしか使わない人には64GBがおすすめというのを見かけますが、そもそも、電話程度でしか使わないなら最新のiPhoneなんて必要ないし、容量で悩む必要もないと思うんですよ。 この記事を見ているということは、 iPhoneをよく使うから64GBでも大丈夫か気になってるという人のはずです。 256GBと比べると写真や動画、アプリ、音楽などの管理は必要になってきますが、 月々のコストを抑えたい場合や 自分でiPhoneの容量を管理できるよという人は 64GBを選んでもきっと後悔はしないはず。 データを頻繁に管理するのが面倒という人は 256GBを選んだ方が絶対後悔しないし、楽しく長くiPhoneを使えると思います。 自分のiPhoneで使用している容量は『 設定>一般>iPhoneストレージ』で確認できるので、 どれくらい必要ないアプリが入ってるのか、 写真や動画はどれくらい入ってるか、一番はじめにチェックしてみましょう! Source:.

次の

iPhone容量を圧迫する「その他」の削除方法まとめ、空き容量を大幅に増やすテク

アイフォン システム 容量

iPhone 容量 その他 そこで、このページではiPhone iOS 11 メールを削除する方法を紹介します。 いずれも実用的な小技なので、今使わなくても頭にいれておきましょう。 iPhone 容量 その他について iOS 11以降でiPhoneから「設定」「一般」「iPhone ストレージ」と進み、あるいはiTunes経由してiPhone 容量を確認する時、写真、App、メディア、メールなどがそれぞれ占める容量が表示され、その中には、「その他」という項目が見られます。 iPhone 容量 その他というのは、iOSやアプリが一時的に使用したキャッシュファイルや設定ファイル、そのほかのシステムデータなど、ユーザーが使用していない不要なデータであることがほとんどです。 「その他」データの標準サイズはおよそ3~4GBで、それ以上の場合は、「その他」データを削除することでiPhone 容量を劇的に減らすことが期待できます。 iPhone ストレージを確認 iPhone 容量 その他を削除 そして、どのようにして「その他」データを削除するといえば、iPhoneをiTunesにバックアップし、デバイスをリセット(初期化)して、またiTunesバックアップからiPhone データを復元するという順に行われます。 一、iPhoneをiTunesにバックアップする iPhone 容量 その他を削除するには、デバイスを初期化する必要があるので、データをまずバックアップするのがオススメです。 iPhoneをiTunesにバックアップする時、暗号化バックアップは保存したパスワード、Webサイトの履歴、LINEのトーク履歴、Wi-Fi設定、ヘルスケアデータなどもバックアップできるので、ここでは主にiPhone iTunes 暗号化バックアップする方法をご紹介します。 パソコンに最新バージョンのiTunesがインストールされていることをご確認ください。 iTunesを起動します。 USBケーブルを経由して、お使いのiPhoneデバイスをパソコンに接続します。 インターフェースの左上にiPhoneのアイコンが表示されたら、それをクリックします。 「概要」をクリックして、「バックアップ」セクションから、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。 下図の示しているように、パスワードを作成します。 パスワードを確認して入力後、バックアップが始まり、以前のバックアップファイルが上書きされ、暗号化されます。

次の

iPhone/iPadの空き容量が復活!ストレージ「その他」を消す方法

アイフォン システム 容量

「最近削除された項目」を全削除しよう iPhoneの「写真」アプリから「アルバム」を開きましょう。 すると、アルバム一覧の中に 「最近削除した項目」というものがあります。 これは、間違えて削除してしまった写真・動画を削除して30日以内なら復元することができる、という便利な機能。 逆にいえば、 写真・動画を削除しても30日間はiPhone内部にデータが残り続けてしまいます。 「写真をたくさん削除しても、ストレージ空きが増えない」という現象の原因の1つですね。 復元したい写真が無いことを確認したら、「最近削除された項目」にある写真をすべて消してしまいましょう。 画面右上にある 「選択」をタップすると、左下に 「すべて削除」と出ますのでタップし、すべて削除してしまいましょう。 フォトストリームをオフにしよう フォトストリームは「iPhoneで撮影した写真・画像を、パソコンやiPadなどのデバイスでiCloud共有できる機能」です。 最大1000枚、もしくは最大30日間写真を保存することができます。 とても有用に思えるフォトストリーム機能なのですが、ストレージの面では1つ欠点が。 iCloudの容量を圧迫しない代わりにiPhone本体のストレージを多く使ってしまうのです。 「写真が保存されている期間中、同じ写真が重複してiPhone内部に保存されているため」というのがその理由です。 フォトストリームを利用している方で空き容量が少なくて困っている方は、この機会にフォトストリーム機能をOFFにすることも考えてみましょう。 フォトストリームをオフにする設定手順 「設定」から 「写真とカメラ」を選択し、 「自分のフォトストリーム」をオフにしましょう。 その際、「お使いのiPhoneから共有されているフォトストリームの写真はすべて削除されます」という警告が出ますが、「削除」をタップしましょう。 これで、「写真とカメラ」の容量を一気に減らすことが可能です。 再起動をすることでストレージに変化が起きる場合も ここまでやってみても容量が減らない…という場合、 デバイスの再起動をすることでストレージの空き容量がキチンと反映されることがあります。 特に「フォトライブラリ」機能をオフにした際、「設定」の「ストレージを管理」の数値に反映されないことがあるので、あまり減ってないと感じた際は再起動を試してみましょう。 iPhoneの容量は増えてますがまだまだ不十分 最新モデルが発売される度に、ストレージ容量がドンドン増えていくiPhoneシリーズ。 iPhone7では、256GBもの大容量サイズが発売され話題となりました。 256GBもの容量は魅力…なのですが、サイズによって料金も変わってくるのが悩みどころ。 まだまだ32GBや128GBのiPhoneを愛用している方も多いと思うので、iPhoneで削除できるデータはしっかり消して容量と上手く付き合っていきましょう。

次の