二日酔い 頭痛 なぜ。 二日酔いで頭痛がつらいときにおすすめの食べ物や飲み物を医師に聞いた (1) 二日酔いはなぜ起きるのか

「二日酔い」はなぜ起こる?効果的な対処法には何がある?

二日酔い 頭痛 なぜ

二日酔いになるとなぜ頭痛が起こるの? お酒は適量ならば、緊張をほぐしたり、気分を明るくしてくれるので「百薬の長」とも言われますが、度が過ぎると健康を損ねる場合があります。 そして、大量にアルコールを摂取した翌朝に激しい頭痛や吐き気などの不快な症状を起こすことを「二日酔い」と言います。 二日酔いはなぜ起こるの?アルコール代謝の仕組みについて アルコールは体内に入ると、肝臓で解毒・分解されます。 そのときに、有害物質 「アセトアルデヒド」が発生しますが、それは無害な物質(酢酸)に変化し、最終的には水や二酸化炭素になって体外に排出されます。 しかし、大量にアルコールを摂取してしまうと、その有害物質 「アセトアルデヒド」が十分に処理されません。 この「アセトアルデヒド」は、アルコールの何倍も強い有害物質であるため、十分に処理されず血液中に残ることであらゆる不快症状を起こすというワケです。 また、「アセトアルデヒド」に加え以下が二日酔いの原因として考えられています。 アセトアルデヒドの影響• アルコールによる脱水症状• アルコールによる胃腸への障害• 肝臓機能低下による低血糖• 肝臓に脂肪が蓄積している(これが過剰になると【脂肪肝】に)• アルコールによる急性胃腸炎を起こしている• 自律神経のバランスが崩れている• 細胞内の水分が減っている• 血液中の電解質のバランスが崩れている• 血液中に疲労物質の乳酸や尿酸が増えている 二日酔いの主な症状、頭痛や吐き気などについて つらい二日酔いには、以下のような症状があります。 頭痛/吐き気/嘔吐• ほてり/動悸/ふらつき• のどの渇き/だるさ• 食欲不振/下痢• 筋肉痛 二日酔いになったらどうすればいいの?治し方、対処法など 二日酔の治し方は以下のようなものがあります。 頭痛薬(痛み止め)を飲む… 頭痛を緩和 基本的には非ステロイド系の鎮痛剤(NSAIDs)を使うことが多いでしょう。 市販薬としてもイブプロフェンやロキソプロフェンといった成分が有名です。 あくまで痛みを取り去るだけのお薬ですが、どうしても頭痛などが辛いときは一時しのぎにはなるでしょう。 また比較的即効性もあります。 飲みすぎ自体に注意しましょう。 コーヒーや牛乳を飲む… 頭痛を緩和• コーヒーには、拡張により炎症を起こしている 血管を収縮させる働きがあります。 牛乳は心身のバランスを整える神経伝達物質「セロトニン」を分泌させます。 「セロトニン」は 血管を収縮させる働きがあります。 水分補給( スポーツドリンクやフルーツジュース)… 頭痛、吐き気、だるさ、筋肉痛などを緩和• スポーツドリンクやフルーツジュースを飲むことで、不足している 「水分・電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)・糖分」を摂ることができます。 「シジミ・アサリ・ハマグリのお味噌汁」は、水分補給にもなり、 アラニンや グルタミンという栄養素を含んでいるので アセトアルデヒドの分解を早める効果があります。 「卵」は Lシステイン・メチオニンという栄養素を含んでいるので アセトアルデヒドの分解を早める効果があります。 「シジミ」や「ゴマ」は、 オルニチンという栄養素を含んでいるので アセトアルデヒドの分解を早めてくれます。 「タコ」「イカ」「貝類」は タウリンを含んでいるのでアセトアルデヒドの分解を早めてくれます。 頭痛がつらい、二日酔いにならないためには 普段から、肝機能を強化する食品を摂る• ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、大根、ワサビ• 玉ねぎ、ニラ、ニンニク、長ネギ、らっきょう• シジミなど アルコールの吸収を遅くする食べ物を、アルコール摂取時に摂る• くるみ、マカダミアナッツ、レーズンバターなどは、脂肪分を多く含むためにアルコールの吸収を遅くしてくれる。 トマト、ゴマ、黒豆、玄米、ウコン、カボチャの種などは、アルコールの代謝を促進してくれる。 アルコール摂取時には、水分を十分に摂る• 肝臓でのアルコール代謝には大量の水分が必要になるので、 お酒を飲むときには水分とミネラルを含んだ「ミネラルウォーター」で水分補給しましょう。 「味噌汁」は、ミネラル豊富で水分補給にもなるので、アルコール摂取時には飲むようにしましょう。 (ただし、塩分過多になるので飲み過ぎは注意です。 オレンジ果汁は血中アルコール濃度を低下させる働きがあるので、飲酒後に飲みましょう。 肝臓を温める• 肝臓は温められることで働きが良くなります。 肝臓の位置は、お腹の右上です。 飲み過ぎない!• これが一番です。 おしまいに だいたい、お酒の席につくと「まずは乾杯!」で始まりますよね。 それから料理を待っているあいだに、空腹のままドンドンお酒を進ませてしまうことも少なくありません。 しかし、空腹のままでで飲むことは、下手にアルコールの吸収を早める原因となってしまいます。 結果、翌日のつらい頭痛などをともなった二日酔いがやってくるというわけです。 大好きなお酒を飲んで。 翌日も快適に過ごしたいならば、まずは、空腹で飲まない。 そして、二日酔いになりにくい習慣をしっかり身につけましょう。

次の

二日酔いが時間差で来る理由〜吐き気が遅い〜

二日酔い 頭痛 なぜ

二日酔いの頭痛はなぜ起こるの? 二日酔いの頭痛を治すには、まず頭痛が起こるメカニズムを理解していきましょう。 頭痛の原因はアセトアルデヒドという成分です。 アルコールを摂取すると肝臓で分解されるのですが、その際に分解しきれない量を摂取してしまうと、血液中にアセトアルデヒドという成分が残ってしまうことになります。 このアセトアルデヒドには、血管を拡張させる作用があり、その結果炎症を引き起こし、頭痛の原因となってしまいます。 二日酔いの頭痛は脱水症状が原因? 二日酔いの頭痛の原因として、アセトアルデヒドの次に多いのが脱水症状によるものと考えられます。 アルコールを摂取すると、決まってトイレが近くなりますよね。 お酒を飲むと飲んだ量よりも多い水分を排泄することになるため、脱水症状が起こりやすくなります。 今すぐできる対処法は? 原因がアセトアルデヒドの場合 アセトアルデヒドによる頭痛は血管を収縮させることが重要です。 首筋に冷却シートや冷やしたタオルを当てて、血管を収縮させましょう。 それでも効果が感じられない時には、カフェインの入った飲み物、コーヒーや緑茶などを摂取するようにしましょう。 コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる作用が期待できます。 しかしカフェインには利用作用もあり、脱水症状がある場合には飲みすぎは厳禁です。 様子を見ながら飲むようにしましょう。 原因が脱水症状の場合 原因が脱水症状の場合は、とにかく水分を摂取しましょう。 特に、糖分を含んだスポーツドリンクやしじみの味噌汁がおすすめです。 スポーツドリンクは吸収が良く、早く水分補給が出来ることと、しじみの味噌汁には二日酔いを緩和する成分が含まれています。 二日酔いには睡眠が一番! もし状況が許すのであれば、とにかく睡眠をとることをおすすめします。 遅くまで飲んでいて睡眠不足では、体に休息が必要なのは当然です。 疲れが溜まっていると、肝臓のアルコール分解も遅くなってしまいます。 十分な睡眠をとり、アルコールをどんどん分解するのが、とにかく回復への近道です。 一日寝てゆっくりすれば、夕方頃には段々と頭痛も落ち着いてくるでしょう。 あなたの頭痛が少しでも早く解消されるように、ぜひ今回ご紹介した対処法を試してみてください。

次の

二日酔いで頭痛がつらいときにおすすめの食べ物や飲み物を医師に聞いた (1) 二日酔いはなぜ起きるのか

二日酔い 頭痛 なぜ

二日酔いの原因 二日酔いの原因はいくつかありますが、なにが原因になるかで二日酔いの症状も変わります。 どんな症状だと何が原因なのか、その原因についてまずは知っていきましょう。 アセトアルデヒド アルコールは肝臓で分解されると、アセトアルデヒドになります。 それがさらに分解されて、最終的には炭酸ガスと水になるのですが、アセトアルデヒドを分解するための酵素が少ないと、いつまでも体内に残ってしまうため二日酔いの症状になります。 アセトアルデヒドが原因の二日酔いのときは、頭痛やだるさ、吐き気、倦怠感が症状として出ます。 また、アセトアルデヒドを分解する酵素が少ない人は、お酒を飲むと顔が赤くなりやすいと言われています。 顔が赤くなりやすい人はアルコールを分解する酵素が少ない、などと言われるのはこのためです。 メタノール メタノールはテキーラ、ブランデーなど、そしてワインにも含まれている物質です。 メタノールは肝臓で分解するのに時間がかかる上に、ホルムアルデヒドなどの有害物質に分解されるため、二日酔いの症状を引き起こします。 症状は頭痛、吐き気、筋肉痛のような痛みが挙げられます。 脱水症状 アルコールには利尿作用がありますが、それにより脱水症状を起こした場合です。 水分だけでなく、ナトリウムやカリウムが失われ、頭痛やだるさ、吐き気や食欲不振を引き起こします。 これはアルコール度数が高いほど起きやすくなるため、ハードリカーを飲むときにチェイサーが出てくるのは理にかなっているのです。 胃酸過多 アルコールにより胃酸が分泌され、起きる症状です。 特にワインなどの醸造酒は、胃酸の分泌を促して消化を助けるのですが、体質や体調、飲み方によっては胃酸過多を起こすことがあります。 吐き気や食欲不振、下痢などが主な症状です。 低血糖 これはまれな症状ではありますが、アルコールが肝臓で分解されている間に、糖分が不足してしまい、二日酔いのような症状が出ることがあります。 頭痛やだるさ、筋肉痛のような体の痛みがその症状です。 二日酔いを予防するためのコツ さて、いろいろな原因がある二日酔いですが、たくさんワインを飲んでも二日酔いにならないようにするにはどうしたら良いでしょうか。 水をたくさん飲む 血中のアルコール濃度を薄めて、体外に排出しやすくするために水を飲みます。 ワインと同じ量の水を飲みながらワインを楽しむようにすると、二日酔いになりにくくなります。 また、寝ているときの脱水症状を防ぐ意味でも、寝る前に水を飲んでおくのを忘れないようにしましょう。 料理やおつまみを食べる 胃の中に何もない状態でお酒を飲むのは、ワインに限らずどんなお酒でもおすすめできません。 二日酔いを防ぐのに良いおつまみをとるようにしましょう。 チーズなどの乳製品や、豆腐や枝豆などのタンパク質を含む食品、アセトアルデヒドを分解するのに役立つごまを使った料理、しじみやたこ、いかなどのタウリンやオルニチンを多く含む食品がおすすめです。 肝機能をサポートするサプリやドリンクを飲んでおく 肝機能を向上させるのに良いと言われるサプリメントやドリンクを飲んでおくのもいいでしょう。 L-システインなどをあらかじめとるようにしておくと、二日酔いしにくくなります。 添加物の少ないものを選ぶ ワインに添加される亜硫酸塩は、健全にワインを醸造するために使われますが、添加量が多くなると頭痛を引き起こします。 亜硫酸塩の添加量の少ないものを選ぶことで、翌朝の頭痛がなくなる可能性があります。 二日酔いになってしまった時の対処法 それでもお酒が過ぎて、二日酔いになってしまったりすることはあります。 では、実際に二日酔いになってしまったらどうすればいいか、その対処法を考えてみましょう。 水分をたっぷり取る もしも二日酔いになってしまったら、ともかく水分補給を心がけるようにしましょう。 水分を取ることで、体内のさまざまな物質を分解する助けになるためです。 水以外にはスポーツ飲料やアイソトニック飲料、ビタミンがたっぷりとれるフルーツジュースなどがおすすめです。 よくコーヒーを飲む人がいますが、カフェインは利尿作用があるため、あまりおすすめできません。 また、代謝を下げないように、冷やしたものではなく常温のものをとると良いでしょう。 食事を摂る 二日酔いだとついつい食べるのを避けてしまいますが血糖値のバランスを保つためにも食事をすることが大事になります。 あっさりとしたスープや味噌汁、卵料理、シリアル、水を飲んだときに不足しがちなカリウムが補えるバナナなど、軽めのものを食べると良いでしょう。 脂肪分の高いものは、吐き気のもとになることもあるのでおすすめできません。 ともかく休む 二日酔いになってしまったら、ともかく水分をとって体を休めることが大切です。 代謝を下げないように暖かくして、ゆっくり眠るようにしましょう。 二日酔いは肝臓を始めとした内臓に負担がかかるためです。 しっかり休ませてあげるのも体調を整えるために必要なことです。 薬を飲む 二日酔いになったら、胃腸の具合を整えることが重要です。 胃薬を飲んで、軽い食事を取ってから頭痛薬を飲みましょう。 回転性のめまいがあるときは、乗り物酔いの薬を飲むとピタッと止まります。 ワインを飲むと二日酔いになりやすいのはなぜ? では、なぜワインを飲むと二日酔いになりやすいのでしょうか。 その鍵はワインの造り方にあります。 醸造酒は二日酔いになりやすい お酒には日本酒やワインなどの醸造酒と、ウイスキーやブランデーなどの蒸留酒があります。 醸造酒を造って蒸留したものが蒸留酒になりますが、蒸留するとき、不純物が取り除かれるため、蒸留酒のほうが二日酔いになりにくいと言えます。 醸造酒にはアセトンやフーゼル油、タンニンなどの不純物が多く含まれていて、それが二日酔いの症状を悪化させると考えられています。 赤と白では赤ワインの方がなりすい ある実験で、赤ワインを飲んだグループと白ワインを飲んだグループを比較したところ、赤ワインを飲んだグループの方が血中セロトニンとヒスタミンの濃度が高く、二日酔いのときの頭痛の度合いが高かったという結果が出ています。 これは、アルコールに含まれる不純物の量による違い。 赤ワインは果皮や種も一緒に醸造することから、不純物が多く含まれていると言えます。 二日酔いしやすい人は、赤ワインを避けるようにすると良いかもしれません。 まとめ どんなものも、過ぎるのはよくないと思いつつも、そのおいしさについついグラスを重ねてしまいがちですね。 お酒を飲むのは楽しいものですが、二日酔いになってしまってはその時の記憶も台無しになってしまいます。 おいしいワインの記憶を楽しいものにするためにも、二日酔いをしないように上手に予防や対策をして、楽しいワインライフを送りたいですね。 カテゴリー• この記事が気に入ったらシェア•

次の