三菱 suv。 三菱らしさあふれるコンパクトSUV「RVR」!気になるリセールバリューは?

三菱自動車、小型電動SUVと新型軽自動車のコンセプトモデル世界初披露へ…東京モーターショー2019

三菱 suv

出典: エクリプスクロスは、通勤や買い物などの日常からアウトドアまで、幅広く活躍するクルマです。 その理由は「電子制御4WD(四輪駆動)」システムにあります。 車両の走行環境にあった最適な駆動力を配分する、 電動の四輪駆動システムを搭載。 泥や土などの荒れた路面や雪道に対応した走行モードを、3段階で設 定可能となっています。 そのため、扱いやすいコンパクトな車体ながらも、 難しい環境でのドライビングが楽になるメリットがあります。 小さいながらもたくましさを備えたモデルが、エクリプスクロスなのです。 三菱・エクリプスクロス GK系 のオススメポイントその1:グッドデザイン賞を受賞したスタイリング 出典: 三菱・エクリプスクロス GK系 の、1年間にかかる維持費はいったいどの程度なのでしょうか。 この項目では、エクリプスクロスのグレード G PlusPackage 2. 2リッター・8速AT・4WD仕様 を例に、維持費を計算してみました。 エクリプスクロスのグレード G PlusPackage 2. 2リッター・8速AT・4WD仕様 の実燃費は平均で11. (出典:) この項目では、1年間の走行距離を9000kmと仮定します。 自動車税 日本の自動車税は搭載されているエンジンの排気量で区分けされており、エクリプスクロスの場合は「自動車税」に分類されます。 エクリプスクロスのグレード G PlusPackage 2. 2リッター・8速AT・4WD仕様 は、以下の金額が課税されます。 自動車税(2リッター以上2. 5リッター未満):43,500円 その他諸々の費用 ガソリン代や自動車税以外で、エクリプスクロスにかかる費用を挙げてみました。 項目 費用 車検費用 ・基本料金 ・法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代) 102,410円 任意保険(主な条件) ・新規契約 ・30歳以上 ・ゴールド免許 ・運転者・記名保険者とその配偶者に限定 ・年間走行距離 9000km以下 ・人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型) ・対人対物賠償無制限 ・車両保険なし 40,000円 エクリプスクロスの年間維持費は約26万円 エクリプスクロスの年間維持費は264,710円です。 車検費用のうち法定費用は、車種を問わず固定でかかってくる部分なので、把握しておく必要があるでしょう。 また、任意保険は、条件により金額が異なるので注意が必要です。

次の

三菱らしさあふれるコンパクトSUV「RVR」!気になるリセールバリューは?

三菱 suv

三菱新型エクスパンダーがインドネシアで発売! インドネシアで開催された「第25回インドネシア国際オートショー」で、三菱自動車は小型クロスオーバーMPV「エクスパンダー(Expander)」を世界初公開しました。 MPVとは、Multi Purpose Vehicleの略語で主にあるいはトールワゴンのことを指します。 7人乗りであるエクスパンダーは、これまで発売されている既存のコンパクトMPV車よりもひと回り大きい、ロング&ワイドボディーを採用しました。 コンパクトSUVでありながら定員7人を確保し、パッケージングの最適化により、すべての乗員が快適に過ごせる居住空間を得ています。 また、MPVならではのシートレイアウトも魅力の一つで、優れたユーティリティーを実現しています。 大きさや広さにこだわっているエクスパンダー(Expander)ですが、その名前は「Expend(広げる)」からきているようです。 新型SUVミニバン「エクスパンダー」とはどんな車なのでしょうか。 三菱新型エクスパンダーは海外でバカ売れ! 2017年10月、インドネシアの工場にて、新型エクスパンダーのラインオフセレモニーが執り行われました。 いまだ店頭での販売は開始されていませんが、受注台数は2万3,000台を突破しており、インドネシア国内での期待・人気の高さが伺えます。 三菱自動車は、人口が多く平均年齢も若いインドネシアの需要が新型エクスパンダーと合致したことが販売好調の理由としています。 また、自動車保有率の増加が見込めるインドネシアのような国は重要な市場だと述べており、2018年からは他のASEAN地域への輸出も予定していることを発表しました。 三菱新型エクスパンダーの外装(エクステリア)デザイン 新型エクスパンダーは7人乗りのSUVで、三菱は同車を次世代クロスオーバーMPV(Multi Purpose Vehicle)だとしています。 スタイリングコンセプトは三菱の代表的なSUV・パジェロスポーツを受け継いだもので、力強さ、存在感、上質感を際立たせています。 従来の小型SUVとの差別化を図り、三菱の新世代コンセプト「ダイナミックシールド」を採用。 流麗なルーフラインで伸びやかなキャビン(居住空間)を実現するとともに、大きく張り出した美しいフェンダーラインで力強さやダイナミックさを表現しています。 まさにSUVミニバンと言えるでしょう。 最低地上高は205mmと、広いクリアランスが確保されています。 三菱新型エクスパンダーの内装(インテリア)デザイン 三菱 エクスパンダーは従来の小型MPVより一周り大きいワイドボディを採用したことで、クラストップの室内空間と多人数乗車に最適な乗員レイアウト、十分な容量の荷室を実現しています。 また、乗員間の間隔と各席でのヘッドクリアランスを十分に確保するとともに、3列目の良好な居住性と乗降性も実現しました。 各列に車内電源用のアクセサリーソケット(ACCソケット)が搭載されており、高い利便性も兼ね備えています。 開放感と安心感のある室内空間は吸音材や制振にも優れています。 youtube. 5Lエンジンが搭載されます。 また、高剛性ボディと最適設計されたにより、クラスを超えた乗り心地と高次元の操縦安定性が得られます。 燃費や静粛性の向上だけでなく、未舗装路も安心して走行できるパワーや安心感にこだわっているのは三菱ならではですね。 最低地上高20. 5センチに設定されているのも、水害が多いインドネシアのためです。 スコール時でも安心して利用できるよう、利用者の利便性を一番に考えた設計が光ります。 は5MTと4ATが採用されています。 日本ではほとんど見ることのなくなったMT車ですが、海外ではマニュアルが今でも浸透しています。 このエクリプスクロスはひとクラス上のミドルクロスオーバーSUVですが、日本仕様には、このエクリプスクロスに搭載されているエンジンの搭載が予想されていました。 しかし、今回公式から使用エンジンは1. 5L MIVEC 16バルブ 4気筒との発表がありました。 MIVEC機構付きのエンジンは、燃費に配慮しつつも、多人数乗車時や登坂時には頼もしい走りを発揮してくれます。 燃費についての詳しい解説についてはこちら 三菱新型エクスパンダーの安全装備 三菱自動車独自の衝突安全強化ボディ「RISE」を採用しています。 高エネルギー吸収構造と高耐力キャビン構造により、全方位からの衝突に対する安全性を向上させています。 また、ABSやヒルスタートアシストなどの装備に加え、急ブレーキやABSが作動した際に自動で後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルシステム(ESS)も搭載。 アクティブセーフティにも力を入れています。 三菱新型エクスパンダーのグレード・価格は? 三菱新型エクスパンダーの気になる価格は? インドネシアで生産される三菱 エキスパンダーは、インドネシアの販売価格で1億8905万ルピア(約157万円)から2億4535万ルピア(約204万円)となる予定です。 日本国内での発売は決定していますが、価格についてはまだ有力な情報がありません。 インドネシアでの生産車ですので、日本国内で生産されるライバル車より、競争力のある価格設定ができるのではないかと予想されています。 三菱新型エクスパンダーのグレード構成は? 三菱 エクスパンダーのインドネシア販売グレードと価格は以下の通りです。 (1ルピア=0. 008350円で換算し、少数第一位を四捨五入。 5L MIVEC 16-VALVEエンジンとなります。 は5MTと4ATがラインナップされ、MT搭載グレードは比較的安価です。 7人乗りSUVとしては非常に低価格だと言えるのではないでしょうか。 とエンジンを用意し、さまざまなユーザーニーズに応えると同時に、そのアグレッシブなデザインと走りが人気の秘密です。 C-HRは定員が5名のSUVですので、エクスパンダーは7人乗車できるというアドバンテージがあります。 コンパクトミニバンの人気車種「ホンダ フリード」 ホンダフリードは、コンパクトとして人気の一台です。 高効率パッケージングや低燃費エンジン、エンジンなど魅力十分ですが、エクスパンダーのようなSUVとしての走破性はありません。 MPVとSUVの魅力を融合したエクスパンダーは勝機十分かもしれません。 しかし、エクスパンダーが関わる経営計画は2019年を目標としているため、2019年度までには発売されるはずです。 三菱自動車の益子修CEOは、2017年10月に行われた中期経営計画の発表にて、エキスパンダーの日本発売を発表しました。 今回発表された経営計画は、3年間で売上高を3割に、販売台数を4割、そして営業利益率を6%以上に引き上げるという計画です。 目標達成のため、三菱自動車は3年間で「エクスパンダー」「エクリプスクロス」「デリカD:5」など11モデルの投入と軽自動車1台を含む2台の展開を宣言しています。 また、インドネシアではインドネシア国内の新工場で生産され、10月より販売が開始されました。 また、東南アジア10か国から成るASEAN(東南アジア諸国連合)の一部では、2018年春に発売がされる予定です。 コンパクトクラスのクロスオーバーMPVがトレンドになるかも! 日本でのSUVの販売は堅調で、中でもコンパクトSUVクラスの人気は衰えを知りません。 現在、コンパクトクラスのSUVとMPVをラインナップに持たない三菱自動車とって十分魅力のあるジャンルの車と考えられますので、日本での販売が始まったらどれほどの反響があるのか大変興味深いところです。 インドネシアで大きな人気を博していることから、アセアン地域でも売れ行きが伸びることが予想されます。 ついに日本での導入が決定した三菱新型エクスパンダーは、日本に限らず各国での発売後の動向も気になる車種ですね。 今後、クロスオーバーSUVの3列シート7人乗りの乗用車が多く発売されるのではないかと予想されています。 しかしながら、コンパクトクラスのクロスオーバーSUVは皆無に等しく、日本で三菱 エクスパンダーが発売された日には、SUV界で異彩を放つでしょう。 まだまだ未確定な情報ばかりですが、エクスパンダーについて新たな情報が入り次第すぐに続報をお届けいたします。 その他開発中の超注目新型ミニバンはこちら 人気SUVに関する記事はこちら 三菱自動車のおすすめな車に関する記事はこちら.

次の

パジェロのコドモはやっぱりスゴイ!軽SUV唯一の4気筒エンジン搭載 三菱 パジェロミニ【MOTA写真館】

三菱 suv

2019. 2019. 2019. 2019. 2019. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 10浦和レッズの槙野智章選手のスペシャルインタビュー、試乗動画を公開。 2018. 10槙野智章選手のサイン入りミニカーセットを3名様にプレゼント。 応募は終了しました• 2018. 24「浦和レッズの選手がエクリプス クロスに乗ってみた!」を公開。 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 01新型クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』を発売。 2018. 2018. 2018. 2018. 2018. 2017. 2017. 28、• 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017.

次の