海外 旅行 コロナ ウイルス 大丈夫。 コロナウィルスで海外旅行はキャンセルするべきでしょうか? 今年の3

【コロナウイルス】タイ旅行キャンセルせず2月にパタヤに行った話。最新情報をシェア

海外 旅行 コロナ ウイルス 大丈夫

新型コロナウイルスはどれくらい海外旅行に影響するのか?行っても大丈夫? 新型コロナウイルスの影響が怖くて、海外旅行をやめるべきか悩みますよね。 しかもキャンセル不可の格安航空券を買っていて「返金なし」だとしたら、余計に迷うところだと思います。 2月初旬に海外旅行をした私たち夫婦(ともに30代)は、新型コロナウイルスの影響を受けることもなく(感染することもなく)、今回の旅行を大いに満喫してきました。 コロナウイルス感染者が増え続ける中での海外旅行でしたが、結果「 大丈夫」でした。 ただ、 もちろん無防備で旅行してきたわけではありません。 新型コロナ感染症を予防するためには、きちんと対策をしましょう! 【危険】海外旅行中に新型ウイルス感染リスクが高まると感じた唯一の場所 海外旅行前に私たちがコロナウイルス感染を恐れていたのは、 空気が乾燥していて密閉された空間の「飛行機内」。 でも、実はもっと気をつけなければいけない場所が他にあったんです。 タイのバンコク国際空港は要注意 私たちの旅行先はタイだったので、バンコクのスワンナプーム国際空港に降り立ちました。 アジアのハブ空港だけあって、利用者の数が半端ない! 新型コロナウイルスの影響もお構いなし、と言わんばかりの混み具合。 空港の職員さんたちも、みんなマスクをしていたのでコロナウイルスの感染症対策もバッチリなのかと思いきや、 私たちは衝撃の事実を目の当たりにしたのです。 特に注意が必要なのはバンコク空港での入国審査 誰しもが必ず通過しなければならない入国審査。 ここバンコクのスワンナプーム国際空港では、タイ人と外国人に分けられ入国審査が行われていました。 私たちは当然、外国人側へ。 7列くらいに分かれて、入国審査の順番待ち。 アジア人(中国人含む)も欧米人も、前の人に触れるか触れないかぐらいの絶妙な距離を保って並んでいました。 私たちを含め、やはり 大半の人がマスクをしていましたね。 恐怖の入国審査!コロナウイルス感染症対策はどこへ? ここで問題がひとつ! 自分の番が来たら入国審査官に顔を見せるために、マスクを外さなければいけません。 なんせぎゅうぎゅう詰めで並んでますから、 飛沫感染のリスクが高まる気がします。 ほんの数分のことですが。。。 そして、入国審査官にパスポートを渡し、処理をしてもらっている間に私たちがやらなければならないことが2つあります。 そう、それは• 両手の指紋採取• 顔写真の撮影 です。 指紋スキャナーはコロナウイルスまみれ?! 指紋採取と顔写真の撮影と言っても、ただ機械の指示に従ってやるだけなので簡単です。 ところがここでもさらなる問題が! 指紋採取は、スキャナーのガラス面に手を置いて行うのですが、 なんと空港職員はこのスキャナーを全く拭きません!! 世間はこんなに新型コロナウイルスに敏感なのに?! 一人使ったら消毒し、また一人使ったら消毒、として欲しいところ。 どうにかならないんですかね? もしかしたら私たちが使った機械もコロナウイルスまみれだったかもしれません。 恐ろしや~~• 1万円超えクラスの高級マスクも生産が追いつかないほど今売れているようです。 「ハンドジェル」で新型ウイルスの接触感染を予防 ハンドジェル!これとっても便利なんですよ。 水なしで手を除菌できるので、いつでもどこでも使えます。 先ほどの私のケースだと、 ハンドジェルを持っていれば入国審査を通過してすぐに手を綺麗にすることができます。 トイレに直行して手を洗うという手段もありますが、オーストラリアの研究によると 人って1分間に顔を23回も無意識に触っているんだそう。 トイレまで1分で着いたとしても、その間に 顔を何回も触っていたら 目や口からウイルスが入り込んでしまいます! なので私のおすすめは、まずハンドジェルで手を綺麗にすること。 マスクのように手に入りにくくなる前にゲットしておくのがいいかもしれません。

次の

コロナウイルスの影響で海外旅行は大丈夫?注意したい5つの事【家族旅行】|シェバノート

海外 旅行 コロナ ウイルス 大丈夫

旅行に行きたい!国内は大丈夫?海外旅行はいつからできる? 国内旅行 まず国内旅行ですが、 住んでいる都道府県ごとに方針が決まっています。 住んでいる地域の情報を知りましょう。 参考までに 一部、都道府県の情報を引用しておきます。 東京都 政府は19日に夜の繁華街で接待を伴う飲食店など3業種への営業自粛要請を解除する。 13日にその前提となる感染対策の指針を公表した。 19日には県をまたぐ移動も全国で解禁する。 新型コロナウイルス感染の第2波に備えながら、経済活動の再開は第2段階に入る。 より引用 北海道 政府は、首都圏と北海道を対象に継続していた「移動制限」を、予定通り6月19日解禁する方針を固めました。 これを受け北海道も感染拡大が続く札幌市とほかの地域の移動や、北海道外との往来、接待を伴う飲食店の利用を6月19日から解禁することを決めました。 より引用 沖縄 沖縄県では、県外からの渡航自粛要請を解除し、6月19日より全国の皆様に沖縄へお越し頂けることとなりました。 来県に当たっては、旅行者と県民の皆様の安全・安心を守るためのアクションプランを策定し、感染予防・拡大防止に取り組んでおります。 ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い致します。 より引用 国内旅行の際に注意すべきこと 感染対策をしっかり行う 少しずつではありますが、 外出規制の緩和が進んでいます。 かといって、 なんの対策もなく行動してしまうと さらなるクラスターが起こる可能性も十分にあります。 また、場所によっては 医療体制が整っていない場所も多くあります。 離島などに行く際には十分な注意が必要です。 現地の情報を事前に調査 旅行先で発令されている 方針をしっかりとリサーチしていから向かいましょう。 場所によっては行っても良い場所や 規制されている場所もあるでしょう。 また、観光地でも 営業を中止指定場所もありますので 事前に調べておくことが無難と言えるでしょう。 また、有名観光地でも 全入国者を対象に14日間の隔離を 実施しているところもあります。 事実上、旅行は厳しいと言えるでしょう。 具体的な、海外渡航解除についての情報は まだでていませんが、 もう少しの我慢と言えるでしょう。 より早い解除のために 今できる感染予防をしっかりと行いましょう。 出かけることを必ずしも悪としない 今この状況で 【〜〜に旅行に行ってきた】などの行為は 大丈夫?と言われることもあるでしょう。 その考えは間違いではありませんが正解でもありません。 外出自粛が完全に解除された場合には しっかりと対策を取れば問題ありません。 コロナウイルスの感染により ・マスクの着用 ・アルコール消毒 ・ソーシャルディスタンスの確保(3密を避ける) このような行動は、 当たり前に行わなくてはいけません。 まとめ いかがでしょうか? コロナウイルスの影響は悪いことだけではなく、 予約を安くできることや、観光地の混雑緩和にも繋がるかもしれません。 今できることをしっかりと行い コロナウイルスが落ち着き、安心して旅行に行ける日を待ちましょう。

次の

コロナウイルスで海外旅行は大丈夫?キャンセル料なども詳しく解説!

海外 旅行 コロナ ウイルス 大丈夫

コロナウイルス、ハワイの状況! それでは早速ですが、コロナウイルスのハワイでの 感染状況について見ていきます。 コロナウイルス、ハワイの感染者数は? 現在ハワイで新型コロナウイルスの感染者は 確認されていません。 やはり暑い地域ではウイルスも 消滅するため、コロナウイルスも感染しにくいんですね! 同じアメリカでは現在60人の感染が 確認できていますので、暑い国は感染しにくいというのは 確かであると思います。 ハワイから帰国した日本人夫婦が感染! 2月8日にハワイから帰国した60代の夫婦がコロナウイルスに 感染していたことが明らかに! この夫婦は以下の通り、 滞在していたとのことです。 1月28日~2月3日:マウイ島 2月3日~2月7日:オアフ島 しかし、現在もハワイでは感染者が 確認できていないことから、 空港などで感染した可能性が高いのではと考えられます! コロナウイルス、ハワイへの海外旅行は大丈夫なのか? 既にハワイへの海外旅行を予約している人、 行こうと計画している人は、 コロナウイルスの影響があるのに本当に渡航しても大丈夫なのか。 と不安になっている方も多いかと思います。 それでは結論からですが、 個人的にはハワイへの海外旅行は問題ないと思います。 理由は簡単です。 それは、日本より感染者するリスクが少ないから。 ハワイは現状感染者0人ですので、 日本よりかは安全な国です。 とは言え、ハワイに行って規制などがあり、 楽しめなかったら嫌だと思う方も多いか存じますので、 ハワイのコロナウイルスに対する動向、 ツアー会社の対応など様々な観点から ハワイの現状を明らかにしていきます! 日本人のハワイへの入国は可能なのか? 結論からですが、 日本人のハワイへの入国は可能です。 日本からの便も現在は運航休止情報などは ございませんので、渡航に影響はありません! しかし、ハワイでも規制は強化されており、 以下に該当した場合は隔離されるますので、注意が必要です。 中国への渡航履歴 これはアメリカ以外の国でも規制されていますが、 過去14日以内に中国湖北省への渡航歴がある場合、 同省を離れてから最低14日間経過するまでは 隔離することを義務付けています。 また、過去14日間以内に中国の他地域への渡航した履歴がある人は 保健衛生当局により健康状態を検査する必要があります。 ここはほとんどの方は問題ないかと思いますが、 該当する方は隔離されますので、注意が必要です! ちなみにですが、2月24日に韓国の渡航者に対する警戒レベルも 最高の「レベル3」と1段階引き上げらました。 現状は韓国からの渡航者に入国禁止令は出されおりませんが、 韓国内で更に感染が広がれば、禁止になる可能性もございます。 ツアーやショッピングモールなどの状況 現在日本ではテーマパークなどが休園していることから、 ハワイではツアーなどが中止になっていないかということも 気になることだと思います。 現在大手ツアー会社でツアーを 中止している会社はございませんし、 ショッピングモールなども通常通り、 営業をしております。 その他にも、ワイキキトロリーも通常通り、 走っています。 ですので、ご安心ください。 ハワイでは現状コロナウイルスの影響で 休止されている施設やサービスはございません。 【その他】ハワイでのコロナウイルスに関する情報 その他のハワイでのコロナウイルスに関する情報です。 マスク 私が先週旅行したバリ島でも同じでしたが、 ハワイでもマスクを着用している人はほとんどいません。 もちろん空港ではマスク着用は義務付けられているようですが、 街にでれば観光客もたくさんいますし、 日本でコロナウィルスが騒がれているのが嘘のように感じます。 コロナウイルス検査キットの導入 ハワイで感染者は出ていないとは言え、 2月11日にハワイ保険局は、新型コロナウィルスの 検査が可能になったと発表しています。 コロナウイルスの検査キットは ウィルスに感染している可能性が高く、何らかの症状が発症している 患者にのみ使用されるようです! まとめ 今回はハワイでのコロナウイルスの状況から、 海外旅行に行っても大丈夫なのかということを 明らかにしていきました。 記事を簡単にまとめます。

次の