ドコモ 光 事業 者 変更。 ドコモ光のプロバイダ変更の方法を簡単3ステップで解説!費用・注意点も

事業者変更について

ドコモ 光 事業 者 変更

たとえば、NTTドコモが展開する「ドコモ光」や、OCNが展開する「OCN光」などが光コラボレーションとして該当します。 光コラボレーションを使うには 光コラボレーションを使用するには、フレッツ光から乗り換える場合の「転用」と、フレッツ光意外の他社回線から乗り換える場合や初めてインターネット回線をつなぐ場合の「新規」として使う場合の2パターンでした。 そして今回、新たな申込み方法として登場したのが事業者変更ですが、光コラボレーションサービスから他社光コラボレーションービスへ乗り換える方法です。 事業者変更とは 事業者変更とは、光コラボレーションサービスから別の光コラボレーションサービスへの乗り換えに伴う契約変更を簡単に行えるシステムとなります。 サービス提供する事業者を変更することになるので「事業者変更」という名前とイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。 この事業者変更が2019年7月1日より解禁されたのです。 事業者変更が登場する2019年7月以前までは 事業者変更が可能になる前は、契約している光コラボレーションから他の光コラボレーションへの変更はできませんでした。 厳密に言うと、光コラボレーションから光コラボレーションへの契約変更を行う場合は、元々使っている光コラボレーションサービスを解約して、乗り換えたい光コラボレーションサービスへ新規申込みとして契約しなければならない流れとなっていたのです。 しかもその際、基本的には固定電話の番号が変更になってしまう仕組みでした。 間違えやすい点として、「転用」はフレッツ光から光コラボレーションへの契約変更としています。 こうした点から、光コラボレーションから他の光コラボレーションへの契約変更はなかなか踏み出せない方も多くいたのです。 事業者変更でできること 今回「事業者変更」が可能になったことで、これまでの光コラボレーション同士での乗り換えで生じる様々な障害が解決されるようになっています。 事業者変更の場合は工事なし 今回解禁となった事業者変更は、光コラボレーションから光コラボレーションへの契約変更 乗り換え となりますが、この場合に新たな宅内工事の必要はありません。 事業者変更の手続きをすれば、工事不要で簡単に契約変更できるような仕組みになっているのです。 事業者変更の場合は固定電話の番号はそのまま 事業者変更で特に嬉しい点は、光電話番号の継続についてです。 これまで光コラボレーションから光コラボレーションに契約を変更する場合は、解約してから新規扱いとして契約する流れだったため、光電話の電話番号も自動的に変わってしまうとされていました。 事業者変更する場合、光電話の番号も変わらずにそのまま使い続けることができるようになったのです! フレッツ光からの転用の場合は例外ですが、「ひかり回線の契約で初めて発行された固定電話番号 加入権のない光発番の番号 は、契約変更をする場合は番号を引き継ぐことができない」という、これまでの常識を大きく覆すことになりますよね。 事業者変更の方法 実際に事業者変更を行う場合の手続き方法について、ご紹介していきます。 事業者変更を検討している場合は是非参考にしてみてください! 1. 事業者変更承諾番号をもらう まずは契約中のサービスに連絡、「事業者変更承諾番号」を教えてもらいます。 その際は「情報開示承諾」を行ってもらいましょう。 事業者変更での乗り換え先サービスヘ連絡 次に、変更したい先の光コラボレーションサービスへの連絡です。 発行された事業者変更承諾番号を伝えましょう。 手続きは完了 契約者が行う手続きはここまでとなり、以降の細かい手続きは、事業者間で行ってくれます。 事業者変更に伴う費用 手数料 事業者変更手続きを行う上で、契約事務手数料として3,000円が発生します。 こちらは乗り換え先での利用料金と合わせて請求されることになりますので認識しておきましょう。 事業者変更前の光コラボレーションサービスの解約金 それまで契約していた光コラボレーションサービスは、解約扱いとなります。 最低利用期間内で事業者変更を行う場合、解約金等が発生する可能性もあります。 契約中の光コラボレーションサービスの契約期間等の定めを確認しておきましょう。 事業者変更前の光コラボレーションサービスで払い終えていない工事費 フレッツ光からの転用の場合でも、新規で光コラボレーションを利用し始めた場合でも、元々は基本的に開通工事がありました。 その際は工事費として費用 分割払い が発生する仕組みになっています。 この工事費がサービス提供元によって毎月割引されている場合もありますが、解約する場合には工事費の残債分は支払わなければなりません。 この工事費がまだ残っている状態で、事業者変更する場合も同様に工事費残債として請求されることになります。 一般的には「メールコース」として月額100-300円程度で継続することが可能となる場合が多いのですが、事業者によってはメールコース等がなく、使えなくなる場合もあります。 どうしてもメールアドレスを変えられない場合は、必ず確認するようにしてください。 事業者変更前の光コラボレーションサービスによる工事費残債や解約金が発生 上記でもご説明しましたが、現在契約中の光コラボレーションサービスを契約して日が浅い場合、解約金がかかることが多いです。 大手の人気光コラボレーションサービスを参考にしても、契約期間が2年間の場合には10,000円前後の解約金、契約期間が3年間の場合には20,000円前後もの解約金を設定している場合が多いようです。 また工事費の支払い期間中の場合は、さらに工事費の残りの費用が請求されることになります。 解約金と工事費の両方が請求される場合、莫大な金額になってしまう場合もありますので、事業者変更の手続き前に必ず確認しておきましょう。 事業者変更前の光コラボレーションサービス解約について これまで回線等の契約変更を行う場合は、契約していた回線やプロバイダー等の解約手続きも行う必要がありました。 事業者変更では、契約していた光コラボレーションの解約を行うという手間はなく、新しい乗り換え先の光コラボレーションの利用開始日に対応して自動的に解約となるのです。 解約のための電話や手続きも基本的には必要なくなるので、非常に簡単に乗り換えが完了できることになりますよね。 ドコモ光への事業者変更でセット割が適用できる? これまで、ドコモのスマホユーザーの方でドコモ光以外の光コラボを利用していた方は、スマホと光回線としてのセット割引が適用できませんでした。 光コラボ間での契約変更も気軽にできるものではなかったために、そのままにしていた方も少なくないでしょう。 そんな方にとって、事業者変更の解禁は非常に嬉しいニュースではないでしょうか。 ドコモ光ではドコモのスマホユーザーに対し、スマホと光回線とのセット割引として、毎月のスマホ利用料金をプランに応じて割引しています。 ギガホ・ギガライト スマホの料金プランとして「ギガホ・ギガライト」を契約している場合は、このプランを契約するご家族全員のスマホ料金が毎月500円~1,000円割引されます。 家族全員でスマホのキャリアを合わせているご家庭も多いですが、この場合は家族全員分が割引されるためお得ですよね! カケホーダイ&パケあえる 「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合、毎月100円~3,500円もの割引が入るようになっているのです!毎月最大3,500円も割引された場合、1年間で42,000円もの割引となりますね! ドコモのスマホユーザーであれば、このセット割引の適用で非常にお得になります。 今回、「事業者変更」の解禁で気軽にドコモ光へ変更できるようになりました。 ドコモのスマホユーザーで、これまでドコモ光以外の光コラボレーションを契約していた方は、是非この機会にお得なセット割が適用されるドコモ光へ事業者変更することをおすすめします! まとめ 今回は2019年7月に解禁となった光コラボレーションの「事業者変更」についてご紹介しました。 面倒な手続き・工事・大幅な変更手続等の必要がなく簡単に光コラボレーションから他の光コラボレーションへの乗り換えが可能になっています。 気になる方は是非、チェックしてみてくださいね! また、ドコモユーザーにとってはセット割の適用ができるドコモ光がおすすめです。 不明点があれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

次の

NTT東日本

ドコモ 光 事業 者 変更

So-net光からドコモ光へ乗り換える方法・選択肢 ドコモ光へ乗り換える方法には、大きく3パターンが存在します。 ドコモ光への乗り換えは新規契約と事業者変更どっちが得? 実は光コラボによっては、乗り換え元回線の工事費残債を還元してくれたり、新規契約の方がキャッシュバック金額が高額だったりする場合もあるため、オトクに乗り換えるために、あえて新規契約する方法も選択肢としてはアリです。 ただし、ドコモ光の場合は事業者変更なら掛からない新規工事費が無料になる特典くらいしかなかったり、基本的に新規契約のキャッシュバック金額やポイント特典にも差がありません。 7万円 6. 事業者変更は光コラボレーション事業者を簡単に変更できる仕組みで、回線の開通工事が不要で光でんわの電話番号も変えることなく、他の光コラボへ乗り換えられる特徴があります。 退会手続き 解除手続き 後、75日以内に他社への電話番号移行手続きが完了しない場合、 回線が強制廃止となり対象の電話番号が失効し、継続利用できなくなります。 また、その期間の回線料金および各種オプションの料金が発生いたします。 ここでは、豊富な特典を誇る当サイト一押しプロバイダーである『DTI』を例に、詳しい手順を解説していきます。 NTTドコモの契約電話番号• お住いの住居タイプ• ファミリータイプ(戸建て)• マンションタイプ(集合住宅)• お名前:• DTI with ドコモ光設置先住所• 連絡希望電話番号:• 連絡希望日時• 希望日:• 土日祝日• いつでも• 連絡希望時間帯:• 10:00~12:00• 12:00~17:00• 17:00~19:00• いつでも• メールアドレス:• 転用承諾番号: 現在、NTT東日本・西日本でフレッツ光をご利用のお客様で既に転用承諾番号を取得されている方はご入力ください。 事業者変更承諾番号:• 他社光コラボから乗り換えのお客様で事業者変更承諾番号を取得されている方はご入力ください。 NTTお客さまIDがわかる方はご入力ください。

次の

光コラボの事業者変更がまる分かり!手順・費用・注意点を徹底解説!

ドコモ 光 事業 者 変更

ドコモから開通のご案内• 申し込み書の控え• 新規契約プロバイダからの書類 などが郵送で届きます。 届いた書類を確認し、ルーターやONUの設定を行えば事業者変更制度を利用したプロバイダ変更は完了です。 以下にインターネットの接続方法について記しておきます。 有線でのネット接続方法 有線LANでパソコンとルーターを接続するには、ルーターとパソコンをLANケーブルでつなぎ、パソコンの設定画面からダイヤルアップ内の「ブロードバンド接続」を設定します。 プロバイダから届いた書類に書かれているIDやパスワードを入力して設定すると、インターネットに接続できるようになります。 無線での接続方法 無線LANルーターからパソコンに接続する場合には、まずはONUとルーターを接続します。 ルーターの設定画面を開きプロバイダ情報を入力する画面が出てきたら、プロバイダから送付されてきた書類に記載されている、 【ルーターの設定画面の表示方法】• 事業者変更制度を利用する際の意外な注意点3つ 事業者変更制度はメリットの多い制度ですが、実際に利用する際には注意しなければならないポイントもあります。 事業者変更承諾番号は有効期限がある 事業者変更承諾番号は、光コラボ事業者の窓口で発行してもらうことができますが 15日間の有効期限があります。 郵送で届いた番号を受け取ったあとには、 事業者変更承諾番号の有効期間内に変更する予定の事業者へ承諾番号を申請し、事業者変更を完了させます。 基本的には番号を書面で受け取ったら、すぐに変更手続きを行うと良いでしょう。 有効期限を過ぎてしまった番号は無効となってしまうため、再度「事業者変更承諾番号」を取得しなければなりません。 プロバイダ独自サービスの引継ぎはできない 事業者変更制度でプロバイダを変更した場合、その プロバイダ独自のサービスの引き継ぎはできません。 基本的に• プロバイダから提供されているメールアドレス• プロバイダのオプションサービス などは別のプロバイダへ変更したら利用することはできないので、あらかじめバックアップや代わりとなるサービスを準備しておくと良いでしょう。 また各プロバイダで最低利用期間を設けていることもあり、契約期間が原因で違約金が発生するなど、スムーズに切り替えることができない場合もあるので注意が必要です。 さらにプロバイダ切替に10日以上かかることもあり、最悪はインターネットが使えなくなる可能性も。 契約後、すぐにネット利用できるかどうか事前にプロバイダに確認したほうが良いでしょう。 Web申し込みの窓口はまだない ドコモ光の事業者変更制度は、2019年7月時点ではまだ Web申し込みの窓口が作られていません。 ドコモショップの店頭に必要書類を持って行って手続きをするか、総合問い合わせ先「ドコモ インフォメーションセンター」に電話をして申し込みを行うのみです。 ただしサービスが充実してくれば、今後Webによる事業者変更制度の利用も十分に考えられます。 ドコモショップで事業者変制度を申し込む際の注意点 ドコモショップは店舗により休日や営業時間が異なります。 ドコモショップでは手続きまでに時間がかかることが予想されるため、先に営業時間を確認し早めに申し込みを行うことをオススメします。 ドコモインフォメーションセンターであれば、年中無休で24時間受付しています。 工事費40,000円が実質無料• 開通月は日割で請求• com•

次の