軍票稼ぎ 5.2。 【FF14】ゼロからはじめるエオルゼア!第12回 グラカンの階級を上げよう!

FF14軍票稼ぎ

軍票稼ぎ 5.2

FF14のパッチ3. 4で実装されたGC冒険小隊で軍票を使いまくって無くなってきたw なので 軍票稼ぎの手法をまとめた。 正攻法は「GC納品」。 HQ品を納品すると通常 600~700 の2倍の軍票 1200~1300 になる。 同じ納品でもギャザラー系はクラフター系よりも回収が楽だし、バザーの相場も安い事が多いのでオススメ。 GC納品のついでに、攻略手帳を埋める。 納品を10回:1000軍票 HQ品の納品を5回:1000軍票 LV60のクラスの納品対象だと690軍票。 クラフターもギャザラーも納品すると計11個納品で7590軍票。 合わせて11040軍票。 攻略手帳の分2000軍票を更に加えて 13040軍票。 ただし納品アイテムを自作するのは時間がかかるので、バザーで入手しないと時間効率が悪すぎる。 対象アイテムはNQで平均1万G。 HQで平均3万G~5万Gなので、11個納品 内HQ5個 すると30万Gくらいはかかるので、この話は金持ち向け。 「ブレイフロクスHard」を制限解除で宝箱を取るのが次点で効率的。 戦士だと火力がそこそこで回復もできるので1人で回れる。 制限解除でLV60 平均IL230 だと5~6分で2000軍票。 1ボス前までスプリントでまとめる 走ってる間にTPは回復してる。 ボス手前のオチュー達はまとめない。 走りつつ攻撃をしてオーバーパワーで攻撃する直前にメイムが入るように調整しておく。 2ボス前までは3箇所のゴブリン達を同様にまとめる。 2ボス撃破後にクァールがいる場所の宝箱を取って退出。 聖コイナクのGCリーヴをクリアするのが3番目に効率的。 1回で311軍票。 今のFATEは過疎ってるので最高評価は容易。 LV上げのついでに攻略手帳を埋める。

次の

【FF14】金策情報【5.3予想】

軍票稼ぎ 5.2

デメリット ・競合相手が多く、値下げ合戦になりやすい。 ・採取・製作難易度が高い。 2の王道は、やはり新式装備です。 新式装備は多くの利益を出すことができます。 今までの傾向をみると、次の新式装備が来るまでは売れ続けます。 長い間、金策として活用できるオススメの金策です。 難点としては、必要素材が多く、製作難易度も高いので上級者向けの金策になります。 実際に私も、パッチ5. 2で新式装備を売って金策し、10日間で2億ギル以上の利益を出すことができました。 1日でどれだけ稼いでいたのか? 全て記録していますので、気になる方は以下の記事をご覧ください。 新式装備が売れ続けるので、新式素材も次の新式が来るまでは売れます。 特徴として、新式装備と比べて簡単に作れますが、少ない利益しか出せません。 最新のミーン装備をある程度、禁断すれば簡単に作ることができます。 手軽に稼ぎたい人にオススメの金策です。 実装されてある程度たちましたが、新式装備の実装やイシュガルド復興の準備の影響で需要が上がっています。 次のギャザクラ装備が実装されると思われるパッチ5. 3までは、売れ続けるでしょう。 新式装備ほどではありませんが、採取・製作難易度が高めな点に注意が必要です。 2で零式が追加された影響で、食事・薬がとても売れます。 最新の食事・薬も追加されています。 【秘伝書:第8巻】の食事・薬を作りましょう。 特徴としては、採取・製作難易度は新式装備と同じですが、 食事・薬の方が利益が低いです。 その代わりにたくさん売れ、安定して稼ぐことができます。 食事・薬は零式が落ち着いてからも一定の需要があり、長く売れ続けます。 売れ残る心配がないところもイイですね。 ・新たな目的地が発見できるようになります。 ・探索で得られる新たなアイテムが追加されます。 このアップデートによって、潜水艦で手に入るレアなアイテムが追加されています。 これら影響で、 潜水艦を作るために必要な素材が高騰しています。 作るのも簡単な素材が多いですし、必要素材数も多いため数も売れます。 簡易製作で作れるので、空いた時間の金策にオススメです。 そして、潜水艦そのものが金策に活用できます。 潜水艦でしか手に入らないレアな素材やミニオンなどが多数あります。 自分の潜水艦を作るために素材を集め、余った素材を売って金策する方法も効果的ですね。 2から錬成用の食事、薬が今までより売れるようになっています。 今までは錬成の方法が大変で、錬成をしながら金策する人は少数でした。 しかし、 パッチ5. 2のアップデート、錬成が容易になりました。 その影響で、錬成をする人が増え、錬成用の食事、薬が多く売れています。 難点として数は売れますが、単価が低いので利益が少ないです。 採取・製作難易度は低いので、レベル上げ中の人にオススメの金策ですね。 2で新しい家具がたくさん追加されています。 家具が追加されると、ハウジングをする人が増え、ハウジング関連のアイテムが売れます。 特にパッチ5. 2のような偶数パッチでは金策する方法が多いので、ハウジング関連で金策する人は少なくなります。 パッチ5. 2で実装された新しい家具を作るのも良いですし、 家具は数が多いので、ある程度人気で穴場を狙う方法もあります。 利益が出せる家具を探して稼ぎましょう。 アップデート待ちなことも影響して、今は手を出している人がほとんどいません。 そのため、 イシュガルド復興で手に入るマウントや装備は、出品数が少なく値段が高いです。 パッチ5. 21で大きく変化する可能性もありますが、今は稼ぐことができています。 ILが低くても採取・製作ができます。 初心者の人がレベル上げをしながら金策するのにオススメですね。

次の

【FF14 金策】パッチ5.2の稼ぎ方【ギャザクラ編】

軍票稼ぎ 5.2

contents もくじ• グランドカンパニーの階級とは グランドカンパニーに所属すると同時に階級が与えられる。 昇級していくとさまざまなことが開放されていくのでメリットも多い。 階級の詳細• 一等甲兵・一等牙兵・一等闘兵 軍票上限 15000 昇級に必要な軍票 3000• 上等甲兵・上等牙兵・上等闘兵 軍票上限 20000 昇級に必要な軍票 4000• 甲兵長・牙兵長・闘兵長 軍票上限 25000 昇級に必要な軍票 5000 グランドカンパニー討伐手帳ランク1をコンプ• 甲伍長・牙伍長・闘伍長 軍票上限 30000 昇級に必要な軍票 6000• 甲軍長・牙軍長・闘軍長 軍票上限 40000 昇級に必要な軍票 8000 サブクエスト「北からの協力要請」クリア• 准甲士・准牙士・准闘士 軍票上限 45000 昇級に必要な軍票 9000 グランドカンパニー討伐手帳ランク2をコンプ オーラムヴェイルを攻略• 軍票の稼ぎ方• グランドカンパニー討伐手帳ランク1をコンプリート これはあとあとで昇級の条件にもなっているので、必ずコンプリートしておきましょう!• 毎日、レベリングルーレットへ行く レベリングルーレットはどのロールでも必ず軍票が手に入ります。 (不足ロールボーナスでさらに軍票をもらうこともできます) この時、どんな装備でもいいので入手できる装備は可能な限り入手しておくこと!• グランドカンパニーのギルドリーヴをする 普通のギルドリーヴではなく、グランドカンパニーのギルドリーヴな点に注意! 1回で軍票を200くらい稼ぐことができます• FATEで地道に稼ぐ レベル帯により変動するが、だいたい200くらい稼げます 所属しているグランドカンパニーに関係なくどこでも受注することができます! 軍曹になったらあとはラク 稀少品調達(装備品を納品)できるようになるので軍票稼ぎが格段にラクになります。 ダンジョンなどで入手した他のジョブの装備や、今まで使ってきてもう必要のない装備などをたくさん納品して軍票を稼ぎましょう。 また、准〇〇の階級になったらモードゥナのグランドカンパニーのギルドリーヴを受注できるようになり、短時間で効率よく軍票を稼ぐことができるようになります。 モードゥナ 聖コイナク財団の調査地 (X30. 7 Y12. 1) エイドハート准闘士 これもあわせて活用して軍票を稼いでいきましょう! グランドカンパニー討伐手帳のランク2のコンプリートもあとあとで必要になってくるのでこのタイミングでやっておくことをオススメします。 少甲士・少牙士・少闘士になると いわゆる少尉の階級になると 冒険者小隊を開放できたり、自分の家を買う権利が得られるようになります。 (アパルトメントの購入もこの階級まで上げておく必要があります) 少尉以降への昇級は条件がちょっと複雑で時間がかかるので、ひとまずはこの階級まで上げておけば大丈夫だと思います。 まとめ 今回は、グランドカンパニーの階級についてご紹介してみました。 階級を上げることは冒険を進める上で必須ではありませんが、これから先、入手できる装備品が増えていき所持品やアーマリーチェストを圧迫することを考えると、階級を軍曹までは上げておいた方がいいと思います。 階級が軍曹になるまでは装備品を納品することができないので軍票を稼ぐのに時間がかかってしまいますが、毎日コツコツと稼いでひとつずつ階級を上げていき、軍曹を目指しましょう。 階級を上げていくと、軍票で交換できるものも次第に増えていきます。 軍票で交換できるものの中にはちょっとした金策にも役立つものもあるので、ぜひ階級を上げて軍票を有効に活用していくのもいいと思います。 かっこいい装備品と交換できたり、冒険者小隊を開放できたり、家を買う権利が得られたり・・・ 階級を上げるとメリットがたくさんありますので、ひとつずつ上げていってみてはいかがでしょうか?.

次の