フランチャイズ 儲かるのか。 【根拠あり】おすすめフランチャイズランキング:儲かる理由

フランチャイズで儲かる飲食店ランキング

フランチャイズ 儲かるのか

飲食店FCを成功させる秘訣は、フランチャイズ選びにアリ! フランチャイズの中でも飲食店経営には、独自のノウハウと運営方法があります。 このサイトでは実績と将来性が見込めるフランチャイズ店をピックアップして、調査した内容をまとめています。 あわせて飲食店フランチャイズオーナーの体験談や、成功させるためのポイントなどを網羅して紹介していますので、ぜひ参考になさってください。 まずは気になる飲食店ランキングトップ5の発表です!開業費用や月額費用(本部に支払う金額)、始めやすさ、収支モデル、フランチャイザーの特徴、利用者からの評判、オーナーの声を比較しています。 飲食店フランチャイズを始めたいとお考えの方の参考になれば幸いです。 約1年で初期投資額を全額回収できているビジネスモデルも。 調理初心者でも気軽に始められる。 利用者の評判 丼丸さんは500円台で海鮮丼が食べられるので、ランチでは助かっています。 会社の側にあっていつも利用しています。 「家の近くにも店舗があればいいのに…」と、いつも思っています。 海鮮丼のクオリティが高く、その上リーズナブルなので、よく利用していますよ。 本部が加盟店と共存共栄で発展していくことを、事業戦略の核に据えている。 将来の事業拡大にも期待大。 お店にオーナーそれぞれのオリジナリティがだせる。 経営委託システムを選べば、 運転資金のみで開業できる。 利用者の評判 2ケ月毎に内容が変わり品数も豊富で良い感じ。 白飯も美味しいです。 季節メニューがあり、飽きませんね。 価格がリーズナブルなのもGood! ボリューム感もあって、お得です。 ホカホカの状態で出てくるので、いつも美味しく頂いています。 利用者の評判 味も接客も文句無しです。 今での焼きとり屋とまったく違っていて、美味しかったです。 『串に刺す手間を味と値段に』という言葉は本当でした。 値段とボリュームに満足です。 居酒屋業界の中でも 競争力をもった商品スタイルを持っている。 利用者の評判 ソースがいろいろ選べるのが嬉しいです。 結構通ってますね。 気軽に食べられるファーストフード。 値段も安いのがいいですね。 たこ焼きと言えば京たこだと思ってます。 ビールにピッタリ。 プロのラーメン経営者へ着実にステップアップできる。 利用者の評判 有名人とのコラボラーメンを食べるのが楽しみ。 深夜まで営業しているので、仕事帰りによく利用しています。 創業20年で培ってきたフランチャイズノウハウを持っている。 低資金で開業でき、将来性も有望な「丼丸」が堂々第1位! 飲食店のフランチャイズの中で最もお勧めしたいのは、海鮮丼の 「丼丸」です! 丼丸は毎日買いにきてくれるお客様もいるほどの人気店。 流行り廃りがなく日本人に愛され続ける「海鮮」「寿司」が、500円均一(税別)で食べられ、味とボリュームに自信があることから、 ファンを確実に増やしている、注目のフランチャイズです。 以下で、丼丸の魅力を詳しくお伝えします。 ポイント1 初期費用が安く、始めやすい 丼丸の場合、出店するお店の物件代を抑えられるが大きな魅力。 飲食店のフランチャイズでは店舗にかかる費用がネックになりますが、丼丸は持ち帰り専門店なので、 狭くてOKなのです。 内外装の工事、什器類の購入、広告宣伝費、そして加盟金をあわせても、 500万円以内で出店できます。 しかも、ほとんどのオーナーが 開業資金を数ヶ月~1年くらいで無理なく回収しているようです。 ポイント2 月額費用(のれん代)が安く、経営の負担が少ない 丼丸はのれん代だけを、月々本部に支払うシステム。 売上に応じて支払うロイヤリティがなく、 月々固定で3万円の「のれん代」だけでOKです。 本部に支払う費用が少ないので、店舗運営や経営に負担がかかりません。 これはオーナーに成功してほしいという思いから、本部の収入は低く設定しているとのこと。 フランチャイズ本部とオーナーが共に成長していく、共存共栄の方針を貫いているからだそうです。 ポイント3 オーナーサイドの自由度が高く、お店にオリジナリティが出せる 丼丸には、出店費用もさることながら、フランチャイジー側の自由度の高さに魅力を感じて加盟するオーナーも多くいます。 たとえば地元の名産の新鮮な魚を使ったオリジナル丼を出している店舗などもあり、 メニュー開発もできます。 しかも、価格設定も本部が推奨する500円にしなくてOK。 50%を下回らなければ 原価率も自由で、仕入先もオーナー側で決められるというから驚きです。 丼丸は通常の飲食FCにありがちな、がんじがらめのマニュアル経営ではありません。 飲食店なので、衛生管理だけは、徹底するよう指導されますが、ほぼすべてがオーナーの自由なので、 「雇われている」感が少ないことは非常に魅力だといえるでしょう。 ポイント4 他の店舗と情報共有できるので、客観的な視点で経営ができる 丼丸では、月1回発行している「丼丸通信」で、フランチャイズ加盟店の情報が共有できます。 新規オープン情報、他店の売り上げ情報、原価率情報、新メニュー情報、仕入れ情報、本部による店舗の印象レポート、お客様からのクレームなど、他の店舗の情報が入ってくるため、経営の参考にできます。 ポイント5 開業前後のサポート体制が充実 オープン前はもちろん、オープン後もしっかりサポート。 困ったことがあれば、いつでも相談に乗ってもらえます。 オープンに際しての不安点は、電話やメールでいつでもアドバイス。 また、研修はわかるまで丁寧に教え、不安がある人は延長も可能とのこと。 オープン後、再研修を受けに来てもOKだそうです。 以上の点から、「丼丸」を1位に選びました。 丼丸は初期費用や運営費の負担が少ないだけでなく、将来の可能性を感じ、本部といい関係が築けるフランチャイズだと思います。 気になる方は、ぜひチェックしてみてください。 オススメの飲食店「丼丸」のフランチャイズについてもっと詳しく このサイトでは、私が独自で調査した情報をまとめています。 飲食店のフランチャイズを始める皆さんのお役に立てれば幸いです。

次の

フランチャイズオーナーの平均年収は?業種別に比較

フランチャイズ 儲かるのか

コインランドリーのフランチャイズの業績 コインランドリーのフランチャイズの業績は、確かに興奮するほどの儲かっている数値がならんでいた。 「先生、どうですぅー」 と、50代半ば過ぎのオジ様とは思えない、それはまるで子供がテストで100点をとった テスト用紙を見せている時のようなアノ笑顔。 そして、私からの賞賛の言葉を待つ大島さん。 初期投資額と回収期間 文句のつけようのない業績数値だが、気になるのは初期投資額と回収期間。 いくら毎月黒字だとしても、毎月の黒字金額と初期投資額とのバランスが重要。 ようは、初期投資の回収までにどのくらいの期間を必要とするのか? 例えば、数値で計算した場合…• 初期投資の額:1億円• 08億円 回収までに8~9年かかることになりますからね…。 特に、コインランドリーなどの設備投資を要する場合は初期投資の回収までに5~10年かかることも珍しくないですから。 つまり、初期投資が莫大な金額だった場合、たとえ毎月黒字であったとしても、その金額を回収するにおいてほど遠い金額の黒字の金額では意味がない。 そう思ったので…凄いですねぇー大島さん流石ですよぅーデキる社長ですねぇーなどの賞賛の前に…。 初期投資の金額は、どのくらいの期間で回収できる見込みなんですか?と聞いてみた。 初期投資をあっさり回収!? 「初期投資の回収ですか…」 「実は、初期投資の回収はもう終わっているんです」 いやあのですね、大島さん。 コインランドリーってまぁまぁな設備投資必要ですよね。 大型のドラム式洗濯乾燥機とか店舗の内装工事とか看板とか色々とあるでしょうから。 「はい、そうなんですけど、それらの設備費用含やフランチャイズ本部への加盟金など含めて総額で1,000万円近くの投資になったんですけどね」 「1年であっさり回収したんですよ」 それ聞いた瞬間、大島さんへの賞賛の言葉を言う前にコインランドリーのフランチャイズの儲かりっぷりハンパないなぁ…と思いましたよ冗談抜きで。 他のフランチャイズと比べてもダントツに儲かる なんで、そんなに儲かるんですか? 「予想以上にお客さんが利用している…としか言いようがないです」 「私も最初は、知人のススメがあって軽いノリで始めただけでして」 「こんなに儲かるとは思わなかったんですけどね」 「コインランドリー以外の業種でもフランチャイズやっているのでわかるんですけど、ダントツですよ…儲かり方が異常だと言っても過言ではないくらい」 「あの先生、もしよろしかったらコインランドリーのフランチャイズに加盟しませんか(パンフレットを見せながら)?」 (えっ、これ勧誘なんですか!?という疑いの目を見せる) 「あっ、いえいえ、勧誘とかじゃなくて私に紹介手数料とかが入るわけでもなく」 「純粋に、良いビジネスだと思ったのでご紹介しただけですから」 今すぐ、コインランドリーのフランチャイズに加盟すべき?! 『そんなに儲かるのならコインランドリーのフランチャイズに今すぐ加盟しなきゃ…』 そう思う人が、大半だと思います。 他ならぬ私自身も、一瞬、ほんの一瞬ですが頭と心の中では、そう思いました。 コインランドリーのビジネスがどれほど儲かるかって話しは、大島さん以外にも知人などからも聞いていましたので。 もっと言うと、それ以上の情報としてコインランドリーのフランチャイズ本部として成功をおさめている知人がいることもあり、どういうビジネスモデルかは知っています。 しかしながらですがねぇ… 私の判断としては、コインランドリーのフランチャイズに加盟はしない方が良いという結論です。 なぜなら、そう遠からず競争が激化して収益が悪化黒字から赤字へとなる店舗が増えると判断したからです。 加盟のタイミング 現状では、コインランドリーのフランチャイズに加盟するタイミングとしては、時すでに遅し。 というのは、既にご存知の方もいると思いますが… コインランドリーのフランチャイズが急増していて、お客さん(パイ)の奪い合いになっていますよね。 それまで儲かっていたフランチャイズ加盟店さえも収益が落ち、それどころか毎月赤字に転落している…設備投資額の回収の見込みがない。 または、相当な時間を要する。 実際に、私のクライアントであり大島さんが、コインランドリーのフランチャイズに加盟したのは、実は本内容を書いている3年以上も前の話しです。 競合が増え競争が激化 直近(本内容を書いている同時期)、大島さんに、状況を聞いたところ…。 「1、2年目までは良かったんですが段々と収益が落ちてきました」 「黒字ではありますが全盛期の半分近くか、月によっては半分以下です」 「競合が増えたのが主な要因だと思いますけど…」 「私がいる地方の田舎でさえも同じようなコインランドリーが増えてきたんですよね」 確かに、私もどこいってもコンビニとか携帯ショップの次くらいにコインランドリーがあるんじゃないかくらいに見ますものね。 「現状なら、先生をはじめとしてコインランドリーのフランチャイズは軽々しく、おススメ出来ない状況ですね」 そう、正にこれが、コインランドリーのフランチャイズに加盟する現場の生の声ですよ。 コインランドリーのフランチャイズは儲からないのか コインランドリーのフランチャイズは儲かるのか儲からない?のか…。 大島さんのように、異常なほどに儲かっていた時期があったのは事実です。 しかしながら、急激に儲かるビジネスは真似されやすく、直ぐに儲からなくなる。 これは、ビジネスの原理原則ですよね。 つまり、儲かるビジネスの話しというのは、誰しもが知るようになっていては、それはもはや、儲かるビジネスとしての価値を失っているということです。 例えて言うならば、ダイヤモンド(宝石)だって、みんな持っていたら価値はないのと同じことです。 コインランドリーの本部の社長曰く コインランドリーの本部を経営している知人社長曰く 『ここ数年で競合が増え競争が激化しているので前みたくは儲からないね』 と、この言葉から、推測できるかと。 コインランドリーの本部がそういう状況なのに、加盟店側がそれ以上に儲かることはないですからね。 コインランドリーのフランチャイズに加盟を考えている人へ とまぁ、そもそもコインランドリーのフランチャイズに加盟しようかと考えている人は、なにがしかの儲かっているフランチャイズに加盟すれば、自分も儲かるという思考回路だったりしませんか? もし、そうなら、どんなフランチャイズに加盟したとしても、失敗してしまう可能性が非常に高いですよ。 【参考】.

次の

フランチャイズオーナーの平均年収は?業種別に比較

フランチャイズ 儲かるのか

コインランドリーのフランチャイズの業績 コインランドリーのフランチャイズの業績は、確かに興奮するほどの儲かっている数値がならんでいた。 「先生、どうですぅー」 と、50代半ば過ぎのオジ様とは思えない、それはまるで子供がテストで100点をとった テスト用紙を見せている時のようなアノ笑顔。 そして、私からの賞賛の言葉を待つ大島さん。 初期投資額と回収期間 文句のつけようのない業績数値だが、気になるのは初期投資額と回収期間。 いくら毎月黒字だとしても、毎月の黒字金額と初期投資額とのバランスが重要。 ようは、初期投資の回収までにどのくらいの期間を必要とするのか? 例えば、数値で計算した場合…• 初期投資の額:1億円• 08億円 回収までに8~9年かかることになりますからね…。 特に、コインランドリーなどの設備投資を要する場合は初期投資の回収までに5~10年かかることも珍しくないですから。 つまり、初期投資が莫大な金額だった場合、たとえ毎月黒字であったとしても、その金額を回収するにおいてほど遠い金額の黒字の金額では意味がない。 そう思ったので…凄いですねぇー大島さん流石ですよぅーデキる社長ですねぇーなどの賞賛の前に…。 初期投資の金額は、どのくらいの期間で回収できる見込みなんですか?と聞いてみた。 初期投資をあっさり回収!? 「初期投資の回収ですか…」 「実は、初期投資の回収はもう終わっているんです」 いやあのですね、大島さん。 コインランドリーってまぁまぁな設備投資必要ですよね。 大型のドラム式洗濯乾燥機とか店舗の内装工事とか看板とか色々とあるでしょうから。 「はい、そうなんですけど、それらの設備費用含やフランチャイズ本部への加盟金など含めて総額で1,000万円近くの投資になったんですけどね」 「1年であっさり回収したんですよ」 それ聞いた瞬間、大島さんへの賞賛の言葉を言う前にコインランドリーのフランチャイズの儲かりっぷりハンパないなぁ…と思いましたよ冗談抜きで。 他のフランチャイズと比べてもダントツに儲かる なんで、そんなに儲かるんですか? 「予想以上にお客さんが利用している…としか言いようがないです」 「私も最初は、知人のススメがあって軽いノリで始めただけでして」 「こんなに儲かるとは思わなかったんですけどね」 「コインランドリー以外の業種でもフランチャイズやっているのでわかるんですけど、ダントツですよ…儲かり方が異常だと言っても過言ではないくらい」 「あの先生、もしよろしかったらコインランドリーのフランチャイズに加盟しませんか(パンフレットを見せながら)?」 (えっ、これ勧誘なんですか!?という疑いの目を見せる) 「あっ、いえいえ、勧誘とかじゃなくて私に紹介手数料とかが入るわけでもなく」 「純粋に、良いビジネスだと思ったのでご紹介しただけですから」 今すぐ、コインランドリーのフランチャイズに加盟すべき?! 『そんなに儲かるのならコインランドリーのフランチャイズに今すぐ加盟しなきゃ…』 そう思う人が、大半だと思います。 他ならぬ私自身も、一瞬、ほんの一瞬ですが頭と心の中では、そう思いました。 コインランドリーのビジネスがどれほど儲かるかって話しは、大島さん以外にも知人などからも聞いていましたので。 もっと言うと、それ以上の情報としてコインランドリーのフランチャイズ本部として成功をおさめている知人がいることもあり、どういうビジネスモデルかは知っています。 しかしながらですがねぇ… 私の判断としては、コインランドリーのフランチャイズに加盟はしない方が良いという結論です。 なぜなら、そう遠からず競争が激化して収益が悪化黒字から赤字へとなる店舗が増えると判断したからです。 加盟のタイミング 現状では、コインランドリーのフランチャイズに加盟するタイミングとしては、時すでに遅し。 というのは、既にご存知の方もいると思いますが… コインランドリーのフランチャイズが急増していて、お客さん(パイ)の奪い合いになっていますよね。 それまで儲かっていたフランチャイズ加盟店さえも収益が落ち、それどころか毎月赤字に転落している…設備投資額の回収の見込みがない。 または、相当な時間を要する。 実際に、私のクライアントであり大島さんが、コインランドリーのフランチャイズに加盟したのは、実は本内容を書いている3年以上も前の話しです。 競合が増え競争が激化 直近(本内容を書いている同時期)、大島さんに、状況を聞いたところ…。 「1、2年目までは良かったんですが段々と収益が落ちてきました」 「黒字ではありますが全盛期の半分近くか、月によっては半分以下です」 「競合が増えたのが主な要因だと思いますけど…」 「私がいる地方の田舎でさえも同じようなコインランドリーが増えてきたんですよね」 確かに、私もどこいってもコンビニとか携帯ショップの次くらいにコインランドリーがあるんじゃないかくらいに見ますものね。 「現状なら、先生をはじめとしてコインランドリーのフランチャイズは軽々しく、おススメ出来ない状況ですね」 そう、正にこれが、コインランドリーのフランチャイズに加盟する現場の生の声ですよ。 コインランドリーのフランチャイズは儲からないのか コインランドリーのフランチャイズは儲かるのか儲からない?のか…。 大島さんのように、異常なほどに儲かっていた時期があったのは事実です。 しかしながら、急激に儲かるビジネスは真似されやすく、直ぐに儲からなくなる。 これは、ビジネスの原理原則ですよね。 つまり、儲かるビジネスの話しというのは、誰しもが知るようになっていては、それはもはや、儲かるビジネスとしての価値を失っているということです。 例えて言うならば、ダイヤモンド(宝石)だって、みんな持っていたら価値はないのと同じことです。 コインランドリーの本部の社長曰く コインランドリーの本部を経営している知人社長曰く 『ここ数年で競合が増え競争が激化しているので前みたくは儲からないね』 と、この言葉から、推測できるかと。 コインランドリーの本部がそういう状況なのに、加盟店側がそれ以上に儲かることはないですからね。 コインランドリーのフランチャイズに加盟を考えている人へ とまぁ、そもそもコインランドリーのフランチャイズに加盟しようかと考えている人は、なにがしかの儲かっているフランチャイズに加盟すれば、自分も儲かるという思考回路だったりしませんか? もし、そうなら、どんなフランチャイズに加盟したとしても、失敗してしまう可能性が非常に高いですよ。 【参考】.

次の