親戚 英語 発音。 伊野尾慧の英語力は?頭良い?中国語が話せる?ジェシーと親戚?

【図解】「親戚」は英語で?家族や親戚のメンバーの呼び方20選

親戚 英語 発音

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• まず英語で忌引きを何というのか、詳しく見ていきましょう。 忌引きは英語で bereavement leave(ビリーブメント・リーブ ) と言います。 発音は、ビィリィーヴマァントゥ・リーブという感じになります。 bereave は「生命や財産を奪う」という意味で、bereavement は近親者との「死別」を表します。 leave は「(人)と別れる」ことで、この場合は「休暇」の意の名詞です。 bereave と leave で死別休暇、つまり「忌引」を意味する言葉になります。 believe (信じる)の方がしっくりすると思われるかもしれませんが、意味がまったく違います。 「r」と「l」の発音の違いには注意しましょう。 忌引き休暇は、 condolence leave あるいは、 funeral leave といいます。 condolence はお悔やみ、funeral は葬式です。 absence from school due to mourning と、服喪のために休むと説明することもあります。 私の父が亡くなったので、2日間の忌引き休暇をいただきたいと思います Could I have a mouring leave for tomorrow? I'd like to attend the funeral of one of my relatives. 私の親戚の葬式に出席したいので、明日、忌引き休暇をいただきたいのですが The funeral service will be held in a temple as family funeral. 葬儀はお寺で家族葬で行います。 忌引きで休みを取る場合、有給になるの?• 忌引きとは、身内の方が亡くなったときに喪に服するため会社や学校を休むことである。 忌引きは英語で bereavement leave 、発音はビィリィーヴマァントゥ・リーブという。 他にcondolence leave あるいはfuneral leave などとも言う。 英語の忌引きの連絡メールでは、例えば次のように伝える。 忌引き休暇は欠勤扱いにならず有給となるのが一般的であるが、個別に違うこともある。 葬儀に関する英語は、他にもいろいろあります。 今回の記事も参考にされて、他の英語表現にも興味を持っていただければと思います。 「終活ねっと」では、葬儀に関する英語も含めて様々な記事を紹介しています。 ぜひ合わせてお読みください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 下のリンクから英語でのお悔みメールの送り方について解説した記事をお読みいただけます。 ぜひ一度目を通していただけると幸いです。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

relativeは「親戚」じゃないよ|Englishに英語

親戚 英語 発音

確かに「墓」は検索しますとたくさん出てきますね(笑) それというのも、色々な「墓」の表現方法があるからです。 1番目 grave:日本人が一般的に「墓参り」などに使う場合の墓は、これにあたります。 参拝する・参りに行くという動詞は go visit になります。 例)My family and I go visit our family grave every summer in mid-August. 私の家族と私は、毎年夏の8月中旬に私たちの家族の墓参りにいきます。 2番目 tomb:皇族や王族の墓、ひときわ大きくて豪華な埋葬物が出てきそうな墓です。 Tomb Raider という映画があったと思いますが、日本語に訳すと「墓への侵入者」という意味で、絶対とは言い切れませんが多くは墓へ侵入するトレジャーハンターの事を指します。 3番目 cemetery:墓が複数あり管理されている土地=墓地です。 例)I need to go to the cemetery on the weekend to visit our family grave. 参拝するのは grave、場所は cemetery です。

次の

発音を間違えやすい英単語50。意外なところに落とし穴?

親戚 英語 発音

ドイツ語と英語は単語が似ていたりもしますが、文法が日本語っぽいですね。 ドイツ語に興味があれば英語からの方が入り易いとも言えますが、英語が堪能な場合はかえって、逆効果の場合もあります。 発音やアクセント、文法です。 ドイツ語の発音は英語と違ってガツガツと力強く、滑らかさが無い音も多いので英語の様に喋っていると駄目だと指摘されます。 私は10年以上ドイツのベルリンに住んでいましたが、私にとっては英語の方が楽です。 ただ外国語修得が3つ目とかになると容易く10ヶ国語まで修得出来たりもするので、共通点を上手く利用する事は賢いやり方だと思います。 ドイツ語は深いと思う人もいればドイツ語ほど馬鹿げた言語、程度の低いものはないとまで言う人もいます。 人それぞれですね。 大学の第二言語ドイツ語でした。 教授からは「中学高校と6年も英語を習ってきた君たちが第二言語でドイツ語をとるのはズルいよ。 他の言語の人たち大変だよ」と冗談っぽくいわれました 笑 確かに、入りやすかったですね。 一番「あー、ドイツ語って英語と似てるなー」と思ったのは、月の名前です。 でも、ドイツ語に限らずヨーロッパ語はこんな感じですよ。 みんな親戚です。 でも、だからといって「ドイツ語は簡単」とは言えません。 というか、ドイツ語を勉強し始めてから「英語って、なんて簡単な言語だったんだ」と思い知りました。 英語を知っているとドイツ語に「入りやすい」です。 でも、「理解しやすい」かは、不明ですね。 そこは個人の努力次第です。

次の