パイドン 手塚 治虫。 ぱいどん|前後編の感想・あらすじ|AI手塚治虫の漫画はどうやって描かれた?|福岡のタレント・ハル公式サイト

「ぱいどん」の試し読みはどこでできる?AIが描いた手塚治虫の漫画を全話無料で読む方法

パイドン 手塚 治虫

MCの加藤浩次が放ったコメントに注目が集まっている。 番組が紹介したのは、27日に発売された雑誌『モーニング』(講談社)の13号。 同誌には漫画家・手塚治の作風を学習したAIが作成した漫画『ぱいどん』が収録されており、各界から反響の声が上がっていた。 作成の手順としてはまずAIに手塚作品を学習させ、その後で人間の顔について学習させることで、「手塚治虫風」のキャラクターを生み出させたという。 作品の全てをAIが担当したわけでなく、キャラクターやストーリーの選定、ブラッシュアップは人間スタッフが担当したとのこと。 ヒントがない状態で『ぱいどん』の画風を見て「手塚治虫先生のタッチですよね。 間違いないと思いますよ」と即答した加藤だが、誕生までの過程を知って疑問が芽生えた様子。 「どう考えれば良いんだろう…ある種、盗作だよね」「手塚治虫先生の意志も全くないところで作ってるから、AIによる盗作だよね」と、手厳しめな持論を展開した。 一概に否定したわけではなくスタッフ側の「手塚愛」を認めた上で、「ちょっと読んでみようかな」と興味を示した加藤。 そんな加藤の持論に対し、ネット上では「『AIによる盗作』ってめちゃくちゃ深い言葉だと思う」「AI美空ひばりの次は手塚治虫か…。 でも、盗作という例えは目から鱗だった」といった声が上がっている。 手塚作品の中には近未来を舞台としたものも多いが、人類は巨匠が描いた未来に匹敵するような科学力を手に入れつつあるのかもしれない。

次の

亡くなった手塚治虫さんの新作をAIが作ったと話題の作品『ぱいどん』ですが...

パイドン 手塚 治虫

これからどのくらい学習してくれるかにかかっていますが、なんか不自然な感じが拭いきれませんでした 確かに絵は似ている。 けれど何処か違う。 そんな感じです。 話もなんか、、、つまらない。 私の語彙力も足りませんが、それでも形容しにくいつまらなさと気持ち悪さ。 友達のドッペルゲンガーに話しかけられるような感じの気持ち悪さがありました キャラクターにも魅力がない。 男女共に色気を感じないし、鳥型ロボの口調も違和感をたっぷり感じます。 手塚先生のキャラでピーピーいってた奴いたっけ… ギャグもただヒョウタンツギやスパイダーをだじゃあいいってもんじゃない。 スターシステムって言う素晴らしいものを残しておいてくれたんだからさ、思い切ってロックも起用すれば良かったのに 絵だけ似ている二次創作を見てる気分です。 面白くありませんでした。 面白くない時代(1980年代の子供向け漫画)の手塚作品の雰囲気です。 男性読者としては、男性キャラは不細工でもなんでもいいのですが、女性キャラの魅力(色気)が全く感じられません。 手塚氏の作品の魅力の一つで、男性読者が期待することの一つは魅力的な女性キャラです。 補足で頂いたURLで見ると、パイドンの参考画像は1970年台と言う事で、手塚氏がスランプ脱出後のブラックジャックや三つ目の時代の絵柄を参考にしたとのことです。 この当時の男性キャラ(B. Jや七色インコ)は女性には人気でした。 1970年~の手塚作品に登場する女性は、手塚氏全盛時(1960年代)に描かれていた匂うような美少女の面影はなくなり、女性の魅力が薄れていた時代の絵です。 女性キャラだけは1960年代の絵柄も参考にして欲しかったです。 さらにパイドンでの女性キャラ担当は、イタコ漫画家のツノガイ氏(女性)とのことですが女性作家は男性の好む女性の絵は描けないのです。 よく見ると、老齢の為既に絵が劣化して魅力的なキャラが描けなくなっているイタコ漫画家の池原氏の影も見え隠れしてがっかりします。 ぱいどんで一番興味があったことは、AIと人間がどんな仕事分担をしたかと言う事ですが、紙面ではその辺があまり詳しくなかったです。 製作途中の画像とか制作過程をもっと多く見えるようにして欲しかったです。 次回作はB. Jやマリンエクスプレスのように、手塚スターが活躍する新作が読みたいです。 作業風景やプロモーションも見ました。 単純にAIが目や鼻を認識し、中間キャラクター…平均化したものを出力する感じです。 ストーリーもそんな感じです。 雰囲気だけは出てますが、全て平均化されてる感じで、ストーリーからは「らしさ」が感じられないですね… 手直しが必要という事は、AIが作ったものだけでは、ただの情報の羅列で、辻褄が合わないんでしょう。 結局ほとんどクリエイター達がつくってる感じです。 元アシスタントさんが描いてるので、絵はさすがに上手いです。 手塚先生の情報は入ってるけど、全体的にエッセンスは感じません。 現状の評価としては、クリエイター達の手塚治虫オマージュ作品という域に留まるでしょう。 キャラクターが平仮名4文字の浮浪者という事で、 本年公開の「ばるぼら」に寄せてるのは、結局ただのプロモーションなんじゃないか、という気さえします。

次の

手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL

パイドン 手塚 治虫

今も、どんどん進化している人工知能(AI)が、人間を超えるのが、西暦2045年頃になると予測されています。 そこで起こるであろう種々の問題のことを「2045年問題」と言います。 「2045年問題」は、SF映画やドラマ、小説にもよく取り上げられる話題です。 いわゆるフィクションだったものが、もう現実となってきました。 先週、発売された漫画雑誌の「モーニング」に、ついにAIによって原作が描かれた漫画が掲載されました。 しかも、昭和生まれの私達には記憶の深い漫画家の「手塚治虫」の「新作」を生み出しているのです。 今回は、 AI手塚治虫の新作の感想と、「AI美空ひばり」についてご紹介します。 「AI手塚治虫」が描いた漫画「ぱいどん」を読んでみた感想と「AI美空ひばり」 モーニングを読んでみる 引用元 : とりあえず、予備知識は「手塚治虫のAIによる原作の新作漫画」とだけ、知った状態で読んでみました。 「ぱいどん」というタイトルで、「Phase1前編」となっています。 全体で21ページで、冒頭に「2030年 東京」と入ることから「近未来」の話です。 ただ、その描写は、今から10年後にしては進みすぎている様な気がします。 電気自動車が自動運転になり、空には無人配達便が飛び回り、顔認証でみんな手ぶらで買い物や移動ができる社会になっています。 昔の人が考えた「未来」の姿の様な場面です。 物語は「前編」というだけあって、ある程度盛り上がったところで、「つづく」となりました。 しっかりと読んでみた、正直な感想です。 「それほど面白くない。。。 」 自分自身のイメージする手塚治虫作品と言えば、まず最初に「ブラックジャック」が思い浮かびます。 また、大河作品としては「ブッダ」「火の鳥」「アドルフに告ぐ」「陽だまりの樹」等です。 そのどちらにも属していない作品なので、なんとなく物足りないのかも知れません。 絵柄も、手塚プロダクションが手掛けているのですが、なんとなく違う。。。 絵もストーリーも、かなり古臭いのです。 引用元: もし、今、 手塚治虫さんがご存命だとしたら、もっと今風な未来を意地でも描く様な気がするのです。 また、 ストーリーも、漫画のキャラクターの演技も、なんだか大袈裟で、わざとらしく見えます。 これはAIが原因なのか、製作する人間側の問題なのかわかりませんでした。 AI手塚治虫の製作過程 漫画を読み終わった後で、製作過程の記事を読みました。 プロジェクトが始まる以前から、特集記事には書かれていました。 そもそもは、人工知能(AI)を作った会社からの提案だったそうです。 そこで、手塚治虫さんの息子の手塚眞さんや娘さんの るみ子さん等で検討し、Goとなりました。 大まかな製作過程は、以下の通りです。 もちろん、この作業は人間の手によって行われています。 その後、データとして入力され、学習することで、物語のプロットとキャラクターの原案が出来上がったそうです。 その作業は、NHKの時代劇なども手掛けているプロのシナリオライターと、手塚プロダクションのチーフアニメーターが担当しています。 プロの漫画家により、ネーム(漫画の下書き部分)が書かれ、キャラクターと背景は分担してペン入れしたと書かれています。 ただ、扉絵(表紙)のペン入れは、ロボットによって行われたそうです。 引用元: 製作過程を読んだ後の感想 「ぱいどん」が、古臭いと感じたのは、主に1970年代の手塚治虫作品をキャラクター造詣に使ったのが原因の様です。 そのため、私の中の「見たかったのはこれじゃない」感を、呼んでしまったのかも知れません。 また、実際に人の手を使っている部分が非常に多く、普通に漫画を描くよりも明らかに手間がかかっています。 実際にこれで満足というものではなく、今後可能性があるというレベルかと思いました。 実際、モーニング誌には、将来的には新人作家「AI手塚治虫」として連載させたいと予告しています。 正直言って、この作品(「ぱいどん」)の連載なら、それほど読みたくないかも。。。 いっそのこと、誰かに原作をしっかり書いてもらって、「ブラックジャック」の新作の方が読みたいと思います。 私が子供時代に読んでいた野球漫画の「プレイボール」や「キャプテン」が、他の漫画家の手によって続きが描かれています。 その漫画家のコージィ 城倉さんは、ご自身も大ファンということもあり、続編を描くにあたり「何も足さない。 何も引かない」と宣言し、その通りに実践されています。 昔のファンも納得の作品になっています。 後編も読んでみて 3/30発売のモーニング誌にて、「ぱいどん」のPhase1の後編が掲載されました。 前編に比べると、描き手の方が手慣れてきたのか、読んでいる自分が見慣れてきたのか、いずれにしても違和感は減りました。 世界初の試みでしょうし、プロジェクトとしては成功だと思います。 勿論、故人の「手塚治虫」を冠しての新作を製作するという倫理的な問題はあるとは思います。 単純に「新たなエンタメ」として、楽しめば良いのかも知れません。 ちなみに、現在「TEZUKA2020」公式サイトに「ぱいどん」全編公開されています。 AI美空ひばりが批判された理由 昨年末の「NHK紅白歌合戦」にて放送され、賛否のあった「AI美空ひばり」と比べてどうでしょうか? 私も最初に見たときは、「うわあ」と思いました。 若干の嫌悪感みたいな感覚です。 実際に、それを観た人達から様々な批判が起こりました。 ミュージシャンの山下達郎さんは「冒涜だ」という強い表現で批判されていました。 私は、その後、「AI美空ひばり」の制作過程を追ったNHKスペシャルを観て、「まあ、そこまで目くじらを立てることもないかな」とも思っています。 歌声や曲自体は、それほど悪くないと思います。 恐らく、最近のゲームに出てくるキャラクターみたいな映像が不要だったのではないでしょうか? そんなふうに許せるのは、世代的に、美空ひばりさんにそこまで思い入れがないせいかも知れません。 それでも、「倫理」という難しい壁もあります。 「亡くなった方の歌声は誰のものか?」というものです。 これがダメなら、厳密に言えば、「ものまねタレント」もダメと言うことにもなりますし。。。 まとめ 今回は、 「AI手塚治虫」が描いた漫画を、読んでみた感想と「AI美空ひばり」との関係についてご紹介しました。 AIがどんどん世の中に入り込んできています。 2045年問題と言っていましたが、実は問題自体はそれよりずっと前から起こるのかも知れません。 ちなみに「ぱいどん」の意味ですが、ソクラテスの仲間の1人だったパイドンという哲学者の名前から取られた様です。 また、哲学者プラトンに同名の著作もあり、副題の「魂の不死について」というのも、今回の「AI手塚治虫」にかかっている気がします。 最後までお読みいただいて、ありがとうございました! それでは、また次回。 c089818.

次の