木村花 出演シーン。 木村花さんは『テラハ』スタッフに煽られ死を選んだか 「カメラの前でキレろ」と指示

『テラスハウス』、問題のシーンはまだ配信中 木村花さんを怒らせた出演者の“やらせ”告発の影響は

木村花 出演シーン

一方、出演者からは「指示されていない」と、報道を否定する声もあがっている。 木村さんとともに最新シーズン「テラスハウス TOKYO 2019-2020」に出演中だった新野俊幸さんは、5月27日にツイッターで「#テラハの暴走 『事実』が大事だと思うからコメントするけど、俺は何も指示されてないよ、忖度なしで」とツイートした。 また、同じく最新シーズンに出演していた水越愛華さんも同日、インスタグラムで、一部報道について「鵜呑みにしないでほしいです」とコメント。 「過去のシーズンの事は分かりませんが、私が実際に体験した事実と異なる内容が多く書かれていて驚いています」と訴えた。 この度は、木村花さんがご逝去されたことについて、お悔やみ申し上げます。 またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します。 彼女がご逝去されたことをネットニュースで知りました。 大変驚きましたが、木村さんの気持ちを想像することはできました。 謝罪じゃなくても、「なぜあんなことをしたのか」について語るシーンなどが流されるんです。 メンバーも番組を視聴するので、自分の良くないシーンが放送されたら「挽回したい」「謝りたい」という気持ちが生まれます。 だから、木村さんにも「その後」が必ずあったと思います。 それが放送されていれば、彼女に対する視聴者のイメージは180度変わっていた可能性もあります。 今までの出演者全員が「やらせはない」って知っていると思います。 でもそれを声に出すのって結構勇気がいることなんです。 私はまだ芸能界にいますが、すでに引退した人も少なくない。 そういう人たちは守ってくれる事務所もないので、不愉快だとしても発信することは難しいと思います。 だからカメラワークについて「この場所で」とかそういう指示を受けたことはあります。 でも台本はありませんし、演出としての指示を受けたことは一度もありません。 そうしたことがあると、テラハメンバーで助け合うのが常でした。 メンバー間で話し合って、「気にしないようにしよう」とか、お互いを慰め合っていました。 木村さんの場合はコロナで収録が止まり、それができず、自宅で一人で受け止めてしまったんだと思います。 また、本業のプロレスができなかったことも大きいと思います。 自分を好きでいてくれるファンと接すると傷ついた心は回復していくものです。 彼女はその機会もコロナによって奪われてしまった。 もちろんショックを受けましたが、仲間とファンの存在が気持ちを和らげてくれました。 それに、当時は「とにかく有名になりたい」という一心だったので、純粋に自分を見てくれていることがうれしかったという気持ちもありました。 いまの率直なお気持ちを教えてください。 私はいまでも番組を愛しているので、とても残念です。 打ち切りは仕方がないことかもしれませんが、その原因について、これから議論を続けていかなければならないと思います。 「番組の製作手法が誹謗中傷を助長した」という意見もありますが、私はそうは思いません。 むしろ、スタジオメンバーのYOUさんや山里亮太さんの存在が、人間のリアルな感情や愚かさを、愛嬌のある「笑い」に変換していたと思います。 出演者が視聴者から本気で恨まれないように。 木村さんの「その後」を収録した回が見たかった。 そして、それをYOUさんや山里さんが、「笑い」に変える場面を見たかったです。 (AERA dot. タレント、作家、歌手。 2012年、「テラスハウス」に作家志望の竹内桃子として出演。 アイドルグループ「バンドじゃないもん!MAXXNAKAYOSHI」のメンバー。 著書に「刺激を求める脳」(KADOKAWA)「リスカの数だけ整形~」(ワニブックス)がある。

次の

木村花のテラハ出演シーン!今後の放送予定は?

木村花 出演シーン

・苦悩してみずから命を断ったと推測されている 現時点で彼女の死因は公表されていないが、死をほのめかすコメントを自身の公式インスタグラムに残していたことや、彼女や母親のSNSに対してをしていた人物が確認されている事から、苦悩してみずから命を断ったのではないかと推測されている。 ・誹謗中傷を書いた人たちを特定しようとする動き 木村花さんや母親のTwitterに対して執拗に誹謗中傷コメントを書き込んでいた人たちが複数いたが、木村花さんが亡くなったと報道されて以降、急に書き込みを消したり、アカウントを消すなどして「木村花さんを誹謗中傷で責め立てた」という証拠を消そうとしているといわれており、そんな行為に怒った人たちが誹謗中傷を書き込みした人たちを特定しようと行動している。 テラスハウスは同じ家に住む若者たちが恋愛の駆け引きをしながら生活を共にするという番組内容で、ヤラセなし、台本なし、シナリオなしといわれているが、実はスタッフから行動に対して指示が出ているとする説もある。 ・番組内の木村花さんの行動に視聴者が怒りか 木村花さんが亡くなる前、直近のテラスハウスの番組内で、同じ家に住む仲間と口論となり、激しく怒りをぶつけるシーンがあった。 木村花さんが大切にしていたプロレスのコスチュームがあり、それを洗濯機のなかに入れたままにしておいた。 木村花さんのコスチュームに気が付かず、他の住人が誤って洗濯をしてしまい、コスチュームの質に悪影響が出たことに対し、木村花さんが激怒したのだ。 木村花さんが激怒するようすは一部始終がテラスハウスで観ることができ、全世界に配信された。 それををしているのではないとかもいわれている。 また、そのシーンが公開される以前からも誹謗中傷ともとれる発言はあったといわれている。 しかし現在、それらの書き込みは削除されているようだ。 ・会社に内容証明送り社会的抹殺すべき 木村花さんに対して誹謗中傷や責め立てるコメントを書き込みしていた人たちに対し、多くの有名人が不快感を示すコメントをTwitterなどで公開している。 たとえばメンタリストDaiGoさん 33歳 は「」と強い不快感を示している。 ・ノンフィクションのドキュメンタリー番組とは別物 そもそもだが、テラスハウスを観て木村花さんに怒りの誹謗中傷コメントをする行為は間違いだ。 出演していたテラスハウスは恋愛リアリティー番組ではあるが、ノンフィクションのドキュメンタリー番組とはまったくの別物である。 それゆえ、リアリティさは感じられるものの「過剰な演出」や「物語の起伏」が求められ、たとえ台本がなくとも出演者には「盛り上げなくては」という駆り立てられる感情が出てくるものである。 それが解決されないまま、世界中でリアリティー番組が撮られ続け、出演者を含む番組関係者が30人以上もの人たちが死去していることを知る人は少ない。 ・ラブアイランドショーでも出演者亡くなる 海外で報じられている記事には「リアリティー番組で38人が亡くなっている」とも書かれているが、明確にリアリティー番組関係者という基準でみれば38人ではないことが判明しており、少なくとも30人以上が亡くなっているとするのが正しいだろう。 最近も男性が命を落としている。 イギリスの恋愛リアリティー番組「ラブアイランドショー」に出演していたマイク・タラシチスさん 26歳 だ。 彼はロンドンの森で亡くなっていた事が判明しており、北ロンドン検死裁判所は死因に関して、彼がみずから命を断ったと断定した。 SNSで責め立てられていたとも報じられている。 ・プロデューサー「出演者をSNS学習させる」 複数のリアリティー番組に出演していたシャーロット・ドーソンさん 47歳 も命を落としている。 日々、彼女はTwitterで誹謗中傷を受け続けていたと報じられている。 あまりにも多くの人たちが亡くなっているリアリティー番組だが、ラブアイランドショーのプロデューサーは出演者が亡くなったことを受け、出演者を守るため、SNS上のバッシングの耐性をつけるべく出演者を学習させることを約束している。 Mental health issues are not always visible. This photo was taken less than two years ago, of Love Island contestant Mike Thalassitis, and host Caroline Flack. No one suspected then that they'd both take their own lives within the next 2 years. 実際にはドラマとリアルをしっかり分けて考えてくれるファンが多いのか、黒人のファンから「大ファンだ」と言われて嬉しかったようだ。 大多数の視聴者は善良だろうが、それでも、番組でネガティブなキャラクターを披露した出演者にとって、日々の私生活にも恐怖や「敵対の目」が付きまとうものだ。 テラスハウスにも部分的に同じことが言え、それは「テラスハウスの深い闇」ともいえる。 hanadayo0903 がシェアした投稿 — 2020年 1月月8日午前12時18分PST ・誹謗中傷をしていい理由は100%ない 出演者にも、視聴者にも過激な内容になりがちなリアリティー番組だが、実は劇薬ともいえる存在。 それゆえラブアイランドのプロデューサーが出演者にSNSの対処法を教えるのは重要ポイントかもしれない。 しかしながら、それは対処療法でしかない。 そもそも、相手が誰であろうと誹謗中傷をしていい理由は100%ない。 テレビのなかの出来事をリアルに持ち出し、ムカついたからといって、誹謗中傷をする行為は絶対に許されるものではないし、幼稚な思考として言いようがない。 ・木村花さんに対する複数の「追い詰める要因」 木村花さんがみずから命を落としたのであれば、そこには複数の「追い詰める要因」があったと考えられる。 リアリティー番組が持つ性質、人を人と思わない誹謗中傷、さまざまな部分を改めて考えていくことが必要だ。 また、木村花さんとテラスハウスで共演し、口論して話題となったにバッシングの声が寄せられており、非常につらい状況となっている。 【続報】.

次の

木村花さん出演の「テラスハウス」では制作側が出演者をキャラ立ちさせていた!?: J

木村花 出演シーン

一方、出演者からは「指示されていない」と、報道を否定する声もあがっている。 木村さんとともに最新シーズン「テラスハウス TOKYO 2019-2020」に出演中だった新野俊幸さんは、5月27日にツイッターで「#テラハの暴走 『事実』が大事だと思うからコメントするけど、俺は何も指示されてないよ、忖度なしで」とツイートした。 また、同じく最新シーズンに出演していた水越愛華さんも同日、インスタグラムで、一部報道について「鵜呑みにしないでほしいです」とコメント。 「過去のシーズンの事は分かりませんが、私が実際に体験した事実と異なる内容が多く書かれていて驚いています」と訴えた。 この度は、木村花さんがご逝去されたことについて、お悔やみ申し上げます。 またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します。 彼女がご逝去されたことをネットニュースで知りました。 大変驚きましたが、木村さんの気持ちを想像することはできました。 謝罪じゃなくても、「なぜあんなことをしたのか」について語るシーンなどが流されるんです。 メンバーも番組を視聴するので、自分の良くないシーンが放送されたら「挽回したい」「謝りたい」という気持ちが生まれます。 だから、木村さんにも「その後」が必ずあったと思います。 それが放送されていれば、彼女に対する視聴者のイメージは180度変わっていた可能性もあります。 今までの出演者全員が「やらせはない」って知っていると思います。 でもそれを声に出すのって結構勇気がいることなんです。 私はまだ芸能界にいますが、すでに引退した人も少なくない。 そういう人たちは守ってくれる事務所もないので、不愉快だとしても発信することは難しいと思います。 だからカメラワークについて「この場所で」とかそういう指示を受けたことはあります。 でも台本はありませんし、演出としての指示を受けたことは一度もありません。 そうしたことがあると、テラハメンバーで助け合うのが常でした。 メンバー間で話し合って、「気にしないようにしよう」とか、お互いを慰め合っていました。 木村さんの場合はコロナで収録が止まり、それができず、自宅で一人で受け止めてしまったんだと思います。 また、本業のプロレスができなかったことも大きいと思います。 自分を好きでいてくれるファンと接すると傷ついた心は回復していくものです。 彼女はその機会もコロナによって奪われてしまった。 もちろんショックを受けましたが、仲間とファンの存在が気持ちを和らげてくれました。 それに、当時は「とにかく有名になりたい」という一心だったので、純粋に自分を見てくれていることがうれしかったという気持ちもありました。 いまの率直なお気持ちを教えてください。 私はいまでも番組を愛しているので、とても残念です。 打ち切りは仕方がないことかもしれませんが、その原因について、これから議論を続けていかなければならないと思います。 「番組の製作手法が誹謗中傷を助長した」という意見もありますが、私はそうは思いません。 むしろ、スタジオメンバーのYOUさんや山里亮太さんの存在が、人間のリアルな感情や愚かさを、愛嬌のある「笑い」に変換していたと思います。 出演者が視聴者から本気で恨まれないように。 木村さんの「その後」を収録した回が見たかった。 そして、それをYOUさんや山里さんが、「笑い」に変える場面を見たかったです。 (AERA dot. タレント、作家、歌手。 2012年、「テラスハウス」に作家志望の竹内桃子として出演。 アイドルグループ「バンドじゃないもん!MAXXNAKAYOSHI」のメンバー。 著書に「刺激を求める脳」(KADOKAWA)「リスカの数だけ整形~」(ワニブックス)がある。

次の