風邪 お酒。 風邪にお酒は薬になる?治るより悪化する原因に?

風邪の時のお酒は危険?アルコールが及ぼす影響について

風邪 お酒

風邪気味のきには「卵酒」? 秋から冬にかけてだんだんと気温が下がるこれからの季節、空気が乾燥してくると風邪が流行ってきます。 ご存知の通り、風邪はウイルスが体内に侵入し増殖することで発症します。 鼻水、のどの痛みからはじまり、さらに進行すると咳や熱がでるようになります。 風邪は引きはじめが肝心と言われますよね。 いつもと異なる体調を察知して対処することで、風邪がひどくならずにすむことがあります。 「ちょっと肌寒いなぁ」など体のサインをキャッチしたら、早めの対処法として昔から飲まれている「卵酒」をおすすめします。 言うまでもありませんが、風邪を引きそうなとき、私たちの体は免疫力が下がっている可能性が高いです。 そこで卵酒がおすすめ! 理由は、日本酒と卵の有効な栄養成分にあります。 「日本酒」の体温上昇効果で血流を促進 まず、日本酒などのアルコールは体を温める効果があり、体温が上がれば血流がよくなります。 血液は、体の約60兆個ある細胞に酸素や栄養を供給したり、細胞から老廃物を受け取ったりしています。 その血液の中に免疫細胞である白血球が含まれています。 免疫細胞(白血球)は、体の隅々を血流にのってパトロールし、体の異物処理をして体を外的から守っています。 つまり、免疫機能に作用するのです。 逆に、体温が下がって血流が悪くなると免疫細胞(白血球)の作用も弱くなり免疫力が下がりやすくなります。 ちなみに、風邪を引いたときに熱がでるのは、熱に弱いウイルスを退治しようとする働きからだそうです。 「卵」の良質なタンパク質が皮膚や粘膜を丈夫に保つ 次に、卵です。 卵は完全栄養食品といわれるように、私たちの体に必要な栄養成分(ビタミンCと食物繊維は除く)が含まれています。 特に必須アミノ酸が豊富で、卵は良質なタンパク質といわれています。 タンパク質は、体の中で消化、分解されるときのエネルギー産生が高いこともあり体温を上げる効果も大きいです。 また、風邪はウイルスが皮膚や粘膜から侵入することから始まります。 そのため、タンパク質をしっかりとって皮膚や粘膜を丈夫に保つことは、風邪予防につながるのです。 他にも、卵には、ウイルス侵入ブロック効果を高めるビタミンA、免疫細胞(白血球)を強化させるリン脂質レシチン、免疫細胞(白血球)合成を助けるビタミンB2、ビタミンB6、亜鉛が含まれています。 補足ですが、日本酒にもタンパク質、ビタミンB6、亜鉛が含まれています。 このようなことから、日本酒と卵は風邪予防に効果が高い組み合わせなのです。 ただし、完全に風邪を引いてからの卵酒はNG! ただし、完全に風邪を引いてからは、卵酒は飲まないほうが良いでしょう。 なぜなら、アルコールが質の良い睡眠を妨げてしまうから。 ぐっすり眠ったほうが回復力が高まります。 また、薬を飲んでいる人であれば、薬が効きにくくなったり、薬の副作用が出たりする可能性も大きいのでご注意ください。 季節の変わり目は気温差が大きくなります。 「ちょっと肌寒いなぁ」と感じたときは、「卵酒」で風邪予防をいたしましょう。

次の

【講師のホンネ】風邪とお酒にまつわるウワサは本当? (1/2ページ)

風邪 お酒

お酒が大好きなかたなら、体調不良だろうが、病気になろうが、『お酒が毎日の楽しみで、大好きだから飲む!』なんてかたもいます。 確かに 「酒は百薬の長」という言葉が昔からあって、良薬よりも効果がある薬なんていう風にも言われていますよね。 では風邪を引いた時に飲むお酒というのは、風邪を早く治す効果が期待できるということなのか。 私の知人にも、お酒が大好きで、風邪を引いたときには、あえて飲酒をするかたもいます。 そして、風邪が治った頃には、「風邪を引いたら、やっぱりお酒だよ。 」と自信満々に言ってきます。 しかし風邪を引いてから、完治して復活するまでは、大体いつも3週間ぐらい。。 「お酒を飲まなければ、もっと早く治るのでは・・」とツッコミを入れてしまいたくもなります。 このようにお酒と健康に関しては、様々な意見がありますが、やはりお酒と風邪というのは、相性が悪いようで、 お酒を飲まずに安静にしているほうが、よっぽど早く治るようです。 でもお酒が大好きなかたは、なぜ風邪を引いたときには、お酒が体に悪いのか!?がとっても気になりますよね。 という事で今回は、 風邪を引いたときにお酒を飲んでしまうと風邪が悪化してしまう5つの原因について詳しくご紹介していきます。 では早速皆さんで確認していきましょう。 睡眠の質が下がってしまう! この5つであります。 すべて風邪を早く治すためには、上記のポイントを良くしていく必要があるのですが、残念ながらお酒のせいで悪化してしまうのです。 もちろん、治りも遅くなってしまいます。 では順番に詳しく5つの原因を確認していきましょう。 1、栄養素が失われてしまう! 風邪を引いて、体の免疫力が低下し、ウィルスに体が侵されてしまうと、 熱や頭痛、喉の痛み、鼻水、下痢などが発生します。 そんな体の状態でも、ウィルスを体内から追い出すために、ウィルスと必死になって戦い続けて、体はエネルギーを消費します。 そのため、体力がなくなってしまわないように、 消化の良い栄養素が高い食べ物を食べる事が、体の免疫力を維持するには大切です。 しかし、アルコールを摂取してしまうと… このように、せっかく栄養素を取り入れたとしても、アルコールのせいで、栄養素が失われてしまい、蓄えることが全くできないのです。 アルコールが体に悪いということは、皆さんご存知かと思いますが、なぜアルコールが体に悪いのか?には様々な理由はありますが、今回のことをお伝えするために、一つ例に挙げると、お酒を飲むと、 胃や腸の内側を覆っている細胞を損傷させてしまい、栄養素を取り入れることが出来なくなってしまうからです。 野菜やサプリメントなどで、バランスよく栄養素を摂取しているかたでも、常日頃からお酒を飲んでいると、その苦労も水の泡となってしまい、病気にかかってしまうなんて事も十分あるのです。 そのため、栄養素を取り入れて、栄養素を失わないためにも、風邪のときに、お酒を飲むのはNG!ですね。 このように喉を痛めてしまう原因をアルコールは作ってしまうのです。 アルコール度数が高いお酒を飲んだときに、喉が熱くなって「カーッ」となった経験はありませんか。 または、お酒を飲んだ次の日に、声がガラガラになってしまった経験はありませんか。 これぜ~んぶ、アルコールによって喉を痛めてしまったからなんです。 風邪を引いてしまったときに、喉の痛みがなくても、お酒を飲んでしまい、喉の痛みが発生してしまい、その後も お酒を飲み続けて、喉が炎症してしまい、声がガラガラになって、なかなか治らなかった。。 また風邪も悪化してしまった。。 なんて話しもあります。 やはり、喉のためにも風邪のときはお酒はNG!なんですね。 4、免疫力が低下してしまう! 「ストレスが溜まったから、今日はお酒だっ!」なんてかたもいますが、実はこれって、とっても危険なんです。 というのも、 ストレスが発散されているように、感じるだけで、体内では免疫システムが崩壊していき、免疫力低下の原因となっているからです。 特にお酒を習慣的に飲み続けているかたは、肝臓の休む暇が、まったくない状態といえます。 常に肝臓がアルコールを分解するのに必死になって、活動をしていると、 肝臓休暇がなくなってしまい、免疫細胞が息を切らせてしまい、結果的に免疫力低下に繋がってしまうのです。 このように肝臓と免疫力というのは、密接な関係性をもっているため、肝臓がギブアップしてしまうと、免疫低下に伴い、風邪も引きやすくなり、もちろん風邪も治りにくいのです。 毎日お酒を飲まないかたでも、風邪を引いているときには、特に肝臓機能が低下しているため、お酒は控えて、免疫力を整えることを意識しましょう。 といった、風邪を悪化させてしまう原因をもたらせてしまいます。 また アルコールが体内に残った状態で、風邪薬を飲んでしまうと、薬の効果が軽減してしまうといったデメリットもあります。 冒頭でお伝えした、「酒は百薬の長」には実は 『酒は百薬の長 されど万病の元』と続きがあって、お酒は結果的には、病気の原因を作ってしまう・・といった昔から伝わる言葉だったのです。 風邪を引いているときでも、引いていないときでも、お酒を飲まないに越したことはないようですね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、風邪を引いたときにお酒を飲んでしまうと悪化してしまう原因についてご紹介してきました。 その原因は5つあって…• 栄養素が失われてしまう!.

次の

お酒をよく飲む人は風邪をひきにくい? (4ページ目):左党の一分:日経Gooday(グッデイ)

風邪 お酒

日本の研究では、飲む頻度が多いほど風邪をひきにくい結果に 3つ目の研究は、日本の東北大学のコホート研究「仙台卸商研究」である。 899人の中年の勤労者を対象に、過去1年間の風邪罹患の有無と、生活習慣を調査し、生活習慣と風邪罹患の関係を調査した研究だ(BMC Public Health. 2012;12:987. 対象者の55. 4%が過去1年間に1回以上の風邪を経験していた。 そして、飲酒頻度が高くなるほど、風邪罹患リスクは減少していた。 「一番風邪をひきにくかったのは『毎日お酒を飲む人』で、次いで『週4~6回』、そして『週3回以下』という結果が得られました。 飲む頻度が多いほど、風邪をひきにくい、つまり『お酒を飲む回数が多いと風邪の予防に役立つ可能性がある』という結果になったのです」(大谷さん) 899人の中年の勤労者を対象に、生活習慣と風邪罹患の関係を調査した結果。 一番風邪をひきにくかった人は、毎日お酒を飲む人だった。 (BMC Public Health. 2012;12:987. ) 日本の研究からも、飲酒は風邪の予防に役立つ可能性があるという結果が得られていた! そして、お酒を頻繁に飲む人ほど風邪をひきにくい、つまり 重要なのは「お酒を飲む頻度」ということだ。 スペインの研究でも、ワイン限定とはいえ同様の傾向が確認できている。 なぜ飲酒は風邪の予防に役立つのか? では、飲酒が風邪のリスク軽減につながっているのは、どういったメカニズムによるものなのだろうか。 「スペインの研究では、赤ワインに含まれるポリフェノールが関係しているのではと考察していましたが、東北大学の研究で被験者たちが飲んでいたのはビールや焼酎がメインです。 アルコールの血管拡張作用などによってライノウイルスの主たる感染場所である鼻の温度が上がり、増殖が妨げられているのではないかと考えられます」と大谷さんは話す。 そういえば、自分も含め、周囲の酒豪たちは真冬でもほぼ薄着のような気がするが、それはやっぱりアルコールによる血管拡張効果が影響しているのかも? このほか、お酒を飲むことによるストレス軽減効果も関係しているのではないかと大谷さんは話す。 「イギリスの研究結果で、ストレス度が高い人ほど風邪をひきやすいという結果が出ています。 新年早々、お酒の「ポジティブ」な効果をご報告できてうれしい限りである。 先にクギを刺しておくが、いくら風邪の予防になるからといって、飲み過ぎはNGである。 では、どういった飲み方がいいのか、気になるところだろう。 そこで次回は、大谷さんのお勧めするお酒の飲み方から、酒と一緒に併せてとりたい食べ物、そして大谷さんが実践している日々の風邪予防対策までをご紹介する。 併せて読めば今年は風邪知らず! (図版:増田真一).

次の