転職 サイト 50 代。 60代で転職は全然遅くない!シニアの求人倍率やメリット・注意点を解説!

関西の【50代】を含む求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

転職 サイト 50 代

もしエージェントにサポートを断られてしまっても、 「」などの転職サイトで優良企業の募集が見つかる場合もあるので落ち込まずに頑張りましょう! 以下では、目的と状況別にどのように転職サービスを選ぶべきかをご説明します。 キャリアに自信のない人は複数登録で失敗率を最小限に 50代でキャリアに自信のない人は複数の転職エージェント・転職サイトに登録しましょう! 50歳以降の求人案件は、 20代・30代と比べて数が圧倒的に少ないです。 そのため、信頼できるエージェントに複数登録し、 少しでも多くの50代向け求人案件を見つけることが重要です。 転職に成功した50代の方は、平均して2社以上の転職エージェント・転職サイトに登録していたことがわかっています。 とはいえ、転職サービスってたくさんあってどこを利用すればいいのかわからないですよね。 そんな方のために、実際に 転職に成功した50代の方が利用していた転職エージェント・転職サイト・派遣求人サイトをまとめました。 キャリアに自身のない方は下記のうちから 2社以上に登録して、あなたにあった求人を見つけましょう。 どの転職エージェントも 登録自体は3分程度で、費用は無料です。 まずは気軽にプロに相談してみてくださいね。 エグゼクティブ向けの転職エージェントには『総合転職エージェント』と『ヘッドハンティング型転職エージェント』の2つがあります。 すぐに転職したい人向け:総合転職エージェント• じっくり転職したい人向け:ヘッドハンティング型転職エージェント 基本的にはあなたの状況に合った転職エージェントを利用すべきです。 ただし、時間に余裕があるのであれば、両方のタイプの転職エージェントに登録してキャリアアドバイスを受けてみることをおすすめします。 失敗の確率を最小限に抑え、希望の転職を実現するためには下記から2社以上に登録することをおすすめします。 ヘッドハンティング型転職エージェント ヘッドハンティング型という、エグゼクティブ転職特有の形式の転職エージェントもあります。 総合転職エージェントと異なり、あなたに専任のキャリアコンサルタントは付きません。 あなたの条件に合わせてキャリアコンサルタント(ヘッドハンター)からスカウトの連絡がきて、転職を進めていきます。 ヘッドハンティング型転職エージェントのメリットは、 エグゼクティブ求人の中でもハイクラスなExclusive案件と出会えることです。 Exclusive案件は会社の重要な事業戦略・機密情報に関連しており、公にしにくいため、限られたヘッドハンティング型のエージェントにのみ求人依頼が出されます。 そのため、総合転職エージェントのデータベースには掲載されていない ハイクラスな案件と出会えることも多いのがヘッドハンティング型転職エージェントの特徴です。 この章では、ハイキャリアの50代が登録すべき転職エージェントを紹介していきますね! 1. ビズリーチ キャリアに自信のある50代の方には、ヘッドハンティング型転職エージェントの『』もおすすめです。 登録をしてスカウトを待つだけで、高収入のハイクラス求人を紹介してもらえるので…、 「今は忙しいけど…、良い求人があれば転職したい!」という50代の方にに、おすすめの転職サービスです。 『ビズリーチ』では、登録している 2,500人以上のヘッドハンターが「あなた」の代わりにハイクラス求人を探してくれます。 キャリアに自信がある人にとっては、 登録をしてスカウトを待つだけなので、手間がかからないというのが最大のポイントです! ただ、 転職市場の価値が低いと求人提案をしてもらえない可能性があるので注意が必要です。 この章では、50代で転職に成功、失敗した人の例を紹介していきますね! 50代の正社員転職は男性女性ともに難しい? 50代の転職経験者にアンケートをとったところ、転職を後悔している人やうまく行かなかった人の意見も見受けられました。 もちろん、50代の転職に成功している人もいますが、40代までに比べて厳しい現実が待ち構えています。 なぜなら、年功序列の日本社会では、転職先企業の給与規定・実績から50代の給料は高く設定されますが、50代は体力面・健康面で不安要素が多いためです。 安い給料で長く働ける20代・30代が優先的に採用されていくため、50代の方が普通に転職をしても、なかなか採用されない、という結果に…。 アンケートにも、• 「書類がなかなか通らない」• 「年収が半分以下になってしまった…」• 「正社員から非正規雇用に…」 という意見がちらほら見受けられたので、転職を考えている50代の方はプロに相談しつつ慎重に転職活動を進めましょう。 転職活動では転職エージェントの担当の方と相談をして40社ほどに応募をしました。 その中で書類選考に通過したのは3社のみでしたが、そのうち1社の旅行会社から高評価を得ることができ、内定をいただきました。 入社当初は年収は下がり、雇用形態も契約社員でしたが、入社後の努力が認められてか、正社員になることができました。 担当キャリアアドバイザーの方からは、面接対策だけでなく、入社後の実践的なアドバイスをいただきました。 「自分の市場価値を把握し、会社に求められることを全力で行う」というのが重要なのではないかと思います。 また、年収が下がってしまう人の割合が3割、転職前と転職後の年収が同じという人が3割から4割という結果に。 年収アップにこだわるのであれば、同じ業界・同じ職種への転職が理想的です。 未経験の職種でも転職できる? 50代で未経験の職種への転職はなかなか厳しいのが現実です。 未経験の職種となると、転職活動の際にアピールする実績やスキルが圧倒的に足りません。 50代の転職では、やる気や体力など具体性に欠けるアピールでは転職に成功することは難しいでしょう。 50代では、未経験の職種よりも、これまでの経験やスキルが活かせる同職種の方が採用される可能性は高いです。 とはいえ、中には未経験でも可能な、50代にニーズのある職種や非正規雇用の仕事もあります。 まずは転職エージェントに登録して探してみましょう!.

次の

【50代におすすめ】転職エージェント・サイト9選!中高年なら利用必須

転職 サイト 50 代

目次【クリックして移動できます】• 50代の転職は可能なのか? 転職するなら35歳までに…というのが転職の常識でした。 年齢が上がるにつれ求人・転職成功率ともに減少していく現実があるからです。 40代・50代の転職で未経験ともなると絶望的というのが一般的な考え方でした。 しかしここ数年でミドル世代の転職市場が変化しています。 大手企業である森下仁丹が専門性・経験・年齢不問の求人を出した「第四新卒募集」では若者にはない豊富な社会人経験とリーダーシップ、マネジメント能力を求めて40代から50代のミドル世代をたくさん採用してきました。 今、40~50代の転職に目を向ける企業が増加傾向にあります。 しかし、50代の転職にはそれなりのリスクもある事も覚悟しなければいけません。 50代の転職は可能。 しかしリスクも踏まえた上で慎重に行うべきという事です。 50代の転職の成功率 dodaによる転職成功者の年齢調査では転職年齢は年々増加傾向にあり、40歳以上の転職成功者は2014年時点で過去最高になりました。 2007年下半期を1とした場合、5. 4倍にもなっています。 50代の転職の成功率も年々上がっていると思ってもよいでしょう。 ある50代男性の転職体験では、応募社数が60社に対して内定獲得は6社だったそうです。 この方の場合は転職成功率10パーセントというところでしょうか。 50代の転職はスキルや能力に大幅に左右されるため、一概に成功率何パーセントとは言えないですが 10パーセントぐらいを覚悟しておいた方がいいかもしれません。 50代の転職の現実…リスクを把握 50代の転職にはリスクもあります。 現実をしっかり把握してから転職に踏み切るようにしましょう。 50代転職のリスク• なかなか転職が決まらないことが多い• 正社員になれるとは限らない• 年収が下がる可能性もある• スキルや能力がないと希望の職種に転職することは厳しい• 望まない職種になってしまう可能性もある 20代・30代とは違い転職市場で50代に求めるものは 「高いマネジメント能力」「リーダーシップ」「専門的なスキル」「豊富な経験」です。 これらがない場合は、かなり厳しいリスクがあることを覚えておかなければいけません。 50代からの転職を成功させるためのポイント 50代の転職は可能ですが、現実には失敗している人も多数います。 50代の転職は人生で最後の転職となる可能性が高く、定年で退職するまでその仕事をし続けることになります。 失敗しないように転職活動は慎重に行いましょう。 ここでは50代の転職を成功させるためのポイントを見ていきましょう。 50代の転職を成功させるポイント• 自分のスキルや経験を活かせる職種にする• 転職活動は在職中に進める• 年収が下がるのは覚悟する ポイント1:自分のスキルや経験を活かせる職種にする 50代の転職で企業が求めるものの第一位は「豊富な経験」です。 企業は50代にポテンシャルは求めていません。 すでに豊富な経験とスキルを持つ即戦力として採用したいのです。 その分野で長い間培った経験とスキルは必ず評価されます。 50代の転職成功の一番の近道は自分の持っている経験とスキルを活かせる仕事を優先する事といえるでしょう。 ポイント2:転職活動は在職中に進める 50代の転職は長期化する傾向があります。 現職を辞めてしまってから転職活動をすると無職の状態が長く続く可能性があるので避けるべきです。 在職中に転職活動を進めておくと、もし無理だった場合でも現在の会社で仕事を続けることができるので安心です。 無職の状態で長い期間転職活動をしていると焦りや現実的な生活費の問題で「とりあえず何でもいいから仕事しよう」という気持ちになり、結果的に納得のいく転職ができない場合があります。 50代の転職はとにかく慎重に、長い時間をかけて行う事を頭に入れておきましょう。 ポイント3:年収が下がるのは覚悟する 50代を採用する企業の「50代を採用する理由」の第10位には「給与を安く抑えられる」というものがあります。 50代の既存社員よりも抑えた給与で、同等の経験とスキルを持った社員を迎えることが50代採用における企業のメリットのひとつなのです。 前職の年収にこだわり過ぎると、転職が上手く行かない場合があります。 よほど高いスキルや経験を持っていて切望されて転職するのではない限り、 ある程度の年収ダウンは理解しておくべきでしょう。 50代・50歳からの転職で成功しやすい人・失敗しがちな人 50代の転職の成功率は高くないのが現実です。 成功する人よりも多く失敗する人もいます。 50代の転職では上手く行きやすい人と失敗しがちな人が分かれています。 では両者にはどんな違いがあるのでしょうか? 50代の転職…こんな人は失敗しがち 50代の転職で失敗しがちな人は下記のような場合です。 50代の転職で失敗しがちな人• 現職で役職に就いていない• 転職先の分野でのスキルや経験がない• 固定概念が強く、環境適応能力がない• 対人関係能力が低い 現職で役職についていない 50代になれば役職についている場合が多いですが、転職の際に現職で役職についていない場合は 「現職での仕事ぶりが評価されていない」と判断され、転職にはマイナス要因になります。 年功序列で役職につくこともありますが、役職についているという事は会社からの評価ですので50代で役職がない場合は「何か問題があるのか?」「評価されていない人材なのか?」という印象になってしまします。 転職先の分野でのスキルや経験がない 50代の採用の最大の決め手は「豊富な経験」です。 その分野での経験とスキルが50代の転職において最大の武器になります。 それがないという事は採用する企業側のメリットが激減してしまいます。 他のメリットでカバーできる場合はいいですが、スキルや経験がない事は大きなマイナス要因である事には変わりありません。 固定概念が強く環境適応能力がない 50代を採用する企業側は、 自社に馴染んで定着し若手社員の教育も行えるような人材になる事を期待しています。 前職のやり方でないとできない・環境に馴染めないなどとなるといくら経験が豊富でも問題です。 長年同じ環境にいたことで固定概念が強くなってしまう50代ですが、転職するとなれば固定概念は捨て新しい環境に適応していかなければいけません。 対人関係能力が低い 50代の転職で懸念されることが、既存の社員との関係です。 いくら50代とは言え転職先では新人ですので自分より年下の人が上司になることも当然あります。 そんな状況でも周りの社員と上手くやっていけるだけの 対人関係能力は必要不可欠です。 50代の転職…こんな人は上手くいきやすい 50代の転職で成功しやるい人は下記のような場合です。 50代の転職で成功しやすい人• 現職で役職に就いており、スキルや経験もある• 専門性の高い知識や経験がある• モラルのある人柄• 柔軟な考え方で固定概念がない 現職で役職についており、スキルや経験もある 現職で役職についていないと失敗しやすいと説明しましたが、役職がついているからと言ってそれだけで上手くいくとは限りません。 役職とともにスキルや経験もあるのが企業側の理想です。 役職がついていることで前職でも信用されていた人物たと見なされ、さらに「50代を採用する理由」の第一位である豊富な経験とスキルがあるならば、50代でも転職成功する可能性は高いといえるでしょう。 専門性の高い知識や経験がある 50代を採用する理由の中に「高い専門性」があります。 長年培われた専門性の高い熟練した知識は、若手にはないミドル~シニア層特有のものであり需要があります。 専門性の高い分野での知識やスキルは転職成功の大きな武器となるでしょう。 モラルのある人柄 50代の転職では モラルや責任感といった人柄もとても重視されます。 50代の転職では人柄だけで採用される事はないですが、長い社会人生活で培ったモラルと責任感は50代の転職ではとても有利に働くでしょう。 柔軟な考え方で固定概念がない 50代を採用する企業は 「環境に適応できるか」「定着が期待できるか」「対人関係能力に問題がないか」という部分をチェックしています。 固定概念が強いと扱いにくいので、固定概念がなく柔軟な考え方をできることも50代の転職で成功しやすい人の特徴です。 50代で転職した人の実際の体験談 50代からの転職や再就職は非常に難しいといわれる中、成功して無事転職した人たちがいます。 しかし、残念ながら失敗し「こんなことなら転職しなければよかった・・・」という人たちもいるでしょう。 ここでは実際に50代で転職した人の体験談を集めてみました。 50代で転職成功した人の体験談 希望とは違うジャンルへ転職 【転職成功までの経緯】 約1年近くの転職活動の後、11社目にて成功しました。 私の場合、最初は求人サイトなどを利用して応募していましたが、書類選考の時点で全滅です。 自分を売り込むということが苦手だったこともあり、年齢もかなり邪魔していたのだと思います。 しかし、転機はコンサルタントがつくエージェントサイトを利用したことです。 いろいろ相談やアドバイスをいただく中で、自分でも気づいていなかった価値を見つけてくれました。 当初の希望とはまったく違うジャンルへの転職となりましたが、結果的に満足しています。 自分にはこんな可能性もあったのだと・・・。 【転職成功者としてのアドバイス】 「自分はこうだ!」と決め付けず、新しいジャンルへ飛び込むことも大切だと思います。 何よりも、自分の活躍できる場を見つけられるよう、改めて自分を客観視してみてください。 新しい自分に気づけるかもしれません。 短所を長所へ変えることで転職成功にこぎつけました。 【転職成功までの経緯】 海外で仕事をしてみたく、そういった企業を中心に半年ほど転職活動をしました。 しかし、ことごとく不採用です。 海外勤務というと活発で活動的な印象がいいらしく、おとなしい印象を持たれる私は不向きと判断されていたようです。 そんな時、エージェントサイトの担当者に「短所は違う方向から見れば長所になります」というアドバイスをいただき、目からうろこ。 転職が成功した企業には、「おとなしく見えることもまた長所である」ことを伝え好印象を得られました。 【転職成功者としてのアドバイス】 たいしたアドバイスではありませんが、求人の幅を広げるためにも自分単独で求職活動しないことです。 エージェントサイトに複数登録することで選べるジャンルも増え、さらに担当からのアドバイスによって成功への手助けをしてもらうのが、転職成功への近道だと思っています。 IT企業の役員を退職。 コンサルタント業として地道に活動しています。 【転職までの経緯】 ベンチャー企業の幹部として頑張ってきましたが、トップとの折り合いが悪く干され退職に追い込まれることになったのがきっかけです。 そこからは転落の一方でした。 やる気がおきず、たいした転職活動もせずにふさぎこんでいましたね。 結局、体調不良で行った病院で「欝」の診断をされてしまい、自覚がなかっただけにショックでした。 現在は体調も回復し、以前の取引先との付き合いから相談役としてコンサル的なことを個人でやっています。 年収は半分以下になり将来が不安です。 転職としては失敗ですが、日々の生活は穏やかだと感じています。 【失敗した原因は?反省点はこれ】 元々ハイキャリア組だったこともあり、転職によって収入が一気に落ち込むのは痛いです。 前職を退職してからの転職活動ではなく、折り合いが悪くなってきたころから次を探し行動に移すべきでした。 業績悪化により仕事は増えるが給料は減る!そこから抜け出したはずでした。 【転職までの経緯】 努めていた会社の業績が悪化し、部下も一人また一人と辞めていきました。 その分の仕事を自分が引き受け、常にフルで仕事をしていたように思います。 何人分も働いていましたが、最終的には給料カット。 このままではまずいと転職を決意しました。 すぐにエージェントサイトへ登録しましたが、年収は今より低いものばかりでパッとしません。 そんな時、知り合いから持ちかけられて求人の条件がよく、簡単な面接で転職を決めました。 役職もつき年収も今と変わらないというだけで、かなりの好条件だと思ってしまったのです。 結果、役職はただの肩書きで平社員扱いでした。 権限もなく値下げ交渉に明け暮れる日々。 こんなはずじゃなかった・・・。 【失敗した原因は?反省点はこれ】 きちんとしたサポートもなく、就職先のリサーチもせずに安易に決めてしまったことが一番の原因だと思います。 やはり、きちんとした人材紹介を利用したほうがいいということと、就職する企業の中身を見るべきです。 企業の現状を把握してから決めても遅くはありません。 【50代の転職】企業が求める人材・評価・重視ポイントとは マイナビ転職の調査では「50代を採用する理由」は上記のようになっています。 50代の転職は圧倒的に「豊富な経験を活かせる仕事」が有利だという事がわかります。 次いで専門性・人柄・人脈・若手社員の指導などです。 50代が採用されやすい求人は「管理職層」でマネジメント経験が豊富な人材は評価が高い傾向にあります。 どの企業でもマネジメントや管理で力を発揮する人材は不足しており、50代の人材が持っている経験・スキルには需要があるのです。 50代におすすめの転職サイト・エージェント それでは、50代におすすめの転職エージェントをご紹介しましょう。 50代からの転職サービスはサイトではなくコンサルタントがつくエージェントがおすすめです。 50代が転職しやすいブルーカラーに強い:doda(デューダ) ミドルシニア層に特化した転職サービス 40~50代のミドルシニア層に特化した転職サービスもご紹介します。 フロム40[FROM40] 40代~50代のミドルシニア層に特化した転職サイトです。 エージェント機能はないですがエグゼクティブから介護まで40~50代の転職に多い職種を幅広く網羅しており、一般の転職サイトで50代向けの求人を探すよりもスムーズに求人を探すことができます。 大手転職サイトに比べると求人数は少ないですが、50代で転職を考えるなら目を通しておいて損はないでしょう。 enミドルの転職 enが運営するミドル層向けのハイクラス転職サイトです。 専門分野に精通した多数のエージェントの求人を抱えていて、応募する際はそのエージェントを通して応募する仕組みです。 経験豊富なハイクラス向けなので、異業種転職には向かないですが今までの経験を活かす転職をしたい50代におすすめです。 50代で未経験職種への転職は可能か? 50代の転職市場では今までの豊富な経験やマネジメント能力を武器に同業種での転職が最も多く、かつ成功しやすい転職のしかたです。 50代での未経験職種への転職は可能ではありますがリスクがあり注意が必要です。 50代で未経験職種へ転職するリスクを見ていきましょう。 50代で未経験職種へ転職するリスク• 覚えが悪いので慣れるのに時間がかかる• せっかく培った今までのスキルや経験を捨てることになる• 年収が著しく下がる• 転職活動が長期化する可能性が高い• 転職できる職種が限られている 上記のリスクを念頭に置き、それでも未経験職種へ転職したい場合は50代でも転職できる可能性の高い職種を選びましょう。 50代未経験でも転職しやすい職種と年収 ここでは50代で未経験職種へ転職する場合におすすめの職種を見ていきましょう。 タクシードライバー 体力的に厳しい面はあるものの、未経験で50代でも採用されやすい仕事の筆頭といえます。 そもそもタクシードライバー業界は年齢層が高く、50代でもそれほど高齢な部類には入りません。 車の運転技術さえあれば、未経験でも十分に採用される可能性があります。 [年収の目安]…平均438万円 マンション管理人 ご夫婦で就業可能な場合、マンション管理人も有力候補のひとつです。 とくに「夫婦住み込み管理人」の求人はかなり多く、最近の管理人不足と相まって50代でも十分に応募可能です。 そもそも若年層が実質的に応募不可能な求人もあるため、50代以上におすすめの職種です。 [年収の目安]…平均200万円 他のサービス業と同様、人手不足に直面しているが、その実情はほとんど知られていないのが、マンション管理業界だ。 たとえば東京の城西地区を軸に展開する大手管理会社は、物件に必要な 管理人がつねに15%程度不足しているという。 引用元:東洋経済ONLINE 清掃系の仕事 気楽にかつ、そこそこ働きたい、という50代の方におすすめなのが清掃系。 年下の部下や同僚にあれこれ指示されることも少なく、自分のペースで黙々と仕事ができます。 年齢も、50代以上をターゲットにしていることが多く、若年層との競争が発生しないので転職しやすい職種です。 [年収の目安]…平均240万円 警備員の仕事 50代未経験でも採用されやすい仕事のひとつである警備の仕事。 「警備員」の仕事は50代で未経験から挑戦する職種の代表格です。 未経験の中高年でも採用されやすく、給与水準も他の未経験職種に比べると高いことから人気の職種です。 またワークライフバランスも取りやすく、50代でも同世代が多く溶け込みやすい仕事です。 [年収の目安]…平均308万円 50代の転職のその後|新しい職場でうまくやっていけているか? 50代の転職においての懸念事項のひとつに「転職先の職場でうまくやっていけるのか?」というものがあります。 実際にあった転職後の話と転職先でよくある話をご紹介します。 転職先でよくある話 ~こんな転職者は嫌われる~ 転職した後、新しい仕事先でよくあるトラブルは「先にいた社員(先輩)たちとの相性」です。 50代や50歳からの転職となると、新しい職場では年下の先輩がたくさんいることになります。 そんな環境で上手くやっていけるかどうかがポイントになります。 「前職ではこうだった!」という過去の栄光を偉そうに語って引かれる 50代まで会社勤めをしていれば、何かしらの役職に就き、部下を抱えて仕事をしてきた人は多いでしょう。 しかし、あなたが以前の職場でどんなに輝かしい役職に就いていたとしても、それは過去の話であって今の職場では関係のないことです。 それを得意げに自慢されても・・・周囲の人からは煙たがられるだけです。 同じアピールするにしても、過去は控えめなアピールにとどめ、これから新天地で頑張る!という積極性と謙虚さをアピールしましょう。 「今時の若いもんは」と年齢を盾にした上から目線な態度や言動をして関係が悪くなる 今の世の中、年功序列は通用しません。 若くても仕事ができればどんどん上に上がれる時代です。 「若いくせに」「経験も未熟」といった年齢を理由にした上から目線は絶対にNGです。 いくつになっても学ぶ心を持ち続けたいですね。 上記が嫌われる転職者に多い内容です。 企業側の優遇がよくても、一緒に働く仲間との折り合いが悪ければ、結局居心地は悪くなっていくものです。 「あの人、何様?!」といわれないように、お互いが気持ちよく働けるよう経験を生かしつつ良い人間関係を築く努力をしましょう。 50代が考えるべき「定年後の働き方」と3つの選択肢 定年退職や現役引退した後は余生。 悠々自適に「年金で生活」という、これまでの人生モデルでは通用しなくなりつつあるという見解が有力と見られています。 懸念されるのは「長すぎる老後の経済的不安」です。 公的年金や介護保険など、制度側の努力だけで対応しようとすることは無理ですし、計画的に貯蓄や資産運用を行っているとしても、多くの人にとってはそれでもまだ不十分でしょう。 仮に今、60歳で定年を迎え、65歳まで雇用延長で働く、といったプランニングをされている場合、65歳 将来的には75歳ともいわれている まで働いたとしても、残り35年 25年 ほどは現役引退後の余生になります。 公的年金の受給開始年齢は引き上げられ、近年の少子化を考えると年金受給額の減額や医療費の自己負担増大も十分に考えられます。 つまり、「今よりも長く働く」ことを考えなければならなくなっているということです。 まずどうすれば収入を得る期間 現役時代 を長くして、収入がない期間(現役引退後)を短くすることができるのかを自身の状況にあわせてプランニングすることが重要なのです。 では、60歳で定年を迎えた後も働き続けるとした場合、どのような選択肢があるのかを見ていきましょう。 様々な選択肢がありますが、大きく分けると3つの選択肢に分かれます。 継続雇用制度 再雇用 を使ってそのまま続ける• 経験と人脈を活かして 転職・再就職する• 独立・起業する 自営業になる 継続雇用制度 再雇用 を使ってそのまま現職を続ける 平成25年より厚生年金の受給開始年齢が引き上げられることに対応し、高年齢者雇用安定法が改正されました。 高年齢者雇用安定法とは『高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境の整備を目的として改正されたもの』です。 つまり、原則としてすべての企業に対し 「定年制の廃止」や「定年の引上げ」、「継続雇用制度の導入」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を義務付け、 60歳以降であっても希望すれば働けるという事です。 平成29年度現在の実態としては、以下のようになっています。 「65 歳定年」は 15. 「66 歳以上定年」は 1. 「定年制の廃止」は 2. 希望者全員が65歳以上まで働ける企業の割合は大企業・中小企業合わせて75. 6%ほどでした。 継続雇用制度には「勤務延長」と「再雇用」の2パターンあり、働き方はどちらも同じですが、大きな違いは 退職金が有るか無いかです。 再雇用は一度退職する形になるので、退職金が支払われることになります。 実態としては、「勤務延長」よりも「再雇用制度」を採用する企業が8割程度を占めるようです。 再雇用の現実 では、定年後に継続雇用している人は、全体に対してどれぐらいの比率でしょうか。 調査によれば、継続雇用された人の割合は84. つまり、2割弱の人は定年を機に退職しています。 定年を迎えて継続雇用された場合、正社員ではなく、嘱託・契約社員などの期限のある契約となるのが主流です。 そして、7割の会社では 契約の期限は「1年」です。 契約の更新は1年単位で契約を結び直すという形で、 働けるのは「65歳」までと考えた方が良いでしょう。 収入に関しては、企業によっても幅はありますが、社員並みとは行きません。 定年時から3割~5割以上ダウンするという調査結果が出ています。 要するに、定年時の給与のおよそ5~7割ほどの収入になると覚悟しておいた方がよいでしょう。 ここまでの内容を見てみると• 高齢者の雇用にあたり,定年の引上げを行っている企業は少なく、継続雇用制度の導入が主流• 雇用形態は正社員ではなく、嘱託・契約社員などが主流• 雇用契約は1年単位で更新され、契約は65歳までとするところが多い• 賃金は定年退職時の5~7割が目安 つまり、「制度により、働く体力と意欲を見せれば65歳まで働くことはできる。 ただし、契約は1年単位で更新され、収入は定年時の5割まで減ることもある」ということです。 しかし、再雇用で最もつらいことは雇用形態や収入面よりも、実はほかにあるようです。 引き続き、今までと同じ職場で働くので、何となく気楽に働けると思っているとイメージしている人もいるでしょう。 しかし、 現実はそんな気楽なものではないようです。 定年後の再雇用により、それまで管理職の立場で責任や権限を与えられていた人が、役職がなくなり責任も権限もなくなります。 場合によっては年下の上司に仕えることにもなります。 いくら上司と部下の立場が逆転したからといって、手のひらを返したような扱われ方をすることはないでしょう。 ただ、日本の多くの企業では、 まだ再雇用の制度が成熟していません。 そのため、 再雇用された人をどのように扱えばいいのか、年下の上司や職場の同僚も困ってしまうことがあります。 既に 管理職ではなく、何の権限もないので、もし自分よりも経験の浅い上司が何か困っていても、アドバイスはしにくい。 進んで雑用をしようと思っても、周りの同僚に気を使われてしまい、やらせてもらえない。 結果 「何をすればいいのか分からない」という事になり、窓際族になってしまう。 職場に居場所がないように感じてしまい、働くことへのモチベーションを維持することが難しくなってしまい、退職を考える方もいるようです。 経験や人脈を活かし同業種・異業種へ転職する 東京商工リサーチの調査によると、2000年以降に「早期退職・希望退職」を募集した上場企業は1343社にのぼりました。 2010年にJAL 日本航空 は経営破綻により、18,000人の規模で希望退職を募集しました。 2018年にはNECが3000人規模の人員削減で4度目の早期退職者を募集するなど、大企業、上場企業の状況を俯瞰してみると、日本の終身雇用制度は、すでに崩壊しているといえるでしょう。 そこで 「終身雇用に依存しないキャリアプランを立てる」ことも第二の人生としての選択肢といえるでしょう。 いったん退職し、 同じ業種の競合他社に転職しても良いですし、 これまでとは異なる業種を選ぶというパターンもあります。 転職には再雇用にはないメリットがあります• 気分を一新してフレッシュな気持ちで働くことができる• 過去の経歴にも左右されず白紙の状態から働くことも可能• 40代の転職成功者は、5年前と比較すると6倍になっています。 企業は人手が不足しており、 50歳を過ぎていても活躍できる人材を求めています。 今までの人脈を生かし、関係会社や取引先、もしくは縁故で仕事先を見つけるケースもありますが、つてがなく自分で探すという人もいます。 ハローワークで転職先を探す人もいれば、シルバー人材センターに登録する方法もあります。 転職サイトや転職エージェントに登録し、コンサルタントにサポートをしてもらいながら転職先を探すという方法もあります。 いずれも、ご自身に合った方法で、 自分にとって不都合なタイミングで退職を迫られる前に、自分が選んだタイミングで退職できるよう、今のうちからセカンドキャリアについてのライフプランニングしてみましょう。 独立・起業する 自営業になる 上記2つの選択肢以外に、独立起業するという選択肢もありますが、最初から起業を考える人は少数派でしょう。 ただ、シニア世代の方が起業する場合、多くの方が持っている企業のイメージとは 内容や目指す部分、起業の仕方など全く違う場合があります。 シニア起業の特徴として.

次の

50代向け転職エージェント全解説|現実の失敗例から学ぶ成功への最短コース

転職 サイト 50 代

目次【クリックして移動できます】• 50代の転職は可能なのか? 転職するなら35歳までに…というのが転職の常識でした。 年齢が上がるにつれ求人・転職成功率ともに減少していく現実があるからです。 40代・50代の転職で未経験ともなると絶望的というのが一般的な考え方でした。 しかしここ数年でミドル世代の転職市場が変化しています。 大手企業である森下仁丹が専門性・経験・年齢不問の求人を出した「第四新卒募集」では若者にはない豊富な社会人経験とリーダーシップ、マネジメント能力を求めて40代から50代のミドル世代をたくさん採用してきました。 今、40~50代の転職に目を向ける企業が増加傾向にあります。 しかし、50代の転職にはそれなりのリスクもある事も覚悟しなければいけません。 50代の転職は可能。 しかしリスクも踏まえた上で慎重に行うべきという事です。 50代の転職の成功率 dodaによる転職成功者の年齢調査では転職年齢は年々増加傾向にあり、40歳以上の転職成功者は2014年時点で過去最高になりました。 2007年下半期を1とした場合、5. 4倍にもなっています。 50代の転職の成功率も年々上がっていると思ってもよいでしょう。 ある50代男性の転職体験では、応募社数が60社に対して内定獲得は6社だったそうです。 この方の場合は転職成功率10パーセントというところでしょうか。 50代の転職はスキルや能力に大幅に左右されるため、一概に成功率何パーセントとは言えないですが 10パーセントぐらいを覚悟しておいた方がいいかもしれません。 50代の転職の現実…リスクを把握 50代の転職にはリスクもあります。 現実をしっかり把握してから転職に踏み切るようにしましょう。 50代転職のリスク• なかなか転職が決まらないことが多い• 正社員になれるとは限らない• 年収が下がる可能性もある• スキルや能力がないと希望の職種に転職することは厳しい• 望まない職種になってしまう可能性もある 20代・30代とは違い転職市場で50代に求めるものは 「高いマネジメント能力」「リーダーシップ」「専門的なスキル」「豊富な経験」です。 これらがない場合は、かなり厳しいリスクがあることを覚えておかなければいけません。 50代からの転職を成功させるためのポイント 50代の転職は可能ですが、現実には失敗している人も多数います。 50代の転職は人生で最後の転職となる可能性が高く、定年で退職するまでその仕事をし続けることになります。 失敗しないように転職活動は慎重に行いましょう。 ここでは50代の転職を成功させるためのポイントを見ていきましょう。 50代の転職を成功させるポイント• 自分のスキルや経験を活かせる職種にする• 転職活動は在職中に進める• 年収が下がるのは覚悟する ポイント1:自分のスキルや経験を活かせる職種にする 50代の転職で企業が求めるものの第一位は「豊富な経験」です。 企業は50代にポテンシャルは求めていません。 すでに豊富な経験とスキルを持つ即戦力として採用したいのです。 その分野で長い間培った経験とスキルは必ず評価されます。 50代の転職成功の一番の近道は自分の持っている経験とスキルを活かせる仕事を優先する事といえるでしょう。 ポイント2:転職活動は在職中に進める 50代の転職は長期化する傾向があります。 現職を辞めてしまってから転職活動をすると無職の状態が長く続く可能性があるので避けるべきです。 在職中に転職活動を進めておくと、もし無理だった場合でも現在の会社で仕事を続けることができるので安心です。 無職の状態で長い期間転職活動をしていると焦りや現実的な生活費の問題で「とりあえず何でもいいから仕事しよう」という気持ちになり、結果的に納得のいく転職ができない場合があります。 50代の転職はとにかく慎重に、長い時間をかけて行う事を頭に入れておきましょう。 ポイント3:年収が下がるのは覚悟する 50代を採用する企業の「50代を採用する理由」の第10位には「給与を安く抑えられる」というものがあります。 50代の既存社員よりも抑えた給与で、同等の経験とスキルを持った社員を迎えることが50代採用における企業のメリットのひとつなのです。 前職の年収にこだわり過ぎると、転職が上手く行かない場合があります。 よほど高いスキルや経験を持っていて切望されて転職するのではない限り、 ある程度の年収ダウンは理解しておくべきでしょう。 50代・50歳からの転職で成功しやすい人・失敗しがちな人 50代の転職の成功率は高くないのが現実です。 成功する人よりも多く失敗する人もいます。 50代の転職では上手く行きやすい人と失敗しがちな人が分かれています。 では両者にはどんな違いがあるのでしょうか? 50代の転職…こんな人は失敗しがち 50代の転職で失敗しがちな人は下記のような場合です。 50代の転職で失敗しがちな人• 現職で役職に就いていない• 転職先の分野でのスキルや経験がない• 固定概念が強く、環境適応能力がない• 対人関係能力が低い 現職で役職についていない 50代になれば役職についている場合が多いですが、転職の際に現職で役職についていない場合は 「現職での仕事ぶりが評価されていない」と判断され、転職にはマイナス要因になります。 年功序列で役職につくこともありますが、役職についているという事は会社からの評価ですので50代で役職がない場合は「何か問題があるのか?」「評価されていない人材なのか?」という印象になってしまします。 転職先の分野でのスキルや経験がない 50代の採用の最大の決め手は「豊富な経験」です。 その分野での経験とスキルが50代の転職において最大の武器になります。 それがないという事は採用する企業側のメリットが激減してしまいます。 他のメリットでカバーできる場合はいいですが、スキルや経験がない事は大きなマイナス要因である事には変わりありません。 固定概念が強く環境適応能力がない 50代を採用する企業側は、 自社に馴染んで定着し若手社員の教育も行えるような人材になる事を期待しています。 前職のやり方でないとできない・環境に馴染めないなどとなるといくら経験が豊富でも問題です。 長年同じ環境にいたことで固定概念が強くなってしまう50代ですが、転職するとなれば固定概念は捨て新しい環境に適応していかなければいけません。 対人関係能力が低い 50代の転職で懸念されることが、既存の社員との関係です。 いくら50代とは言え転職先では新人ですので自分より年下の人が上司になることも当然あります。 そんな状況でも周りの社員と上手くやっていけるだけの 対人関係能力は必要不可欠です。 50代の転職…こんな人は上手くいきやすい 50代の転職で成功しやるい人は下記のような場合です。 50代の転職で成功しやすい人• 現職で役職に就いており、スキルや経験もある• 専門性の高い知識や経験がある• モラルのある人柄• 柔軟な考え方で固定概念がない 現職で役職についており、スキルや経験もある 現職で役職についていないと失敗しやすいと説明しましたが、役職がついているからと言ってそれだけで上手くいくとは限りません。 役職とともにスキルや経験もあるのが企業側の理想です。 役職がついていることで前職でも信用されていた人物たと見なされ、さらに「50代を採用する理由」の第一位である豊富な経験とスキルがあるならば、50代でも転職成功する可能性は高いといえるでしょう。 専門性の高い知識や経験がある 50代を採用する理由の中に「高い専門性」があります。 長年培われた専門性の高い熟練した知識は、若手にはないミドル~シニア層特有のものであり需要があります。 専門性の高い分野での知識やスキルは転職成功の大きな武器となるでしょう。 モラルのある人柄 50代の転職では モラルや責任感といった人柄もとても重視されます。 50代の転職では人柄だけで採用される事はないですが、長い社会人生活で培ったモラルと責任感は50代の転職ではとても有利に働くでしょう。 柔軟な考え方で固定概念がない 50代を採用する企業は 「環境に適応できるか」「定着が期待できるか」「対人関係能力に問題がないか」という部分をチェックしています。 固定概念が強いと扱いにくいので、固定概念がなく柔軟な考え方をできることも50代の転職で成功しやすい人の特徴です。 50代で転職した人の実際の体験談 50代からの転職や再就職は非常に難しいといわれる中、成功して無事転職した人たちがいます。 しかし、残念ながら失敗し「こんなことなら転職しなければよかった・・・」という人たちもいるでしょう。 ここでは実際に50代で転職した人の体験談を集めてみました。 50代で転職成功した人の体験談 希望とは違うジャンルへ転職 【転職成功までの経緯】 約1年近くの転職活動の後、11社目にて成功しました。 私の場合、最初は求人サイトなどを利用して応募していましたが、書類選考の時点で全滅です。 自分を売り込むということが苦手だったこともあり、年齢もかなり邪魔していたのだと思います。 しかし、転機はコンサルタントがつくエージェントサイトを利用したことです。 いろいろ相談やアドバイスをいただく中で、自分でも気づいていなかった価値を見つけてくれました。 当初の希望とはまったく違うジャンルへの転職となりましたが、結果的に満足しています。 自分にはこんな可能性もあったのだと・・・。 【転職成功者としてのアドバイス】 「自分はこうだ!」と決め付けず、新しいジャンルへ飛び込むことも大切だと思います。 何よりも、自分の活躍できる場を見つけられるよう、改めて自分を客観視してみてください。 新しい自分に気づけるかもしれません。 短所を長所へ変えることで転職成功にこぎつけました。 【転職成功までの経緯】 海外で仕事をしてみたく、そういった企業を中心に半年ほど転職活動をしました。 しかし、ことごとく不採用です。 海外勤務というと活発で活動的な印象がいいらしく、おとなしい印象を持たれる私は不向きと判断されていたようです。 そんな時、エージェントサイトの担当者に「短所は違う方向から見れば長所になります」というアドバイスをいただき、目からうろこ。 転職が成功した企業には、「おとなしく見えることもまた長所である」ことを伝え好印象を得られました。 【転職成功者としてのアドバイス】 たいしたアドバイスではありませんが、求人の幅を広げるためにも自分単独で求職活動しないことです。 エージェントサイトに複数登録することで選べるジャンルも増え、さらに担当からのアドバイスによって成功への手助けをしてもらうのが、転職成功への近道だと思っています。 IT企業の役員を退職。 コンサルタント業として地道に活動しています。 【転職までの経緯】 ベンチャー企業の幹部として頑張ってきましたが、トップとの折り合いが悪く干され退職に追い込まれることになったのがきっかけです。 そこからは転落の一方でした。 やる気がおきず、たいした転職活動もせずにふさぎこんでいましたね。 結局、体調不良で行った病院で「欝」の診断をされてしまい、自覚がなかっただけにショックでした。 現在は体調も回復し、以前の取引先との付き合いから相談役としてコンサル的なことを個人でやっています。 年収は半分以下になり将来が不安です。 転職としては失敗ですが、日々の生活は穏やかだと感じています。 【失敗した原因は?反省点はこれ】 元々ハイキャリア組だったこともあり、転職によって収入が一気に落ち込むのは痛いです。 前職を退職してからの転職活動ではなく、折り合いが悪くなってきたころから次を探し行動に移すべきでした。 業績悪化により仕事は増えるが給料は減る!そこから抜け出したはずでした。 【転職までの経緯】 努めていた会社の業績が悪化し、部下も一人また一人と辞めていきました。 その分の仕事を自分が引き受け、常にフルで仕事をしていたように思います。 何人分も働いていましたが、最終的には給料カット。 このままではまずいと転職を決意しました。 すぐにエージェントサイトへ登録しましたが、年収は今より低いものばかりでパッとしません。 そんな時、知り合いから持ちかけられて求人の条件がよく、簡単な面接で転職を決めました。 役職もつき年収も今と変わらないというだけで、かなりの好条件だと思ってしまったのです。 結果、役職はただの肩書きで平社員扱いでした。 権限もなく値下げ交渉に明け暮れる日々。 こんなはずじゃなかった・・・。 【失敗した原因は?反省点はこれ】 きちんとしたサポートもなく、就職先のリサーチもせずに安易に決めてしまったことが一番の原因だと思います。 やはり、きちんとした人材紹介を利用したほうがいいということと、就職する企業の中身を見るべきです。 企業の現状を把握してから決めても遅くはありません。 【50代の転職】企業が求める人材・評価・重視ポイントとは マイナビ転職の調査では「50代を採用する理由」は上記のようになっています。 50代の転職は圧倒的に「豊富な経験を活かせる仕事」が有利だという事がわかります。 次いで専門性・人柄・人脈・若手社員の指導などです。 50代が採用されやすい求人は「管理職層」でマネジメント経験が豊富な人材は評価が高い傾向にあります。 どの企業でもマネジメントや管理で力を発揮する人材は不足しており、50代の人材が持っている経験・スキルには需要があるのです。 50代におすすめの転職サイト・エージェント それでは、50代におすすめの転職エージェントをご紹介しましょう。 50代からの転職サービスはサイトではなくコンサルタントがつくエージェントがおすすめです。 50代が転職しやすいブルーカラーに強い:doda(デューダ) ミドルシニア層に特化した転職サービス 40~50代のミドルシニア層に特化した転職サービスもご紹介します。 フロム40[FROM40] 40代~50代のミドルシニア層に特化した転職サイトです。 エージェント機能はないですがエグゼクティブから介護まで40~50代の転職に多い職種を幅広く網羅しており、一般の転職サイトで50代向けの求人を探すよりもスムーズに求人を探すことができます。 大手転職サイトに比べると求人数は少ないですが、50代で転職を考えるなら目を通しておいて損はないでしょう。 enミドルの転職 enが運営するミドル層向けのハイクラス転職サイトです。 専門分野に精通した多数のエージェントの求人を抱えていて、応募する際はそのエージェントを通して応募する仕組みです。 経験豊富なハイクラス向けなので、異業種転職には向かないですが今までの経験を活かす転職をしたい50代におすすめです。 50代で未経験職種への転職は可能か? 50代の転職市場では今までの豊富な経験やマネジメント能力を武器に同業種での転職が最も多く、かつ成功しやすい転職のしかたです。 50代での未経験職種への転職は可能ではありますがリスクがあり注意が必要です。 50代で未経験職種へ転職するリスクを見ていきましょう。 50代で未経験職種へ転職するリスク• 覚えが悪いので慣れるのに時間がかかる• せっかく培った今までのスキルや経験を捨てることになる• 年収が著しく下がる• 転職活動が長期化する可能性が高い• 転職できる職種が限られている 上記のリスクを念頭に置き、それでも未経験職種へ転職したい場合は50代でも転職できる可能性の高い職種を選びましょう。 50代未経験でも転職しやすい職種と年収 ここでは50代で未経験職種へ転職する場合におすすめの職種を見ていきましょう。 タクシードライバー 体力的に厳しい面はあるものの、未経験で50代でも採用されやすい仕事の筆頭といえます。 そもそもタクシードライバー業界は年齢層が高く、50代でもそれほど高齢な部類には入りません。 車の運転技術さえあれば、未経験でも十分に採用される可能性があります。 [年収の目安]…平均438万円 マンション管理人 ご夫婦で就業可能な場合、マンション管理人も有力候補のひとつです。 とくに「夫婦住み込み管理人」の求人はかなり多く、最近の管理人不足と相まって50代でも十分に応募可能です。 そもそも若年層が実質的に応募不可能な求人もあるため、50代以上におすすめの職種です。 [年収の目安]…平均200万円 他のサービス業と同様、人手不足に直面しているが、その実情はほとんど知られていないのが、マンション管理業界だ。 たとえば東京の城西地区を軸に展開する大手管理会社は、物件に必要な 管理人がつねに15%程度不足しているという。 引用元:東洋経済ONLINE 清掃系の仕事 気楽にかつ、そこそこ働きたい、という50代の方におすすめなのが清掃系。 年下の部下や同僚にあれこれ指示されることも少なく、自分のペースで黙々と仕事ができます。 年齢も、50代以上をターゲットにしていることが多く、若年層との競争が発生しないので転職しやすい職種です。 [年収の目安]…平均240万円 警備員の仕事 50代未経験でも採用されやすい仕事のひとつである警備の仕事。 「警備員」の仕事は50代で未経験から挑戦する職種の代表格です。 未経験の中高年でも採用されやすく、給与水準も他の未経験職種に比べると高いことから人気の職種です。 またワークライフバランスも取りやすく、50代でも同世代が多く溶け込みやすい仕事です。 [年収の目安]…平均308万円 50代の転職のその後|新しい職場でうまくやっていけているか? 50代の転職においての懸念事項のひとつに「転職先の職場でうまくやっていけるのか?」というものがあります。 実際にあった転職後の話と転職先でよくある話をご紹介します。 転職先でよくある話 ~こんな転職者は嫌われる~ 転職した後、新しい仕事先でよくあるトラブルは「先にいた社員(先輩)たちとの相性」です。 50代や50歳からの転職となると、新しい職場では年下の先輩がたくさんいることになります。 そんな環境で上手くやっていけるかどうかがポイントになります。 「前職ではこうだった!」という過去の栄光を偉そうに語って引かれる 50代まで会社勤めをしていれば、何かしらの役職に就き、部下を抱えて仕事をしてきた人は多いでしょう。 しかし、あなたが以前の職場でどんなに輝かしい役職に就いていたとしても、それは過去の話であって今の職場では関係のないことです。 それを得意げに自慢されても・・・周囲の人からは煙たがられるだけです。 同じアピールするにしても、過去は控えめなアピールにとどめ、これから新天地で頑張る!という積極性と謙虚さをアピールしましょう。 「今時の若いもんは」と年齢を盾にした上から目線な態度や言動をして関係が悪くなる 今の世の中、年功序列は通用しません。 若くても仕事ができればどんどん上に上がれる時代です。 「若いくせに」「経験も未熟」といった年齢を理由にした上から目線は絶対にNGです。 いくつになっても学ぶ心を持ち続けたいですね。 上記が嫌われる転職者に多い内容です。 企業側の優遇がよくても、一緒に働く仲間との折り合いが悪ければ、結局居心地は悪くなっていくものです。 「あの人、何様?!」といわれないように、お互いが気持ちよく働けるよう経験を生かしつつ良い人間関係を築く努力をしましょう。 50代が考えるべき「定年後の働き方」と3つの選択肢 定年退職や現役引退した後は余生。 悠々自適に「年金で生活」という、これまでの人生モデルでは通用しなくなりつつあるという見解が有力と見られています。 懸念されるのは「長すぎる老後の経済的不安」です。 公的年金や介護保険など、制度側の努力だけで対応しようとすることは無理ですし、計画的に貯蓄や資産運用を行っているとしても、多くの人にとってはそれでもまだ不十分でしょう。 仮に今、60歳で定年を迎え、65歳まで雇用延長で働く、といったプランニングをされている場合、65歳 将来的には75歳ともいわれている まで働いたとしても、残り35年 25年 ほどは現役引退後の余生になります。 公的年金の受給開始年齢は引き上げられ、近年の少子化を考えると年金受給額の減額や医療費の自己負担増大も十分に考えられます。 つまり、「今よりも長く働く」ことを考えなければならなくなっているということです。 まずどうすれば収入を得る期間 現役時代 を長くして、収入がない期間(現役引退後)を短くすることができるのかを自身の状況にあわせてプランニングすることが重要なのです。 では、60歳で定年を迎えた後も働き続けるとした場合、どのような選択肢があるのかを見ていきましょう。 様々な選択肢がありますが、大きく分けると3つの選択肢に分かれます。 継続雇用制度 再雇用 を使ってそのまま続ける• 経験と人脈を活かして 転職・再就職する• 独立・起業する 自営業になる 継続雇用制度 再雇用 を使ってそのまま現職を続ける 平成25年より厚生年金の受給開始年齢が引き上げられることに対応し、高年齢者雇用安定法が改正されました。 高年齢者雇用安定法とは『高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境の整備を目的として改正されたもの』です。 つまり、原則としてすべての企業に対し 「定年制の廃止」や「定年の引上げ」、「継続雇用制度の導入」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を義務付け、 60歳以降であっても希望すれば働けるという事です。 平成29年度現在の実態としては、以下のようになっています。 「65 歳定年」は 15. 「66 歳以上定年」は 1. 「定年制の廃止」は 2. 希望者全員が65歳以上まで働ける企業の割合は大企業・中小企業合わせて75. 6%ほどでした。 継続雇用制度には「勤務延長」と「再雇用」の2パターンあり、働き方はどちらも同じですが、大きな違いは 退職金が有るか無いかです。 再雇用は一度退職する形になるので、退職金が支払われることになります。 実態としては、「勤務延長」よりも「再雇用制度」を採用する企業が8割程度を占めるようです。 再雇用の現実 では、定年後に継続雇用している人は、全体に対してどれぐらいの比率でしょうか。 調査によれば、継続雇用された人の割合は84. つまり、2割弱の人は定年を機に退職しています。 定年を迎えて継続雇用された場合、正社員ではなく、嘱託・契約社員などの期限のある契約となるのが主流です。 そして、7割の会社では 契約の期限は「1年」です。 契約の更新は1年単位で契約を結び直すという形で、 働けるのは「65歳」までと考えた方が良いでしょう。 収入に関しては、企業によっても幅はありますが、社員並みとは行きません。 定年時から3割~5割以上ダウンするという調査結果が出ています。 要するに、定年時の給与のおよそ5~7割ほどの収入になると覚悟しておいた方がよいでしょう。 ここまでの内容を見てみると• 高齢者の雇用にあたり,定年の引上げを行っている企業は少なく、継続雇用制度の導入が主流• 雇用形態は正社員ではなく、嘱託・契約社員などが主流• 雇用契約は1年単位で更新され、契約は65歳までとするところが多い• 賃金は定年退職時の5~7割が目安 つまり、「制度により、働く体力と意欲を見せれば65歳まで働くことはできる。 ただし、契約は1年単位で更新され、収入は定年時の5割まで減ることもある」ということです。 しかし、再雇用で最もつらいことは雇用形態や収入面よりも、実はほかにあるようです。 引き続き、今までと同じ職場で働くので、何となく気楽に働けると思っているとイメージしている人もいるでしょう。 しかし、 現実はそんな気楽なものではないようです。 定年後の再雇用により、それまで管理職の立場で責任や権限を与えられていた人が、役職がなくなり責任も権限もなくなります。 場合によっては年下の上司に仕えることにもなります。 いくら上司と部下の立場が逆転したからといって、手のひらを返したような扱われ方をすることはないでしょう。 ただ、日本の多くの企業では、 まだ再雇用の制度が成熟していません。 そのため、 再雇用された人をどのように扱えばいいのか、年下の上司や職場の同僚も困ってしまうことがあります。 既に 管理職ではなく、何の権限もないので、もし自分よりも経験の浅い上司が何か困っていても、アドバイスはしにくい。 進んで雑用をしようと思っても、周りの同僚に気を使われてしまい、やらせてもらえない。 結果 「何をすればいいのか分からない」という事になり、窓際族になってしまう。 職場に居場所がないように感じてしまい、働くことへのモチベーションを維持することが難しくなってしまい、退職を考える方もいるようです。 経験や人脈を活かし同業種・異業種へ転職する 東京商工リサーチの調査によると、2000年以降に「早期退職・希望退職」を募集した上場企業は1343社にのぼりました。 2010年にJAL 日本航空 は経営破綻により、18,000人の規模で希望退職を募集しました。 2018年にはNECが3000人規模の人員削減で4度目の早期退職者を募集するなど、大企業、上場企業の状況を俯瞰してみると、日本の終身雇用制度は、すでに崩壊しているといえるでしょう。 そこで 「終身雇用に依存しないキャリアプランを立てる」ことも第二の人生としての選択肢といえるでしょう。 いったん退職し、 同じ業種の競合他社に転職しても良いですし、 これまでとは異なる業種を選ぶというパターンもあります。 転職には再雇用にはないメリットがあります• 気分を一新してフレッシュな気持ちで働くことができる• 過去の経歴にも左右されず白紙の状態から働くことも可能• 40代の転職成功者は、5年前と比較すると6倍になっています。 企業は人手が不足しており、 50歳を過ぎていても活躍できる人材を求めています。 今までの人脈を生かし、関係会社や取引先、もしくは縁故で仕事先を見つけるケースもありますが、つてがなく自分で探すという人もいます。 ハローワークで転職先を探す人もいれば、シルバー人材センターに登録する方法もあります。 転職サイトや転職エージェントに登録し、コンサルタントにサポートをしてもらいながら転職先を探すという方法もあります。 いずれも、ご自身に合った方法で、 自分にとって不都合なタイミングで退職を迫られる前に、自分が選んだタイミングで退職できるよう、今のうちからセカンドキャリアについてのライフプランニングしてみましょう。 独立・起業する 自営業になる 上記2つの選択肢以外に、独立起業するという選択肢もありますが、最初から起業を考える人は少数派でしょう。 ただ、シニア世代の方が起業する場合、多くの方が持っている企業のイメージとは 内容や目指す部分、起業の仕方など全く違う場合があります。 シニア起業の特徴として.

次の