弔電 の 出し 方。 弔電に適した敬称一覧表!亡くなられた方の呼び方と読み方を紹介

弔電の送り方とは?宛名や宛先や連名の場合どうしたらいい?

弔電 の 出し 方

弔電を送る手順 弔電は通夜や告別式に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを伝えるものです。 どちらかに参加できる場合は、弔電を用意する必要はありません。 家族葬の場合や、「香典・供花・供物は辞退いたします」といった案内がある場合、弔電は送っても問題がないとされています。 弔電には電話注文や郵便局、インターネットで申し込む方法があります。 電話で注文する場合は115番にかけて、オペレーターとやりとりをしながら文面や台紙などを決定します。 19時までに申し込めば当日に配達してくれるので、緊急時に便利なのがメリットです。 郵便局で申し込む方法には、手書きの文字を送れたり、追跡サービスで配達状況を確認できたりするメリットがあります。 電話をかける時間がない人や、送る前に完成形のプレビューを確認したい人などには、インターネットからの申し込みがおすすめです。 画面上で弔電の台紙を選ぶことができ、文章も例文を参考にしながら記入できます。 インターネットでの申し込み手順 台紙 最も一般的な厚紙を使用した弔電です。 蓮を描いたものや、そよ風をイメージしたもの、水面を描いたものなど、さまざまなデザインがあるので、送る相手に合わせてセレクトします。 価格が安く設定されているので、関係性があまり深くない人など、お付き合いや形式的に送るときに利用されることが多いタイプです。 布張り電報 電報の表紙に布を使用した上品なタイプで、台紙タイプの電報よりも重厚感があります。 故人がお世話になった上司の場合、あるいは差出人がある程度の役職に就いている場合などにおすすめです。 刺繍電報 花の刺繍が施された、上品さと高級感のある電報です。 価格は5000円前後と比較的高めですが、故人との関係性が深い場合などに向いています。 高級電報 電報の中には銀の箔押しが入っている高級タイプのものがあり、金沢の銀箔を全面に施した1万円以上の最高級電報もあります。 故人が特別な人の場合に、送ると良いでしょう。 キリスト教向け電報 キリスト教を信仰している人に送る電報です。 送る文面には「供養」「冥福」「成仏」「ご愁傷様」などの仏教用語が使えないので、注意しましょう。 お供えセット電報 故人やご家族と親しく、弔電とともにちょっとした供物を送りたいときに重宝します。 線香やろうそく、お焼香などがセットになったものがあります。 選ぶ際のポイント 電話で申し込むタイプの電報では、文字数に応じて細かく料金が設定されています。 一方、民間の電報サービスでは、料金体系が文字数換算になっていないタイプが多く見られます。 文字数によって料金が変わらないサービスでは、300文字など文字数に上限があるものの、ある程度の文量であれば気にせずに書くことができます。 マナーを守って悼む気持ちを伝えましょう 通夜や告別式に参列できないとき、悲しみの気持ちを伝えられるのが弔電です。 必ず送らなければならないものではありませんが、故人と関係が深かった場合などは、送るのが礼儀でしょう。 葬儀に参列できなかった人から弔電を受け取ると、その人が故人の死を悼んでいる気持ちを、遺族も知ることができます。 せっかく弔電を出すなら、間違いはなくしたいもの。 いざというときに慌てないためにも、今のうちからマナーを覚えておくと安心です。

次の

NTT東日本・NTT西日本の弔電の送り方・申し込みの方法

弔電 の 出し 方

参列マナー 作成日:2014年03月10日 更新日:2020年01月22日 弔電の送り方は?葬儀の際に送るお悔やみ電報の料金・文例やマナー• この記事は小さなお葬式が書いています 弔電(ちょうでん)は、お葬式に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを伝えるために送る、葬儀の電報です。 弔電とお悔やみの電報は同じ意味で、どちらの言い方でも依頼できます。 「宛先や差出人名はどうするのか」「どんな内容を書けばいいのか」と悩まれる方は多いのではないでしょうか。 この記事では、突然の訃報(ふほう)で時間がない中でも、スムーズに気持ちのこもったお悔やみの電報を送ることができるように、弔電の送り方や料金、宗教ごとの文例、マナーなどをご紹介します。 参考動画:弔電(ちょうでん)とは?送り方とマナー【小さなお葬式 公式】 動画が見られない場合は NTT・郵便局・インターネットで申し込める 弔電を送るにあたって、葬儀の日時が迫っている方・相談しながら決めたい方は、 115番に電話をかけNTTを利用するのがおすすめです。 19時までの申込みであれば全国当日中の配達が可能で、弔電のメッセージなどが決まっていない場合でもオペレーターが臨機応変に対応してくれます。 また、24時間受付可能なインターネットサービスも利用できます。 WEBフォームから入力した情報は完成イメージとして表示されるため、電報の内容を確認しながら手配できます。 依頼先によって、当日配達可能な受付時間は異なるため、必ず葬儀の日程や時間を確認してから申込先を決めて送りましょう。 ・ ・ 料金は3,000円~5,000円程度 弔電の料金は、電報に記載する文字数と台紙の種類によって異なり、3,000~5,000円程度です。 台紙はメッセージカードのみ、うるしやちりめんで装飾されたもの、花や線香が付随したものなど、金額や種類は様々です。 弔電の台帳の選び方としては、亡くなった方との関係性(ビジネスの相手に送るのか、個人的に送るのか)や金額で決めます。 ビジネスの相手に送る場合は、華美すぎず、安すぎない見た目の台紙を選びます。 価格は3,000円程度が目安です。 個人で送る場合は、香典として渡す金額に見合うものがよいでしょう。 一例として、3,000円の香典を渡す間柄であれば安価なもの〜1,500円程度、5,000円であれば2,000〜3,000円程度が目安となります。 弔電の文例 まずは弔電の宛先、宛名、差出人の書き方をお伝えした後に、亡くなった方が仏教・神道・キリスト教の場合の各文例をご紹介します。 宛先 弔電は葬儀が執り行われる自宅や葬儀場などに送ります。 事前に送り先の住所と電話番号を確認しておきましょう。 どこで行われるのか分からない場合は、喪家宛に送りますが、受取りに不備がないよう 弔電を送る際には一報を入れるようにしましょう。 葬儀開始までに喪主宛に送るのが一般的ですが、友人宛に励ましの気持ちを込めて送ることもできます。 宛名 一般的に弔電の宛名は喪主名にして送ります。 (例)友人の父親が亡くなった場合、母親が喪主であれば 「(母親の名前)様方」 また特定の個人に向けて送りたい場合は、喪主名の横に記載します。 (例)友人本人に宛てる場合 「(喪主の名前)様方・(友人の名前)様」 斎場では複数の葬儀が行われることもあり、苗字だけでは他家と混ざってしまう可能性もあるため、 宛名はフルネームで記載するようにしましょう。 喪主が分からない場合は 「(故人名)様ご遺族様」「(故人名)様ご一同 様」宛でも問題ありません。 差出人 差出人の表記は遺族側が見てわかりやすいよう、 差出人名と故人との関係を一言添えるのが丁寧です。 学校・会社関係者など複数人や連名で出す場合は、代表者と関係者の名前を記載するとよいでしょう。 もうあの笑顔にお会いできないのかと思うと、悲しくてなりません。 在りし日のお姿を偲び、心安らかな眠りにつかれますようからお祈りいたします。 田中 次郎(〇〇大学 〇〇年卒 学友) 弔電の文例について、他にも知りたい方はこちらのページを参考にしてください。 参考: 弔電の書き方で気を付けたいこと 弔電に記載する内容は決まりがなく、自由に作成する事ができますが、マナーとして知っておきたいことがあります。 故人の名前は敬称で表す 故人に対して敬意を込め、弔電には故人の名前を敬称で、故人との続柄を表現しましょう。 故人と受取人との関係 故人の敬称 受取人の実父 ご尊父様/お父様 受取人の実母 ご母堂様/お母様 受取人の配偶者 ご主人様/ご令室様 受取人の義父・義母 ご岳父様/ご岳母様 受取人の子 ご子息/お嬢様 受取人の兄弟/姉妹 ご令兄様(ご令弟様)/ご令姉様(ご令妹様) 忌み言葉は避ける 「重ね重ね」や「たびたび」などの重ね言葉の他、「九」や「四」のように音が不吉な言葉、「死ぬ」や「生きる」など直接的に生死を表す言葉は、忌み言葉(いみことば)としてふさわしくない表現とされています。 また、 仏教以外の方に送る場合は、「仏」「冥福」「成仏」「ご愁傷様」「供養」「往生」「冥途」などの 仏教用語は避けるようにしましょう。 キリスト教の方に送る場合は、上記に加え 「お悔やみを申し上げます」という言葉は不要とされています。 プライベートな話題は避ける 弔電では、亡くなった方の個人的な話題に関する内容は記載しないほうが無難です。 遺族が知らなかったことで、あとからトラブルとなる可能性もあるためです。 弔電でお悔やみと励ましの気持ちを伝える 弔電は故人に対してのお悔やみの言葉であると共に、遺族に対する励ましでもあります。 参列できない場合に必ず送らなければならないものではありませんが、故人との繋がりが深い場合には送るのが礼儀とされています。 また、弔電だけですませるのではなく、後日改めて弔問するまたは手紙を送るなどの配慮をするとよいでしょう。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

弔電の送り方|いざというときのために知っておきたい手順とマナー

弔電 の 出し 方

見出し• 斎場?自宅?弔電の宛先について 突然の訃報を受けたとき、仕事などの都合で通夜や告別式に行けないことがあるでしょう。 その場合は故人をいたわり、遺族へお悔みの気持ちを伝えるためにも、弔電を送りましょう。 弔電とは、通夜や告別式にどうしても参列できない場合に、故人の遺族に弔意を表す電報のことです。 弔電は一般的に、通夜や告別式に間に合うように、開始時間までに送るのがマナーです。 告別式の際に、喪主より弔電が読み上げられるのが一般的なので、その時間までに手配しなければなりません。 弔電の手配が遅くなると、相手が受け取れない可能性があるため、失礼にあたります。 告別式に参列できないことがわかっているなら、事前に通夜などの開始時間を確認して、弔電を早めに手配しましょう。 弔電を送る際に注意すべきは宛先です。 自宅へ送るべきか、斎場へ送るべきか迷う人が多いですが、一般的には葬儀を行う場所へ送るのが基本とされています。 自宅で葬儀を行うなら自宅へ送れば大丈夫ですが、葬儀場など別の場所で葬儀を行う場合は、その場所へ弔電を送るようにしましょう。 最近は葬儀場でお葬式を行う人も増えてきているため、事前にきちんと場所を確認しておく必要があります。 ただし、葬儀場がわからない場合は、自宅へ送ってもかまいません。 その場合は、受け取りに不備がないように、あらかじめ喪家へ伝えておくと良いでしょう。 弔電を送る際は、相手に迷惑をかけることがないように、確実に受け取ってもらえるように配慮することが大切です。 基本は喪主宛に!弔電の宛名の書き方 弔電の宛名を故人にすべきか、それとも喪主にすべきかという点は、多くの人が迷うポイントでもあります。 結論からいうと、弔電の宛名は喪主にするのがマナーです。 そもそも弔電というものは、喪主や遺族に対して弔慰を表すものなので、故人宛で弔電を送ることはマナー違反となります。 弔電を送るときは、この点を間違えないように十分注意しましょう。 通常、葬儀場では喪主の名前を把握しているため、宛名に喪主以外の名前を書いてしまうと、確実に受け取ってもらえない可能性があります。 そのような事態を防ぐためにも、弔電の宛名は喪主の名前を間違えないように書くことが大事です。 喪主の名前を書くときに注意すべき点は、きちんとフルネームを記載することです。 斎場では同じ日に複数の葬儀が行われることもあるので、名字だけだと同じ名字の人と間違われる可能性があります。 社葬のように団体主催の葬式に弔電を送る場合は、主催者名宛もしくは葬儀責任者や部署名宛に送れば大丈夫です。 喪主がわからない場合の宛名の書き方 弔電の宛名を書くときに、日頃疎遠な間柄だと、喪主が誰だかわからない場合もあるでしょう。 喪主は配偶者や子供、兄弟がなるのが一般的ですが、遠い親戚だと喪主のフルネームがわからない場合もあります。 できれば訃報をもらったときに、喪主の名前もしっかり確認しておきたいところですが、葬儀の手配で喪家が忙しく、電話やメールをするのを控えたい場合もあるでしょう。 そのときは、宛名に故人の名前を書いても大丈夫です。 喪主のフルネームがわからないときは、葬儀場に問い合わせをしても、個人情報保護法のために教えてもらえない可能性があります。 弔電は訃報が入ってからすぐに手続きしないと間に合わないため、喪主の名前を調べている時間はありません。 弔電が遅れるのはマナー違反となるので、その場合は無理をせず、宛名は故人の名前にすればいいでしょう。 弔電を葬儀場に送る場合でも、故人の名前を間違えなければ受け取ってもらうことができます。 喪主名を調べる時間がないときや、わざわざ問い合わせをするのに気が引ける時は、この宛名の書き方を使うといいでしょう。 喪主以外に送りたい場合は?知人が喪主ではない場合の宛名 喪主が必ずしも自分の知人であるとは限りません。 喪主ではなく、知人本人に弔電を送りたい場合もあるでしょう。 弔電は基本的に葬儀の主催者宛てに送るものなので、知人の名前のみで送ることは失礼にあたります。 葬儀場に送る場合、喪主でも故人でもない知人の名前を宛名にしてしまうと、受け取りが遅れてしまったり、心当たりがないとして返却される可能性もあるので注意が必要です。 知人の名前のみで送ると、相手側に何かと迷惑をかけてしまうため、弔電の宛名には必ず喪主の名前を書きましょう。 喪主が知人でない場合でも、弔電は喪主宛てに送るのがマナーです。 喪主の名前と知人の名前は、どちらもフルネームを記載しましょう。 会社で弔電を送る場合の宛名の書き方 会社として弔電を送る場合は、最初に社内規定を確認しましょう。 社員や取引先の弔事の対応について、あらかじめ対応ルールを定めている会社は多いため、そのルールに従うことが大事です。 社内規定を確認した上で、出来るだけ早く手配しましょう。 弔電を送る際に一番大事なことはミスなく迅速に対応することなので、突然の訃報に慌てることがないように、普段から社内規定を確認しておくといいでしょう。 取引先に弔電を送る場所は、会社に送るのがマナーです。 取引先とはあくまで仕事上の付き合いなので、自宅や斎場ではなく、会社に送るのが筋だと言えます。 ただし、弔電を出すのが遅くなってしまい、届くのが葬儀直前になってしまうようなら、葬儀を行う場所へ直接送ってもかまいません。 弔電の宛名は、個人名で送る場合と同じで大丈夫です。 基本的には喪主の名前を書きましょう。 喪主の名前が不明の場合は、故人の遺族宛、もしくは葬儀会館宛でもかまいません。 弔電の依頼主は、会社名でも個人名どちらでも構いませんが、会社名で送る場合は略称は使わずに、正式名称で送るようにしましょう。 個人名で送る場合は、現場担当者ではなく、高い役職者の名前を記載するのが一般的です。 故人と親しくなくても、役職者の名前を記載しましょう。 個人名で送る場合は、社名、役職名、氏名の順で記述するのがマナーです。 会社名や個人名が特殊な読み方をする場合は、弔電を読み上げる際に困ることがないように、読み仮名をつけておきましょう。 遺族や関係者にわざわざ調べさせる手間をかけないためにも、事前に配慮することが大切です。 弔電を送るときに使われる気付の使い方 気付とは、相手の住所ではなく、その人と関連のある場所や立ち寄る先へ送る場合に使う言葉です。 弔電を送る際の気付とは、個人の自宅ではない場所に送るときに使われます。 例えば葬儀を行うのが斎場の場合は、この気付を使用することになります。 気付は斎場や会社など団体宛てに送る際に、よく使われる記入方法です。 個人的関係だけでなく仕事上の関係で弔電を送る際も利用できる方法なので、覚えておくといいでしょう。 弔電では故人に対する敬称に気をつけて 弔電のメッセージで故人の名前を出す場合は、敬称を使うのがマナーです。 故人を氏名で表記するのはマナー違反となるので注意しましょう。 喪主と故人との続柄によって、使われる敬称は異なります。 弔電で間違った敬称を使わないように、事前に正しい使い方を理解しておきましょう。 例えば故人が喪主の実父だった場合の敬称は「お父様」、故人が喪主の実母だった場合は「お母様」となります。 弔電には、「お父様(お母様)のご冥府をお祈りいたします」などと書きましょう。 代表的な敬称は以下のようになります。 故人が喪主の実父だった場合、ご尊父様、お父様• 故人が喪主の実母だった場合、ご母堂様、お母様• 故人が喪主の義父や義母だった場合、ご岳父様、ご岳母様• 故人が喪主の配偶者だった場合、ご主人様、ご令室様• 故人が喪主の子どもだった場合、ご子息、お嬢様• 故人が喪主の兄妹だった場合、ご令兄様、ご令弟様、ご令姉様、ご令妹様 喪主ではなく友人に弔電を送りたい場合も、友人と故人との続柄で敬称を使い分けるようにしましょう。 弔電のメッセージでは、敬称の使い方だけでなく、忌み言葉や死を想起させる言葉の使用にも注意しなければなりません。 「死去」などという直接的すぎる言葉を使ったり、「消える」など不吉なことを連想させる言葉を使うのは避けるべきです。 他にも、「重ね重ね」「たびたび」などという言葉も、不幸が続くイメージがあるので使わないように注意しましょう。 弔電は自作メッセージを送ることもできますが、文例から選べば間違える心配はありません。 長々としたメッセージを送るのは避けて、なるべく簡潔にまとめましょう。 弔電は複数届く可能性がある!差出人の書き方に注意 弔電は宛名だけでなく、差出人の書き方についても注意が必要です。 喪家には複数の弔電が送られることも想定されるため、差出人と故人の関係がわかるように記載しましょう。 喪主と直接の知り合いではない場合、差出人がフルネームのみだと、故人との関係がわからないケースがあります。 故人といくら親しい関係であっても、遺族と面識がなければ、誰から届いたものか理解してもらうことができません。 誰が見てもわかるように、差出人名の横に故人との関係を記載しておきましょう。 仲が良かった友人と一緒に弔電を送りたい場合など、連名で出す場合は、目上の順から名前を書きましょう。 差出人の欄には役職や年齢順に書くのが一般的です。 大人数の連名は見た目が良くないため、連名が5人以上になるようであれば「一同」でまとめるのが無難です。 弔電と一緒に香典を送る際のマナー 香典とは、通夜や告別式の際に、お香の代わりに遺族に渡す金品のことです。 香典には、遺族を援助する意味合いもあります。 通夜と葬儀の両方に参列する場合、香典は2回包む必要はありません。 通夜で香典を手渡したのであれば、葬式に香典を持参する必要はありません。 2回持っていくと遺族が混乱する可能性もあるので、どちらか一方にまとめましょう。 ただし、通夜と葬儀のどちらにも参列できない場合は、弔電と一緒に香典を送りましょう。 参列できないから香典は出さなくていい、というわけにはいきません。 弔電を送るのであれば、香典も一緒に送るのがマナーです。 ただし、送るタイミングを間違えないように注意が必要です。 まず先に弔電を送りましょう。 香典を送るのはその後です。 弔電は葬儀を行う場所へ送りますが、香典は確実に喪家へ届くように自宅に送ることが大事です。 その際は、香典袋に入れた香典とお悔やみ状を、現金書留の封筒に入れて送付しましょう。 香典を送るタイミングは1週間以内がベストです。 現金書留は日付指定が可能なので、なるべく早めに送りましょう。 香典の宛名も基本は喪主となります。 弔電を送る際のマナーと同じで大丈夫ですが、送るタイミングだけ間違えないように注意しましょう。 遺族の心を慰めるためにも弔電の宛名マナーは守って 遺族は大切な家族を失ったばかりで、大きな悲しみのなかにいます。 故人へ哀悼の意を表し、遺族の心を慰めるためにも、弔電の宛名や宛先に関するマナーはしっかりと守りましょう。 喪主がわからない場合の宛名の書き方や、気付の使い方を覚えておくと、突然の訃報にも落ち着いて対処することができます。 遺族は様々な準備で忙しいので、弔電を送る際は、遺族の迷惑にならないように最低限の配慮をすることが大切です。 訃報を受け取ったら、弔電をできるだけ早く送りましょう。

次の