バッハ ピアノ 協奏曲。 チェンバロ協奏曲 第1番 BWV 1052 ニ短調/Concerto a cembalo concertato, 2 violini, viola e continuo No.1 d

ピアノ(鍵盤楽器)協奏曲第1番ニ短調BWV1052

バッハ ピアノ 協奏曲

元々は違うタイトル(種々の楽器による協奏曲集)でしたが、ブランデンブルク辺境伯に献呈されたことからこの名が付きました。 ここではバッハの「ブランデンブルク協奏曲」の解説と名盤を紹介したいと思います。 バッハ「ブランデンブルク協奏曲」の演奏 [00:28] 第1番:ヘ長調 BWV1046 [20:50] 第2番:ヘ長調 BWV1047 [32:35] 第3番:ト長調 BWV1048 [45:06] 第4番:ト長調 BWV1049 [61:48] 第5番:ニ長調 BWV1050 [82:00] 第6番:変ロ長調 BWV1051 バッハの先祖はパン職人 大バッハの愛称でも親しまれている「音楽の父」バッハは、膨大な数の作品を作曲しました。 また大バッハ以前にもバッハ一族には多くの音楽家が出ており、大バッハの子供からも3人の音楽家が育っています。 そのバッハ一族は元々はパン職人だったそうです。 ツィターを演奏しながら仕事をしていた音楽大好きなパン職人の家系からやがて多くの音楽家たちが生まれていくのです。 バッハが就職活動のために書いた作品!? バッハは32歳~38歳までの6年間をケーテンの宮廷で過ごしました。 ここでバッハが仕えていたアンハルト=ケーテン侯レオポルトは音楽を愛する人物でした。 子供の頃のレオポルトは母親におもちゃではなく「音楽家が欲しい」と言っていたほどだったそうです。 宮廷楽長の地位にいたバッハは、当時の音楽家としては破格の給料をもらっていました。 この時代はケーテン侯国がカルヴァン派だったために宗教音楽を作曲する必要はありませんでした。 そのため多くの器楽曲がこの時代に作曲されているのですが、「ブランデンブルク協奏曲」はこの時代を代表する作品でもあります。 そんな恵まれた環境の中で、事態は一変します。 1721年12月にレオポルトが結婚するのですが、その妻が音楽に理解がなく宮廷楽団は縮小されてしまうのです。 これに危機感をもったバッハが次の就職活動の一環として作品を献呈したのではとも言われています。 曲に一貫性はない 「ブランデンブルク協奏曲」は第1番から第6番までで成立していますが、曲に一貫性はありません。 6曲がブランデンブルク辺境伯に捧げられたため、それをまとめたものの総称としてこのタイトルが使われています。 その後ライプツィヒへ移る 宮廷楽団が縮小された後、1723年にバッハはライプツィヒの聖トーマス教会のカントルに就任します。 ライプツィヒに移ったのちはバッハは宗教音楽を中心に活動していくことになります。 チェンバロの美しい第5番 この中で一番有名な第5番は、この6曲の中では1番最後に書かれた曲です。 第5番はフルート・ヴァイオリン・チェンバロが独奏楽器として使われていますが、チェンバロの美しさが特に印象に残ります。 とても親しみやすい曲ですので、バロックにあまり馴染みがない方が初めて聴く1曲にもピッタリかもしれません。 バッハは1718年にベルリンを訪れケーテンの宮廷楽団の資金でチェンバロを購入しています。 その時にブランデンブルク辺境伯に会い彼の前で音楽を演奏しました。 このときにブランデンブルク辺境伯はバッハに作曲を依頼したそうです。 その時の返事がこの作品だったのかもしれませんね。 バッハ「ブランデンブルク協奏曲」の名盤 名盤として名高いカール・リヒター指揮、ミュンヘン・バッハ管弦楽団演奏による録音です。 ブランデンブルグ協奏曲と管弦楽組曲の両方が収録されていますので、バッハの入門用としてもオススメです。 ・ブランデンブルク協奏曲:1967年のステレオ録音 ・管弦楽組曲:1960&61年のステレオ録音 ・フルート,ヴァイオリン,チェンバロと弦楽のための協奏曲:1980年のステレオ録音 その他の録音 アバド&モーツァルト管弦楽団 クラウディオ・アバドが音楽監督を務めるモーツァルト管弦楽団の演奏で録音されています。 モーツァルト管弦楽団は2004年にクラウディオ・アバドにより設立されたもので、18歳から26歳の若手演奏家で成り立っています。 この録音では、それらの若手に加えてジュリアーノ・カルミニョーラ(ヴァイオリン:コンサートマスター)、ミカラ・ペトリ(リコーダー)、アロイス・ポッシュ(コントラバス)、ラインホルト・フリードリヒ(トランペット)、オッターヴィオ・ダントーネ(チェンバロ)らが参加しています。 2007年4月21日のイタリア、レッジョ・エミリア、ヴァーリ市立劇場での演奏が収録されています。 ブルーレイの映像付きですので、高音質・高画質で音楽を楽しみたい方にオススメです。 バウムガルトナー&ルツェルン弦楽合奏団 スイスの名指揮者ルドルフ・バウムガルトナーの代表的録音として知られている1枚です。 ツェルン弦楽合奏団は1956年にヴォルフガング・シュナイダーハンとバウムガルトナーによって創設され、1998年までバウムガルトナーが音楽監督を務めていました。 こちらは1978年の録音です。

次の

【中古:盤質S】 ピアノ協奏曲集 タロー、ラバディ&ル・ヴィオロン・ドゥ・ロワ(デジパック限定盤) : バッハ(1685

バッハ ピアノ 協奏曲

歴史 [ ] 期を通じて、は非常に重要なジャンルであった。 そのため、当時の鍵盤楽器の代表格であったチェンバロのための協奏曲も多く作曲されることとなる。 特にのものは有名である。 これらのは現在ではしばしばでなくで演奏されることがある。 バッハのチェンバロ協奏曲は弟子の指導用に書かれたと考えられている。 バロック期においてはまだハンマー式の鍵盤楽器()は発展途上にあり、独奏楽器としての使用には必ずしも耐えうるものではなかったが、やがてになるとかなり質のよいピアノが作られるようになり、作曲家達はこの楽器のための協奏曲も作曲するようになった。 これはちょうどの時代と一致し、主としてらの手によって、ピアノ協奏曲はさまざまな方面からそのあらゆる可能性が追求されることとなった。 モーツァルトは27のピアノ協奏曲を作曲し、それを自分自身で演奏した。 またこの時代の鍵盤楽器の名手達も自作自演用に多くのピアノ協奏曲を作曲している。 その代表格として挙げられるのがであり、全部で5曲のピアノ協奏曲を作曲している。 とくに4番、5番は非常に優れている。 また、それ以降の時代にも、、、、、、といった大が重要な作品を作曲している。 そのほか、ややマイナーな部類に属するが、やらの作品も比較的知られている。 ピアノの名手に限らず、いろいろな作曲家がこのジャンルにおいて作品を残している。 そのなかでよく知られているものとしては、、らの作品が有名である。 また、演奏機会は少ないものの、も極めて優れた作品を残している。 これらの作品は現在は不朽の名作として扱われているが、オーケストレーションを他人に任すことの多かった19世紀においてはこのような作品は価値が低く見られていた。 初演が一回きりで捨てられたのピアノ協奏曲は、とても退屈で、二流の陳列品だと批判された。 しかしこれらの作品は、ピアニスト達が作曲してヨーロッパやアメリカ各地で自ら演奏して歩いた「一時的な演奏効果」をねらったような作品とは異なり、音楽の「内容」を豊かに含んでいたため、とくに形式面において、「正統的な」作曲家達によって継承されていった。 その軌跡がHyperion社の膨大なリリースによって確認されたのは20世紀末の話である。 ピアノ協奏曲は20世紀においても重要なジャンルであり、21世紀になってからも作られている。 20世紀以降のピアノ協奏曲としては、、、、、、、、、、らの作品が知られている。 ピアニストから委嘱されることによってピアノ協奏曲が作曲されることもある。 とくに有名なのがピアニストのの例である。 ウィトゲンシュタインはで右手を失い、ピアニストとしての生命が途絶えそうになる危機が訪れたが、このときウィトゲンシュタインは知りうる限りの作曲家に声をかけ、左手のみで演奏できるピアノ曲の作曲を委嘱した。 この委嘱により、、、、、、、がを作曲した。 またこれ以後も何人かの作曲家はこのスタイルによるピアノ協奏曲の作曲を試みるようになり、やがて「左手のためのピアノ協奏曲」はピアノ協奏曲のひとつのジャンルとして確立されるに至った。 はこれを発展させて「三手のためのピアノ協奏曲」 一人が片手しかひかない を生み出している。 20世紀後半は必ずしも両者が協奏関係にあることを重視しないため「ピアノ協奏曲」とは明記せず、「ピアノとオーケストラのための作品」と断り書きを入れられることも増加した。 この種の作品ではピアノがを披露することが省略されたりする。 のようにとを組み合わせる作品もある。 伴奏がオーケストラとは限らない作品もある。 複数の奏者によるピアノ協奏曲 [ ] 複数の奏者による鍵盤楽器のための協奏曲としては、バロック時代にバッハによる2・3・4台のチェンバロのために書いた一連の協奏曲の例があるが、古典時代になるとモーツァルトらにより2台や3台のピアノによる協奏曲が作曲され、ロマン派の時代にはメンデルスゾーンらが作曲を試みた。 は、のための協奏曲を作曲しており、現在も演奏の機会がある。 20世紀には、ヴォーン=ウィリアムズ、プーランク、ブリスなどが2台用の協奏曲を作曲している。 形式 [ ] 古典的なピアノ協奏曲は、協奏曲の形式にのっとって、3つの楽章から構成される。 ソナタ形式による速い第1楽章。 管弦楽による前奏、ソロパートから展開・再現部を経て、コーダへ至る。 「」と呼ばれている。 緩徐楽章• によることが原則。 モーツァルトやベートーヴェンは、この形式にのっとって作曲している。 一方、リストののように、さまざまな形式の追求もなされている。 作曲家とその作品 [ ] (生年順)• 1740年 - 6曲• 1754年 - 1曲• 1756年 - 30曲(, , , , , , , , , , )、三つのピアノ協奏曲K. 107。 1760年 - 15曲• 1770年 - 6曲(, , , , , の編曲, 5番は特に「皇帝」として有名)• 1778年 - 8曲 , , +コンチェルティーノ1曲、協奏的作品多数• 1782年 - 7曲• 1784年 - 8曲• 1786年 - 2曲(、)、• 1794年 - 8曲• 1809年 - 5曲(, , , 2台のピアノのための:ホ長調, 変イ長調)• 1810年 - 生前に公表できたものは4曲。 ()、コンチェルトシュトルックのピアノとオーケストラのための改訂版、ピアノとオーケストラのための序奏とアレグロ・アパッショナート、ピアノとオーケストラのための序奏と協奏的アレグロ。 このほか、ピアノとオーケストラのための協奏的楽章ニ短調を含む未完の断片が複数ある。 1810年 - 2曲(, )• 1811年 - 3曲• 1811年 - 2曲(, )、他に、遺作の協奏曲など• 1819年 -• 1823年 - 1曲• 1823年 - 2曲• 1824年 - 4曲• 1829年 - 6曲(, , 3, , 5,ピアノとオーケストラのための幻想曲Op. 84)• 1833年 - 2曲(, )• 1835年 - 5曲(, , , , )• 1836年 - 1曲• 1840年 - 3曲(, , ,第1番が特に有名)、他に• 1841年 - 1曲• 1841年 -• 1842年 - 1曲• 1843年 -• 1844年 -• 1850年 - 4曲(, , , )• 1852年 - 2曲(, )• 1854年 - 2曲 1,• 1856年 -• 1856年 - 2曲• 1859年 -2曲 1, , 他に• 1860年 - 1曲• 1860年 -• 1860年 - 2曲 1, 2• 1861年 -• 1862年 -• 1862年 -• 1863年 - 1曲• 1864年 - 2曲• 1865年 - 2曲 , 2• 1866年 -• 1867年 -• 1869年 -• 1869年 - 1曲• 1870年 - 2曲(, )• 1871年 - 2曲(1, )• 1872年 - 、他に• 1872年 - 1曲• 1872年 - 1曲• 1872年 - 後に、に改作• 1873年 - 4曲(, , , 、他に• 1874年 -• 1874年 - 2曲 2 左手 、他に の主題による2つの協奏的• 1875年 - 2曲(, )• 1876年 -• 1877年 - 2曲+変奏曲1曲• 1877年 - 3曲 2 左手 , 3「苦悩を通って永光へ」 、 他にロシア狂詩曲• 1878年 - 5曲• 1879年 -• 1879年 -• 1879年 -• 1880年 - 3曲 , ,• 1881年 - 1曲, 他に狂詩曲や、左手のためのピアノ協奏曲• 1881年 - 3曲(, , )、 他に2台のピアノと打楽器のための協奏曲 の編曲版• 1882年 - 2曲• 1882年 -• 1886年 -• 1887年 - 1曲• 1887年 - 5曲• 1890年 - 1曲• 1890年 - 2曲• 1890年 - 5曲()• 1891年 - 5曲(, , , , )• 1892年 -• 1892年 - 5曲• 1892年 - 8曲+ピアノ独奏付きの巨大な管弦楽作品が3曲• 1896年 - 1曲• 1897年 -• 1897年 - 2曲 参照• 1898年 - 、他に• 1899年 - 6曲• 1899年 - 、他に• 1900年 -• 1901年 - 1曲• 1903年 - 、他に• 1904年 - 4曲(, , , )• 1904年 - 2曲(, )• 1905年 -• 1905年 -• 1906年 - 2曲(, )• 1907年 - 3曲(,)• 1907年 - 1曲• 1908年 -• 1908年 - 5曲。 ピアノとオーケストラのためのピアノ協奏曲、ピアノと室内オーケストラのためのダイアローグス、弾き振り出来る指揮者兼ピアニストとオーケストラのためのサウンディングス、ピアノとオーケストラのためのインターヴェンションズ、ピアノと室内オーケストラのためのダイアローグス II• 1910年 - 1曲• 1910年 -• 1912年 - 1曲 1936年• 1913年 -• 1913年 - 1曲• 1913年 - 、他に• 1914年 - 1曲• 1916年 - 2曲• 1922年 - 、、• 1923年 -• 1928年 -• 1928年 - 3曲• 1929年 - 4曲• 1929年 - 存在が判明しているもののみ「四つの楽章」、「Azione a Due」、「ピアノ協奏曲」、「Mare」、「Experimenta」、「ピアノ協奏曲第3番」、 「BlueS V」、「ピアノ協奏曲第4番」、「BlueS VI」、「ピアノ協奏曲第5番」、 「BlueS VII」、「ピアノ協奏曲第6番」、「BlueS VIII」、「ピアノ協奏曲第7番」の合計で14曲。 1929年 - 、この曲の前、未公開に終わった作品 が一曲ある。 1930年 - コンチェルト・フォー・マイセルフ• 1930年 - 「アーク」「アステリズム」「リヴァラン」「夢の引用」(2台ピアノとオーケストラ)• 1933年 -• 1935年 - 「終結音」• 1937年 - 1曲()• 1938年 - 3曲• 1940年 - 2曲• 1944年 - 1曲• 1945年 - 4曲。 ピアノ協奏曲第0番、第1番、第2番、キアロスクーロ 初版と改訂版の二つの稿がある• 1946年 - 番号付けされたものが7曲、Marcel Duchamp, the Picabias and Apollinaire attend a performance of Impressions d'Afrique 1999— 2000 を含めて8曲。 ただし、4番と6番のみソロ用のためこのカテゴリーには6曲。 1953年 - 6曲 第一番、第二番、流れ-闇の訪れたあとに、シャーマン、星の鏡、ヴィシュヌの臍• 1960年 - 3曲(連弾ピアノとオーケストラのための1曲を含む)• 1960年 - 3曲• 1971年 - 1曲• 1972年 - 「リフレックス」• 1977年 - 「白と黒」• 1982年 - 「水玉コレクション」 初版と改訂版の二つの稿がある 脚注 [ ].

次の

バッハ イタリア協奏曲:ピアノがピアノを超えるとき

バッハ ピアノ 協奏曲

管弦楽 ヴァイオリンの4本の弦の中で一番低い弦(G線)1本で弾けるようにアレンジされたことから、「G線上」の名が付けられた。 バッハを代表する4つの管弦楽組曲の一つ(BWV1066-1069)。 協奏曲 チェンバロ協奏曲 第5番 第2楽章のメロディ チェンバロ協奏曲から再構成されたオーボエ・ダモーレのための協奏曲 バッハのチェンバロ協奏曲の中で最も完成度が高く有名な作品 バッハによるバロック・ヴァイオリン音楽の一大作品 6つの独立した協奏曲からなる合奏協奏曲集 室内楽曲 『フルート・ソナタ(フルートとチェンバロのためのソナタ)変ホ長調』(BWV. 1031)第2楽章 3曲ずつのヴァイオリン・ソナタとパルティータ。 全6曲中で特に有名なのが『パルティータ第2番』 プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグを標準構成としつつ、メヌエット、ロンド、ブルレスカなどの舞曲形式が各組曲に登場する。 数多くの音楽家に感銘を与えた名曲 バッハのシャコンヌ チェリストなら決して避けては通れない「チェリストのバイブル」 オルガン・チェンバロ 「フーガ(遁走曲)」とは対位法による音楽形式で、ひとつの主題を複数の声部が模倣しながら次々に追いかけて演奏する様式を持つ曲を指す。 トッカータとは、主に鍵盤楽器による速い走句(パッセージ)や細かな音形の変化などを伴った即興的な楽曲を指し、技巧的な表現を特徴とする。 チェンバロのための練習曲 BWV 988 全4巻からなる「クラヴィーア練習曲集」の第4巻より。 バッハが後妻アンナのために捧げた音楽帳『アンナ・マクダレーナ・バッハのためのクラヴィーア曲集』に収録されたメヌエット。 映画「ルパン三世 カリオストロの城」 結婚式シーンBGMとしても有名 宗教音楽・教会カンタータ 教会カンタータ「心と口と行いと生活」の中で登場するメロディー。 1723年7月2日の礼拝に用いられた。 新約聖書「マタイによる福音書」の26、27章のキリストの受難を題材にし、聖句、伴奏付きレチタティーヴォ、アリア、コラールによって構成される。 バッハがトマス教会のカントール(指揮者・指導者)に就任してから最初の四旬節・復活祭を迎えた年に初演された バッハ作品の最高峰に位置する教会音楽 4つのパートはそれぞれキリスト教の聖人を表す 全6部64曲から構成されるクリスマス向けカンタータ集 真夜中に物見らの声を先導として到着したイエスが、待ちこがれる魂との喜ばしい婚姻へと至る情景が描かれている。 歌曲・カンタータ 100年の時を越えたバッハとグノーのコラボレーション作品 カンタータ『楽しき狩こそわが悦び』BWV208の第9曲。 通称『狩のカンタータ』。 NHK-FM放送の長寿番組『バロックの森(あさのバロック)』オープニング曲。 関連ページ J. バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴 J. バッハ、ベートーヴェン、ブラームス、メンデルスゾーン、ワーグナー、シューマンなど、ドイツを代表するクラシック音楽の有名な作曲家まとめ.

次の