猫 おしっこ でない。 猫が頻繁にトイレへ行くのに出ない│猫のよくあるご相談│猫と暮らすお役立ち情報│ニャンとも清潔トイレ│花王株式会社

猫が布団におしっこをしないようにする対処法

猫 おしっこ でない

理由が分かれば対策もできるね。 トイレが気に入らない! 猫は綺麗好きなので、トイレが汚れていたりすると不満を言います。 我が家の猫は、おしっこの場合はほじるだけですが、うんちの場合は「にゃーにゃー」鳴きます。 「早く片付けてよ!」「掃除してよ!」って言ってるのでしょうか。 うんちがトイレに残っているとなかなかおしっこをしてくれないので、早めに掃除してあげましょう。 おしっこも放っておくと、だんだん臭いがきつくなってきます。 早めに掃除してあげてください。 また、トイレの形や場所、猫砂なども気に入らないと、そのトイレを使ってくれません。 トイレが気に入らないと、自分の気に入る場所でおしっこをしてしまうので、 気に入るトイレ環境を作ってあげるのが重要になります。 複数のトイレ、場所を用意してあげて、猫の気に入ったトイレを見つけてあげましょう。 我が家にも、どこに置いても使ってくれないトイレが1個あります。 相当気に入らないんでしょうね・・・ うちの猫は100均で買った小さいカゴがトイレだよ。 あと、 羽毛布団は猫のトイレになりやすい傾向にあるようです。 羽毛は鳥の羽なので、その匂いに触発されておしっこしてしまうようです。 まぁ・・・うちの猫は羽毛布団とか関係なくおしっこするんですけどね・・・ トイレの数が足りてない 猫が「おしっこしたい!」と思った時にトイレがないと、近くにある気に入ったところでおしっこすることもあります。 その一つの候補として布団があります。 遊ぶ範囲には複数のトイレを設置してあげて、トイレが近くにある環境を作ってあげましょう。 ストレスが溜まっている 猫もストレスが溜まります。 その不満の訴えの一つが、トイレじゃない場所への粗相です。 トイレが汚い• ご飯が美味しくない• アイツ気に入らない などなど、猫の不満はたくさんあるんだと思います。 1つ1つ解決してください。 適度なコミュニケーションはもちろん、生活環境を変えてしまうような掃除や模様替えには注意しましょう。 見知らぬ来客に関してもストレスになるような猫もいるので、安心して過ごせる場所へ隔離するなどの対処をした方がいいかもしれません。 ストレスの原因となることを可能な限り排除しましょう。 病気かも? 猫が高齢になればなるほど病気を疑った方がいいかもしれません。 いつもとは違った様子だったり、行動がおかしい場合にはすぐに動物病院へ連れていきましょう。 よく観察して、早めに解決してあげた方が猫も飼い主も安心です。 排尿とスプレーは違う! 猫が急にお尻を向けておしっこをする「スプレー」をすることがあります。 お座りしてするのが 「排尿」、立ったままするのが 「スプレー」です。 スプレーはマーキングの意味合いが強いようです。 縄張りの主張や自分のアピール、メスよりもオスに多く見られるようです。 猫は発情するとスプレーをします。 その場所は布団にとどまらず、服、タオル、壁、カーテン、靴・・・はっきり言って大変です。

次の

猫のおしっこのしつけ しつけ方や経験談【アンケート結果】

猫 おしっこ でない

スポンサードリンク 子猫がおしっこをしない原因2. 環境の変化に敏感 二つ目の原因としては、子猫だけに限らず、 猫は、環境の変化に非常に敏感と言うことです。 例えば、友人宅で、猫がたくさん生まれてしまい、乳離する、3ヶ月頃の子猫を貰ったとします。 突然、知らない家 今まで見たことのない景色 、親猫と離れ離れにされて、猫でも 相当のストレスと不安を抱えます。 こうした環境の変化で、保護した子猫や生後3ヶ月位の猫でも、おしっこをしなくなると言う事があります。 子猫がおしっこをしないと命の危険がある病気 猫は、元々、砂漠地域出身の動物で、水分の喪失を少なくするため、 濃い尿を排泄する様な身体の仕組みになっています。 成猫でも、尿結石により、尿道が詰まってしまい、 排尿ができなくなると、 4日程度で命を落としてしまうのです。 成猫でも、4日程度、 子猫だと、2日程度でかなり危険な状態となります。 病気だけでなく、環境の変化だとしても、 それほど猫にとって、排尿は大切なことなのですね。 また、猫がおしっこをしない時に、考えられる病気は、 猫下部尿路疾患 FLUTD や尿毒症などがあります。 猫下部尿路疾患 FLUTD とは 下部尿路 膀胱から尿道 に起こる、色々な原因と症状を含む、 病気の総称。 原因のわからない突発性の膀胱炎や、 不適切な食事による尿結晶や欠席の形成が猫ではよくみられる。 症状が進むと、尿道が詰まって排尿が全く出来ず、 尿毒症となり短期間で死亡することもある。 まとめ 子猫がおしっこをしない時の病気• 猫下部尿路疾患など下部尿路の病気• 尿結石や尿毒症になる恐れあり 管理人の体験談 我が家の猫も、友人宅から引き取ってきた時 生後3ヶ月 丸一日、おしっこをしてくれなくて、色々インターネットの情報をしらべたものです。 命の危険があると言う情報に、かなり驚きました。 我が家の猫の場合は、我が家に来て、 ちょうど24時間経った時位に、自分でトイレに入り、 おしっこをしてくれて、とてもホッとした事を覚えています。 ちょうど、仕事を終えて、帰宅し病院に行く前に遊んであげていると、 管理人の顔をみて安心したのか、本当に急にトイレに自分で行きました。

次の

猫が布団におしっこをしないようにする対処法

猫 おしっこ でない

Contents• 猫の様子がおかしい おしっこが出ていない トイレの砂やシートを変えていて、「はて?なんかおしっこがいつもより全然少ない。 」そんな風に思うことが何日も続いたら注意が必要です。 おしっこが一滴しか出ていないとか、全然出ていないなんて時は超緊急事態です。 今すぐに動物病院へ行って下さい。 頻繁にトイレに行く 「あれ?さっきもトイレ行ったけどまた行くの?」短い時間で3回も4回もトイレに行くような場面を目撃したら要注意。 頻尿は尿路結石の症状の一つです。 更に頻尿なのにおしっこが全く出ていない時は赤ランプ点灯です。 トイレ以外の場所でおしっこしてしまう 「あ 珍しい!トイレ以外の場所でおしっこしてる!こんなこと今まで無かったのに・・・」。 年齢のせいもありますが、若い猫が頻繁にトイレ以外で粗相してしまう時は注意が必要です。 尿の状態を良く観察して下さい。 色がオレンジや茶に見えたら血尿です。 迷わず動物病院へ行って下さい。 血尿が出ている 猫のおしっこがオレンジや茶に見えたら血尿のサインです。 すぐに猫のトイレを確認して下さい。 ティッシュなどで猫がおしっこした場所をこすってみて下さい。 ティッシュに色がつくので分かりやすくなります。 血尿が出た場合、結石が内臓を傷つけている可能性があります。 それ以外にも色々な病気のサインなので、獣医さんに一度診てもらうといいでしょう。 おしっこした場所がキラキラしている トイレの砂やシートを交換している時に、なんかキラキラしている物が見えたら要注意。 それはオシッコと一緒に出た結石の可能性があります。 獣医さんに相談すると良いでしょう。 その時は、そのキラキラを集めて持っていくと話が早くなります。 その際に多いのが「何かの食べ物の容器」を洗って、その中に入れてくる人が多いそうです。 絶対に辞めてください。 食べ物の容器は雑菌が混じりやすく、獣医さんが顕微鏡で見たときに何の菌だか解らないそうです。 持ち込みをする場合は、清潔な容器に入れて下さいね。 ぐったりしている いつもぐーたらしている猫ですが、「寝ている」時と「ぐったりしている」時は明らかに様子の違いが分かります。 猫によるのでなんとも言えないのですが、抱っこすると悲痛な鳴き声で鳴いたり、下腹部あたりを触ると嫌がったりした時は尿路結石かもしれません。 おしっこしないまま2日以上経つと命にかかわる 猫がおしっこしないまま2日以上経つと尿毒症になり、最悪の場合命を落とすこともあります。 そのうち出るさなんて思っているとあっと言う間に猫の状態が悪くなってしまいます。 尿路結石症(尿石症)にならないためには 尿路結石は猫に多い病気ですが、早めに受診すれば、命の危険は少ないと思います。 しかし、飼い主がそれに気づかず何日も何週間も放置してしまうと重症化します。 最悪おしっこが出なくなり、尿毒症に発展してしまいます。 尿路結石にならない為には、日頃のケアがかかせません。 日頃のケアをしっかりと行って下さい。 注意点をいくつかリストアップしてみましたので、参考になさって下さい。 お水をたくさん飲ませる工夫をする• 人間の食べ物は絶対に与えない• 猫のオヤツと言えどもあまり与えないようにする• 毎日適度な運動をさせる• トイレをいつも清潔にしておく 参考リンク:.

次の