柿原 徹也 ラジオ。 柿原徹也

3月2日(日)ゲストは柿原徹也さん

柿原 徹也 ラジオ

今回は「スペードの女王」後編。 怒涛の展開のドラマパート。 翻弄され変化してゆく主人公を演じるのはゲストの柿原徹也さん。 ラジオドラマという凝縮されたドラマ展開における感情の動きの激しさに、 付いて 行くのが大変だとおっしゃっていました。 ディレクターからの「もっとやりましょう」との声に、 テスト、本番と凄みを増してゆきます。 手紙の返事を小馬鹿にして少しセクシーに読むシーンなどもあり、 堅実な主人公の変 わりゆく姿は必聴です。 収録終盤になるにつれてお二人とも台本に書かれた台詞の前に考える声や、 呼吸、 笑いなども盛り込み、シーンの盛り上がりと共に収録もヒートアップしていきます。 ボリュームたっぷりのドラマパート収録でした。 対談部分もドラマパート収録の空気そのままに、短い時間でしたが盛り上がりました。 (by 田上真里奈).

次の

柿原徹也のライブとCDが最高!ラジオが面白い!新番組スタート!結婚は?

柿原 徹也 ラジオ

番組概要 [ ]• パーソナリティの二人が、題名についている カッコ の中を満たすため、新たな面白いものを自由に探求していくラジオ番組である。 愛称は、「柿流 かきなが ラジオ」である。 かつては、アシスタントにの 2014年4月~9月 、 2014年9月~2015年4月 を迎え、三人体制で番組を送っていたが、2015年4月より二人体制でのラジオ番組となった。 ノンスポンサーで番組が制作されており、現在、を募集中である 番組内で度々話題に上る。 パーソナリティの二人は、大和温泉大使に二度就任 2017年7月24日~9月24日、2018年10月1日~11月30日 館内で撮りおろしムービー・館内放送が流れたり、パネルが置かれたりした。 2019年2月、二人のみの放送になってから放送200回を迎えた。 2019年4月より、木曜日27時 深夜3時 に放送時間が変更となる。 配信時間 [ ]• 深夜3:00-3:30 27:00-27:30 にて、簡易動画付きである。 15:00-15:30 超! にて、放送日翌日から一週間限定のアーカイブ配信が行われている。 その他、モバイル版「オメンとイケメン」を配信中。 こちらは、動画はなく音声のみで、ラジオの収録後のトークを文化放送モバイルPlusにて配信している 隔週更新、文化放送モバイルPlusの有料会員登録が必要。 ふつおたのコーナー リスナーから送られてきたメールについて話をする。 柿原と流田のあそびば パーソナリティの二人が面白いと思ったことを積極的にやっていくコーナー。 パーソナリティの二人がスタッフに遊ばれるコーナーでもある。 ジェスチャーゲーム等のゲームをしたり、スタッフから出されるクイズをやったり、スタッフから出されるお題に応えたり挑戦したり、テーマメールを募集して、それについて語ったりなど、内容は多岐に渡る。 サウナのコーナー 音声のみで放送するコーナー。 主に男性からのメールを募集し 女性からのメールが読まれることもある 、メールを元に、パーソナリティの二人が、男性目線でサウナの中の男性同士の会話のようなトークを繰り広げる。 テツコとユタコのガールズトーク リスナーから嫌な女の話を募集し、それについて議論する。 パーソナリティの二人はそれぞれ「テツコ」と「ユタコ」としてトークする。 モバイル版「オメンとイケメン」 文化放送モバイルPlusにて配信している、ラジオ収録後のアフタートーク。 リスナーからの相談メールに真剣に答えたり、スタッフからのお題に真剣に議論したりする。 いい話が聞ける率が高い。 netあて。 イベント [ ]• 第一回公開録音 文化放送12階メディアプラスホールにて 2016年7月10日• 奈良健康ランドPresents公開録音イベントinなんばHIPS 2017年7月8日 パーソナリティの二人が奈良健康ランド大和温泉大使に就任したことを記念しての公開録音イベント。 DVD発売記念公開録音イベント 文化放送12階メディアプラスホールにて 2018年4月8日 DVD「柿原と流田のも~っと仲良くなる大阪の旅」発売を記念しての公開録音イベント。 公開トークイベント 奈良健康ランド 2018年11月25日 パーソナリティ二人の、二回目の奈良健康ランド大和温泉大使就任を記念して行われた。 録音・録画一切なしのトークイベント。 関連商品 [ ]• CD「カレーの歌」 「カレーの歌」「手紙」「笑い声の歌」の3曲を収録。 パーソナリティ二人が歌う。 作曲は3曲とも流田豊。 演奏は流田Project。 DVD「柿原と流田のも~っと仲良くなる大阪の旅」 脚注 [ ].

次の

柿原徹也のKKHRラジオ×アミューズメントメディア総合学院

柿原 徹也 ラジオ

今回は「スペードの女王」後編。 怒涛の展開のドラマパート。 翻弄され変化してゆく主人公を演じるのはゲストの柿原徹也さん。 ラジオドラマという凝縮されたドラマ展開における感情の動きの激しさに、 付いて 行くのが大変だとおっしゃっていました。 ディレクターからの「もっとやりましょう」との声に、 テスト、本番と凄みを増してゆきます。 手紙の返事を小馬鹿にして少しセクシーに読むシーンなどもあり、 堅実な主人公の変 わりゆく姿は必聴です。 収録終盤になるにつれてお二人とも台本に書かれた台詞の前に考える声や、 呼吸、 笑いなども盛り込み、シーンの盛り上がりと共に収録もヒートアップしていきます。 ボリュームたっぷりのドラマパート収録でした。 対談部分もドラマパート収録の空気そのままに、短い時間でしたが盛り上がりました。 (by 田上真里奈).

次の