カー リース 料金 シュミレーション。 オリックスカーリース見積:ダイハツ キャスト|個人のお客さま|カーリース・オンライン

カーリース料金の試算方法とは?

カー リース 料金 シュミレーション

車検や税金が月々コミコミで新車に乗れるとあって保有台数は、平成26年度時点の15万2857台から4年連続で増加し、29年度末には過去最高の25万6936台に達しました。 【参照:日本自動車リース協会連合会(JALA)】 今後も利用者はますます増加することが予想されています。 そんなカーリースですがどれだけお得なのか?実際にカーリースの定番オリックスカーリースとマイカーローンとの7年間の総支払い額を比較シミュレーションしてみましたのでご覧ください。 最近話題の クルマのサブスクリプションサービスとカーリースとの違いについては『』にて解説していますので合わせてご覧ください。 カーリースとマイカーローンの料金を比較シミュレーション それでは、カーリースとマイカーローンでの支払いシミュレーションを見てみましょう。 もちろん車種や利用サービスにもより異なりますのであくまで一つの目安としてご覧ください。 ダイハツ タント L 2WD の場合• 車両本体価格:1,220,400円(税込)• 契約期間:84ヶ月(7年)• 想定走行距離数:月2,000Km• 残価0円 オリックスカーリース マイカーローン金利4. なお、 各カーリース会社の料金比較についての詳しい記事は『 』をぜひご覧ください。 【シミュレーション結果】マイカーリースに乗り換えるとこんなにお得! オリックスカーリースとマイカーローン7年間の税金や車検・メンテナンス代・諸経費の期間支払い総額を比べると カーリースが 147,968円分お得 という結果になりました。 さらにオリックスカーリースでは一定期間経過後にクルマを返却することが可能で、返却後のリース料の支払いはありません。 頭金なしで月々定額、乗った分の支払いで済みます。 【追記】車検やオイル交換を激安なところでやれば逆転できるか検証してみた 費用を抑えるために車検やオイル交換を激安ショップを探してやろうとすれば期間総額で逆転できるか検証してみます。 (クルマは上記と同じ軽自動車を想定) まずはじめに期間中の車検費用・オイル交換費用・税金を差し引いた金額をみます。 カーリースの総額は1,823,472円。 マイカーローンの総額は1,567,610円。 その差額、オリックスカーリースが255,862円高いです。 ここから7年間にかかる税金や自賠責保険料などの期間中諸費用を差し引きます。 すると、まだ84,442円オリックスカーリースが高くなりました。 乗りたいおクルマの正確なリース料はオリックス自動車公式サイトからお見積もりください。 マイカーローンのメリット・デメリット メリット:残一括で精算できる マイカーローンの場合、まとまったお金が入った場合などに残債を一括で支払うことができます。 デメリット:税金・自賠責保険料は組み込めない 自動車税や重量税、自賠責保険料をローンに組み込むことはできません。 そのために車検時や税金支払い時に大きな出費が発生します。 クルマに関わる出費を平準化でき、一度にでる大きな出費を防ぐことが出来ます。 車検代や税金のことは忘れてガソリンを入れて乗るだけ。 またローンの場合に比べて支払い総額が安い場合が多いです。 メリット2:頭金0円OK マイカーローンや現金購入の多くの場合、前受け金が必要なケースがありますのでその際に大きな出費が発生します。 それに比べカーリースでは初期費用(頭金)が不要です。 クルマのために一生懸命貯金しなくても乗り始めることが可能なのでカーリース特有のメリットといえます。 クルマの購入にかかる莫大な初期費用の心配がいりません。 デメリット:残価精算のリスク 残価が設定されているリースで最終的に残価と査定価格の清算がある場合は 残価精算のリスクが伴いますので注意が必要です。 またローンでの支払いのように残債を一括で支払うことは基本的にできません。 月額定額で支払っていくことが基本です。 リース会社によっては契約満了まで 解約ができないリースもありますので確認が必要です。 また、残価のないおすすめのカーリースは『』をご覧ください。 まとめ 今回の長期でみた総支払い額の見積もりシミュレーションでは、現金購入が一番安く、そしてマイカーローンよりもカーリースが15万円ほどお得という結果になりました。 カーリースにすると、邪魔くさい車検費用や税金のことを考えなくていいので資金管理が本当に楽ちんです。 そして、カーリースの月々の料金を極端に抑える為には「残価を高額で設定する」か、「契約期間を伸ばす」かのいずれかしかありません。 そして残価を高額で設定する方法には 高額な残価 精算リスクが高まるデメリットがあります。 月々定額で乗れて大きな支払いがないことがカーリースの最大のメリットなのに、残価設定型カーリースには最後に大きな支払いの可能性が残るというデメリットがあります。 そんな心配をしながら愛車に乗りたくないですよね。 ですから、残価設定のないオリックスカーリースがプロたちから見ても本当におすすめなのです。 残価精算がないので契約満了時まで乗り続けた場合は 車は自分のものとなりますし、残価精算のトラブルがなく安心です。

次の

マイカーリースのおすすめ人気ランキング10選【徹底比較!】

カー リース 料金 シュミレーション

カーリースのシステムと試算方法 カーリースは、車を購入するのではなく、借りるためのサービスです。 そして、購入の場合とは違って、税金の支払いや車検、整備点検などの車の管理やメンテナンスをカーリース会社にお任せすることができます。 カーリース料金はどのようにして試算されるのでしょうか? カーリースでは多くの場合、リース車両の「残価」をあらかじめ設定します。 残価とは契約終了時点での中古車市場における予想価格のことです。 そして、残価を車両価格と登録諸費用から差し引きます。 例えば、本体価格が 200万円の車を5年契約でリースするとします。 登録諸費用が 20万円で、残価(5年後の車の予想価格)が 70万円に設定されたとすると、 200万円+ 20万円- 70万円= 150万円が料金を試算する元となります。 購入の場合よりも残価の分だけ費用を節約することができます。 ただし、この金額にはさらに、車の管理やメンテナンスの費用、金利などが上乗せされることになりますので、その点はご注意ください。 オートローンとカーリースの試算比較 では、オートローンとカーリースでは、試算的にどちらがお得なのでしょうか?それぞれの費用の試算を比較してみました。 トヨタのアクア(グレード: L)で試算を出しました。 契約期間(ローン期間)は5年という設定です。 まず、オートローンでかかる費用の試算を見てみましょう。 アクアの車両価格は 1,785,240円で、登録諸費用は約 35,000円です。 ユーザーはこの金額に加えて、各種税金や車検費用、整備費用なども自分で負担していくことになりますので、それらの費用(後述するカーリースの料金に含まれている費用)を加算してみます。 5年間で自動車税は 147,000円、自賠責保険料は 67,880円かかります。 また、車検費用が 50,000円ほど、車検時以外の法定点検費用が計 40,000円ほどになります。 オイル交換費用は計 40,000円ほど、定期点検(基本整備費用)は計 200,000円ほどかかるでしょう。 自動車取得税と自動車重量税は減税対象なので0円となります。 これらの費用を、先程試算した車両価格と登録諸費用に金利を加えた金額に上乗せすると、総費用は 2,568,120円という試算結果になります。 次に、カーリースの試算を見てみましょう。 試算はカーリース業者「定額ニコノリパック」の公式サイトで出しました。 メンテナンスパックは「ライトプラン」(月額 2,160円)を付けます。 月額カーリース料金は 36,828円となりました。 この料金には車両価格と登録諸費用以外にも、契約期間中に発生する自動車取得税、自動車重量税、自動車税、自賠責保険料、車検費用、法定点検費用、オイル交換費用、定期点検(基本整備)費用などが含まれています。 以上をまとめてみると、下記の試算結果となります。 オートローンの総費用の試算: 2,568,120円 カーリースの総費用の試算: 2,209,680円 試算比較:カーリースの方が約 36万円安い カーリースは残価が差し引かれる分費用を節約できることが、試算結果からもよく理解できるのではないでしょうか。 上記はあくまでも試算ですので、記載の金額がピッタリ発生するわけではありません。 オートローンとカーリースのメリット・デメリット ここまで見てきた通り、期間中に支払う費用の総額という試算の面では、オートローンよりもカーリースの方がお得ということになります。 ただし、オートローンとカーリースにはそれぞれ、他の面でのメリットとデメリットがありますので、それらを把握しておくは非常に重要です。 オートローンのメリットは、車が自分の所有物になるということです。 自分の物ですから、自分が望む間ずっと車を利用することができますし、自由に改造することも自由で、車が不要になれば売却することも可能です。 カーリースの場合はそうはいきません。 リース期間が終了すると車を返却しなければなりません。 借り物ですので、車を好き勝手に改造したりカスタマイズしたりできず、走行距離にも制限が設定されていることが多いです。 リース期間終了時点で残価を支払って、車を買い取れる場合もありますが、その場合の総支払額の試算を出してみると、オートローンの試算よりも高額になります。 なぜならば、先出したとおり、リース料金には金利が掛けられているからです。 車を自分の物にしたいのであれば、オートローンを利用した方がいいということになります。 カーリースのメリットは、車の管理やメンテナンスをリース会社にお任せできるということです。 税金の支払いや車検手続き、整備点検など、何かと面倒な作業を自分でする必要がないため、非常に楽です。 しかも、費用は月々のカーリース料金に含まれていますので、追加で料金を支払う必要もありません。 家計のやり繰りもしやすいと言えるでしょう。 オートローンの場合は、基本的に自分で車の維持管理をしなくてはなりませんし、税金の支払いや車検などのタイミングでローン返済とは別にまとまった費用が発生することになります。 カーリースは、楽に車を利用したい人にとってはメリットのあるサービスと言えます。 総合的にみるとどっちがお得? ここまでで、カーリースであれば、オートローンよりも費用を節約できることを試算比較により確認し、オートローンとカーリース、それぞれにメリットとデメリットがあることがわかりました。 では、総合的にみた場合に、オートローンとカーリースとではどちらがお得なのでしょうか? 結局のところ、どちらがお得かを一概に述べることはできません。 各自がどのような「カーライフ」を望むかによって、結論は異なるからです。 ある人にとってはオートローンのメリットがカーリースのメリットよりも優れているかもしれませんが、別の人にとってはその逆かもしれません。 ですから、各自がオートローンとカーリースそれぞれのメリット・デメリットについてよく調べ、自分にとってお得なサービスはどちらなのかをよく考えることが大切です。

次の

トヨタの定額制サービス「キント」と「カーリース」を徹底比較!

カー リース 料金 シュミレーション

・トヨタの定額制サービス「キント」と一般的な「カーリース」の比較 ・それぞれのサービスの特徴・メリット・デメリット ・通常割賦プランや残価設定型プランとの違い この記事を書いているボクは、元ディーラー営業マンで各社のカーリースを販売していました。 ボク自身も、カーリースを利用して5年。 無料クーポンにて2回車検を実施しています。 今回はトヨタが始めたカーリースサービス「キント」とカーリース業界最王手のオリックス自動車の「オリックスカーリース」を比較していきます。 トヨタの定額制サービス「キント」と「カーリース」を徹底比較! KINTO(キント)とオリックスカーリースの期間や料金の比較一覧 2019年11月現在の見積もり料金を掲載しています。 7月よりキント・ワンにアクアが、10月よりRAV4、ハリアー、プラドが、11月よりRAIZEが追加となりました。 今後も順次拡大予定で最新のKINTO(キント)対応車種、月額料金、KINTO (キント)最安ランキングは『』をご覧ください。 キント・セレクト(トヨタ) キント・ワン(トヨタ) オリックスカーリース 対象車種 RXなどレクサス6車種から選択。 また、キントは1回目の車検が訪れる前に返却するため車検が必要ありません。 オリックスカーリースの場合は、車検・オイル交換・オイルエレメント交換は無料クーポンにて全国のオリックス提携工場にて実施します。 月額料金の比較はサービス内容が異なるため、各サービスの特徴やメリットの比較をご覧いただきそのサービスに対しての月額料金が自分にとって適正なのかをご判断ください。 なお、上記掲載料金はそれぞれのサービスにおける最安料金です。 そもそも、車のサブスクリプションとは?カーリースとの違いが気になる方は『』をご覧ください。 KINTO(キント)とオリックスカーリース の特徴・メリット・デメリット トヨタの個人向けカーリース「KINTO(キント)」の特徴は? 「KINTO-ONE(キント・ワン)」、「KINTO-SELECT(キント・セレクト)」それぞれの特徴を見てみましょう。 ・リース料金は、メンテナンス、任意保険等を含む。 ・3年後の契約満了時に返却することが条件。 ・リース料金は、メンテナンス、任意保険等を含む。 ・6台のレクサスを乗り比べすることができる。 ・半年ごとに返却することが条件。 全年齢対応。 車両保険の免責は5万円なので、もしもの際にも最小限ですみます。 法人契約は適用外となります。 参照: 免許返納で解約金0円でクルマを返却できますので、「年齢」を理由に新車を諦めていた方でもキントでしたら高齢者だと高額になりがちな任意保険料がコミコミですからお得に新車に乗ることができるようになりました。 審査結果は3営業日以内を目安にメールで連絡がきます。 販売店で契約をした方はセールスマンからの連絡となります。 トヨタの定額制サービス「KINTO(キント)のデメリット ・任意保険の等級が上がっている方にとって割高感は否めない。 おそらく、若年層と経験値の高いドライバーも同じ保険料としてワンプライスで価格設定しているので経験豊富なドライバーが割を食う形になっていると思われます。 そのため、この料金に対する高い・安いの判断は乗る方の年齢によります。 一般的に若年層や高齢者は保険料が高いからです。 ・月間走行距離制限は1,500Km以内。 返却することが前提ですので走行距離数に制限があります。 ・途中解約は違約金がかかる 中途解約の場合、所定の清算金の支払いが発生しますが、他カーリースと異なるところは解約金が明確となっているところです。 詳細は公式サイトからご確認ください。 なお、トヨタが始めた愛車サブスクリプションサービスの無料お見積りやサービスの詳細・お問い合わせは 公式サイト『 』からお申込みください。 オリックス自動車の「オリックスカーリース」の特徴 【いまのりナイン】 9年契約の長期でリースするため、いまのりセブンよりも月々の支払いを抑えることができるサービスです。 7年経過後には解約金0円で乗り換えも返却も自由に選択可能。 返却後のリース料の支払いはありません。 また、最大の特徴は 契約終了後にそのままクルマを 自分のモノにすることができるところです。 返却でも自分のものにしても良く選択肢が多いため、ライフスタイルにも柔軟に対応できるサービスとして活用されています。 【いまのりセブン】 こちらは7年契約で新車に乗り、契約開始から 5年が経過すれば解約金0円で乗り換えか返却することができ、以降のリース料金の支払いはありません。 最大の特徴はいまのりセブンもいまのりナインと同様に契約満了時に クルマを自分のものにできます。 いまのりナイン同様に返却でも自分のものにしても良く選択肢が多いため、ライフスタイルにも柔軟に対応できるサービスとして活用されています。 【いまのりくん】 5年契約で好きな新車に乗り、契約開始後から2年が経過したら自由に乗り換えや返却ができるサービスです。 車は国産メーカーの全車種から選ぶことができ、ライフステージに合わせて車種を変更することができるため、もっと自由にカーライフを楽しみたいという方にはオススメです。 ただし、「いまのりくん」の場合は契約終了後に車両は返却となります。 カーリースにしたいけど残価が心配という方でも残価設定がない(残価0円)ためにユーザーは安心してクルマを利用できます。 年に数回程度、ファミリーカーをレンタルしたい方や旅行先でレンタカーを使う方に好評です。 審査結果は3営業日以内を目安にメールで連絡がきます。 「オリックスカーリース」のデメリット ・月間制限走行距離が2,000Km以内 返却を前提とした場合は、走行距離数に制限があります。 距離数がオーバーしても返却時10万円分、乗換え時20万円分が免責となります。 ・法令点検(12ヶ月点検)はリース内容に含まれていない 無料クーポンにて対応しているのは、車検・オイル交換・オイルエレメント交換です。 KINTO(キント)には含まれている法令点検(いわゆる12ヶ月点検)は利用者の任意となっています。 リース料金には含まれていないので法令点検(12ヶ月点検)をどうしても受けたい方は別料金にてディーラーや整備工場で受けることになります。 なお、オリックスカーリースについて詳しく解説した記事は『』をご覧ください。 通常割賦プランや残価設定型プランとの違い KINTO(キント)やオリックスカーリースがマイカーローンや残価設定型プランと大きく違うところは、自動車税などの税金や自賠責保険料・メンテナンスがコミコミにできるところです。 通常、マイカーローンに自賠責保険料や任意保険料や税金はコミコミにすることができません。 また、通常の残価設定型プランの場合、契約満了時に残価と査定価格の清算が行われますが、キントとオリックスカーリース(いまのりシリーズ)では残価と査定価格の清算がありません。 (残価を保証している販売店もありますので確認が必要です。 ) 残価の清算がないということは、乗っていた車両の市場価値が返却時に暴落していた場合でも多額の請求がくることがないという安心感があります。 残価設定型プランは月々をなるべく安く乗れるように生まれたプランですが最初に残価(予想売却価格)を設定しているため、どうしても最後の清算の心配があります。 キントやオリックスカーリースは月々定額で乗れることが売りのサービスですから、最後に大きな支払いの可能性を秘めた高額な残価と契約終了時の査定額との清算をする残価設定プランとはその性質が異なりそのような商品ではサブスクリプションサービスとは呼べないでしょう。 まとめ トヨタの定額制サービス「キント」特にキントセレクトは経済性よりも楽しみを重視する 高級車ユーザー層の方にニーズがありそうですが、軽自動車やコンパクトカーを選択するのであれば オリックスカーリースが経済的です。 しかし、任意保険料が高額な若年層や「年齢」を理由に新車を諦めていた方にとって、キントは任意保険料コミコミで免許返納で解約金なしで解約ができますのでそういった方に特に向いているサービスでしょう。 他社カーリースと比較したときのキントの最大の売りはコネクティッドによる「車両データに基づく、販売店やコールセンターからのタイムリーなアフターサービスの提供」と「任意保険料がコミコミ」となっているところです。 しかし、トヨタがうたう故障時の安心や安全性のために所有するよりも高い料金になるサービスにお金を払うユーザーがどれ程いるのか?ということに注目が集まりそうです。 また、トヨタが「カーリース」という言葉をあえて使わずに、「サブスクリプション」や「月額定額サービス」という言葉を使っているのは、一部の残価を高額に設定しているカーリース商品とは区別したいという想いが伝わってきます。 カーリースはレンタカーやカーシェアーと違い、リース期間中は愛車を所有しているかのように利用することができます。 残価精算のないカーリース(クルマのサブスクリプションサービス)は月額定額で気軽に利用できるこれからの新しいクルマの乗り方として注目が必要です。

次の