ウィー チャット ペイ 使い方。 日本版WeChatで微信支付(WeChatペイメント)を使うまでの長い道のり~その1

日本人でもWeChat Payできるの?アカウント登録・実名認証・チャージ手段などをまとめて紹介【ウィーチャットペイ:微信支付】

ウィー チャット ペイ 使い方

ウィーチャットペイ(WeChat Pay・微信支付)決済の利用方法 スマートフォンがあれば利用することができるウィーチャットペイ。 ウィーチャットペイ(WeChat Pay・微信支付)のアプリに銀行口座の情報を登録することで、24時間いつでも銀行口座からアプリにお金を『チャージ』することができます。 食事代や洋服代、お店で何かを買う時、その代金を支払うときにはアプリを操作してQRコードを表示してお店側に読み込んでもらうことで支払いが完了します。 実際の店舗でのウィーチャットペイ(WeChat Pay・微信支付)の決済方法は極めて簡単です。 この簡単さ・手軽さが中国国内での圧倒的利用率につながっています。 代理店様は代金を支払ってもらうためにQRコードを表示し、消費者様が自分のスマホでそのQRコードを読み込めば支払いは即時に完了します。 その手軽さと導入コストの安さから、消費者側、小売店側ともに愛されて、今では「ウィーチャットペイさえあれば財布を持たずに出かけることができる」と言われるまでに発展しています。 ウィーチャットペイの利用方法 ウィーチャットペイを利用する手順は極めてシンプルです。 WeChatの中にある『ウォレット』を起動する 2. 支払い金額を確認し、支払い用QRコードを店側のバーコードリーダーで読みとってもらう 3. ウィーチャットペイ内の残高から自動的に支払いが行われる ウィーチャットペイ(WeChat Pay・微信支付)のアプリに銀行口座の情報を登録することで、24時間いつでも銀行口座からアプリにお金を『チャージ』することができます。 食事代や洋服代、お店で何かを買う時、その代金を支払うときにはアプリを操作してQRコードを表示してお店側に読み込んでもらうことで支払いが完了します。 また日本でダウンロードしたWeChatには『ウォレット』機能がアクティベートされていないため表示されていません。 WeChat内でウォレット機能を利用できる人から送金機能、もしくは『红包』でお金を送ってもらうことで『ウォレット』機能を利用できるようにすることができます。 中国国内の銀行口座を持っている場合にはウィーチャットペイを利用することができます。 中国国内の銀行口座は年々開設のための審査が厳しくなっているとも言われており、以前であれば短期旅行客でも開設できていましたが、現在では就業や留学など長期で滞在する人でなければ開設は難しくなっています。 しかし、中国人以外の利用者への対応進捗も? 中国国内のスマートフォン決済サービスの普及により、一部の商店では現金の取り扱いを渋るところが現れ始めました。 特に偽造が比較的容易である硬貨については個人経営の小売店においてQRコード決済のみを受け付け、現金はお釣りを準備していないため受け付けないというお店も存在し、ウィーチャットペイなどを実質利用できない外国人旅行客にとっては辛い場面もあります。 そこで海外発行のクレジットカードからもウィーチャットペイにチャージできる仕組みを整えていることを公式が発表しています。 一部報道では中国国外のクレジットカードにウィーチャットペイが対応したとのニュースもありましたが、実際には登録できているユーザーとできていないユーザーが不規則に存在しています。

次の

中国発「WeChat」はスゴいアプリ!使い方、設定方法とは?

ウィー チャット ペイ 使い方

WeChatの実名認証のメリット 実名認証しなくてもWeChatは使えます。 ただ、 その1・実名認証のアカウントは、閉じられやすい傾向にある これは運営側としての気持ちもわかります。 なんの認証もしていないアカウントはなりすましとか盗用の可能性もあり、適当な情報で登録しているだけで、ろくでもない使い方をしていたり、悪用しようと思えば、できてしまうからです。 もちろん、中国独特の事情もあるかと思いますね。 その2・WeChat Payが使えるようになる でも紹介しましたが、中国でのキャッシュレスの普及が早く、中国ではWeChatPayかアリペイ(Alipay)を使えないと、とても不便なのです。 また旧正月とか、誕生日とかのときに、友人からの「ラッキーマネー」(紅包)も受け取れなかったりします。 そのため、上記でご紹介した実名認証をやっていないときのデメリットが解消されます。 WeChatの実名認証方法 ここからは、実際の画面を見せながらご紹介します。 まずは、実名認証を行うには、右下のメインメニューの「自分」を選んで、WeChatPay(微信支付)を選択します。 次は、WeChatPayの画面が開き、右上の「・・・」を選択します。 次に、支払い管理の画面が開きます。 一番上に「実名認証」のメニューがありますので、そこの行を選択します。 ここからは実際の実名認証の流れになります。 まずは下記の画面が表示されますので、「今すぐ認証」を選びます。 次の画面では、規約が表示されます。 確認したら、右下の「同意」を選択します。 次に、「身元情報」の設定画面です。 デフォルト設定として、中国のID Card(身分証)が選択されています。 そこで、名前を入力し、ID番号、職業、地域を選べば良いのですが、日本の方はID持っていませんので、当然他のIDタイプもあります。 IDタイプを選択してみてください、下記のようなメニューが表示されるはずです。 IDカードの他に 「home return Permit(外国人が中国に出入りするための通行証)」 「MTPs」(よくわからず…) 「Passport」(パスポート) も選べます。 最初は、中国人でもパスポート登録できる!と思ったが、そうすると地域に中国がないため、登録できない?かもしれません。 ただし、日本は選べますので、日本の方はパスポートで認証可能です。 名前、IDタイプとその番号を入力したら、次は職業の選択です。 メニューを開くと、いくつか選択肢ありますが、ここでは「会社員」を選びました。 皆様はご自分の職業を選んでも良いし、別に検証かかっていないので適当でも問題ないと思います。 次は、最後の選択「地域」です。 地域を選択すると、地域一覧が表示されます。 そこで日本を選んたら、、、 なんと市まで選ばないといけないようです。 ここまで限定する必要あるでしょうか… 地域も選んだら、情報が一通り揃いましたので、「次へ」を選択します。 次の画面では、銀行カードの追加になります。 ただし、手元にカードあれば、登録しても良いですが、ない場合は、「後で」を選びます。 次は、支払いのパスワード設定画面になります。 設定して、「次へ」を選択しますと、実名認証成功の画面が表示されます。 そこで、「完了」を選択します。 ここまで、実名認証が終わりました。 最初の支払い管理ページに戻ると、実名認証は「確認済み」と表示されました。 はい、ここまで、実名認証のフローが終わります。 最後に いかがでしたでしょうか。 WeChatの実名認証、難しくないのですが、ID登録部分がちょっとややこしいですね。 日本人の場合と中国人の場合は、登録できるIDが違ってきますので、登録の際にご注意ください。 では今回はここまで。

次の

Wechat Pay(ウィーチャットペイ)代理店、日本で導入はこちら

ウィー チャット ペイ 使い方

のべ 61,181 人がこの記事を参考にしています! WeChatは中国で大人気のメッセージアプリ。 日本のLINEに似ていますが、身分証明や送金など幅広い機能をもつ「かなりスゴいアプリ」なんです! この記事ではWeChatの使い方、初期設定の方法、便利な機能を詳しく紹介します。 2018年6月現在のアクティブユーザー数が10. 58億人!という爆発的に人気のアプリです。 中国生活では必需品とも言えるWeChatを活用してみましょう! 中国語をもっと上達させたい、中国をもっと知りたい方に無料中国語オンライン講座がおすすめ!中国語を最短でマスターする動画を、 期間・人数限定でプレゼントしています。 WeChatの使い方・インストールの方法 まずはWeChatアプリをスマートフォンにインストールしてみましょう。 iPhone端末とandroid端末の二つに分けてご紹介します。 お使いの端末の記事を参考にインストールしてみてください。 1-1. iPhoneへインストールする ダウンロード: iPhoneの場合はまず、「App Store」でWeChatアプリを検索します。 見つかったら、「入手」ボタンを押してアプリをインストールします。 1-2. Android端末へインストールする ダウンロード: Android端末の場合は「Google Play」でWeChatアプリを検索します。 見つかったら、「インストール」ボタンを押してアプリをインストールします。 WeChatの初期設定と基本のチャットの使い方 WeChatのインストールが完了したら、初期設定を行います。 ここではその初期設定の方法と基本的なチャットの使い方について解説していきます。 2-1. IDやパスワード、声紋認証の登録 初期設定の時、IDやパスワード、声紋認証の登録をすることができます。 ログアウトやアプリをアンインストールしてしまった後に、再度利用しようとした場合、時々上手くログインできない事があります。 そのような場合、いくつかのログイン方法を設定しておけば再利用の可能性が残されて安心ですね。 いざというときに困らないように、最初に必要な設定を行ってみてください。 2-1-1. WeChat声紋認証と ID、パスワードを登録する(iPhone)• 初めてWeChatを開いた時、画面に「ログイン」「登録」と書いた画面が表示されるので、「 登録」を選択します。 ショートメールでメッセージが受信できる携帯番号を入力し、プライバシー画面が出てきたら内容を確認し、右下の「 同意」をタップします。 「 開始 スタート 」をタップするとジグソーパズルの絵が出てくるので、スライドさせて絵を完成させます。 SMSで送られてきたパスワードを入力して「 送信」を押します。 画面下の緑のボタンを長押ししながら数字を2回読み上げてください。 無事声紋登録が完了すると「 次へ」のボタンが出てくるのでタップして完了です。 続いてWeChat IDの設定方法です。 まず、本人画面から一番上をタップして、「 マイプロフィール」画面を表示させます。 次に「 WeChat ID」をタップし、WeChat IDを英数字で入力すれば設定完了です。 また、パスワードは一度しか変えられないのでご注意ください。 2-1-2. WeChat声紋認証と ID、パスワードを登録する(Android)• 初めてWeChatの画面を開くと、通知の許可設定メッセージが表示されます。 これらは、WeChatを使う上で必要最低限のものなので「 許可」しておいたほうがスムーズに使えます。 続いて、「ログイン」「電話番号で登録」と書いた画面が出てくるので「 電話番号で登録」ボタンをタップし、 氏名(ニックネームでOK)と パスワード、 携帯電話番号を入力し登録ボタンを押します。 次にプライバシーポリシーの概要ページが表示されるので、内容を確認し、「 同意しました」をタップ、「 次へ」へ進みます。 画像認証でのセキュリティチェックに進み、パズルを完成させます。 機種にもよりますが、「WeChatにSMSの受信許可しますか?」というメッセージが出るので、「 許可する」をタップして進みます。 この場合、SMSの認証番号を自動で認証してくれるので便利です。 自動で認証できなかった場合は、SMSで送られてくる認証番号を手動で入力してください。 次は声紋認証です。 声紋認証画面に移ったら「 開始」ボタンを押します。 次の画面で「ボタンを押しながら数字を読みます」と出てくるので、指示通り行ってください。 これで登録完了となります。 その他、名前やトップ写真の登録などはWeChatの本人画面から登録、変更することができます。 2-2. チャットの基本の使い方 WeChatではLINEと同じような感覚で友達などとチャットすることができます。 使い方は、まず最初のトップ画面から 「連絡先」ボタンを押して、そこからチャットしたいアカウントを選んでください。 そうすると、チャット画面に移行するので、そこでやり取りを行う流れです。 チャット画面に移行して一番下の空白部分をクリックすると、文字を入力する画面が現れ、そこからメッセージを送ります。 【チャットで送信できるもの】• 「スタンプ」• 「画像」アルバムの写真や動画、その場で撮った写真を送る• 「音声」音声を録音して送る• 「場所」自分の現在地や目的地などの地図を送る• 「連絡先カード」自分が登録している友達のWeChatの連絡先を送る• 「送金」WeChatにチャージしてあるお金を送受信できる• 「お気に入り」お気に入りに登録した音楽や写真などのデータを送る• 「ファイル」音楽やPDF、エクセルデータなど送る と様々です。 文字以外のこれらは、全て右側の + プラス ボタンを押すと送信できるようになります。 スタンプは無料のものがとても多く、きっとお気に入りが見つかるでしょう。 更に中国人は「音声チャット」をよく使います。 使い方は、まず左下のアンテナのようなボタンを押して、「 押したまま話す」を選択します。 押しっぱなしにすると画面にマイクが現れるので、そこに向かって話しかけてみてください。 話し終わって指を離すと、内容が録音されて相手に送信されます。 文字を打つのが煩わしい、時間がない時など活用してみてください。 友達を追加する方法 先ほどチャットの基本的な使い方を解説しましたが、チャット機能を使うには友達がいないと使うことができません。 この記事では、いくつかの友達を追加する方法をご紹介します。 3-1. 電話帳から追加する 友達を追加する方法はいくつかありますが、簡単なのは電話帳をWeChatに送信して友達を探す方法です。 【Android】 WeChat画面の右上にある「 +(プラス)アイコン」をタップして「 連絡先の追加」を選択。 この中の「 携帯連絡先」を選択すると、現在自分の携帯に登録してある電話番号から紐づけされた友達一覧が表示されるので、この一覧から友達に入れたい人を選んで「 追加」を押 します。 リクエストのメッセージを送信すると、相手の人に友達追加依頼のメッセージが届く仕組みです。 【iPhone】 WeChat画面最下部の「チャット」か「連絡先」の画面右上にある 「 +(プラス)アイコン」を押して 「友人の追加」を選択。 (「連絡先」の場合はそのまま「友人の追加」画面に移動します) この中の「 携帯連絡先」を選択すると、現在自分の携帯に登録してある電話番号から紐づけされた友達一覧が表示されるので、この一覧から友達に入れたい人を選んで「 追加」を押します。 リクエストのメッセージを送信すると、相手の人に友達追加依頼のメッセージが届く仕組みです。 これで相手が承諾すれば、友達として追加することができます。 3-2. IDから追加する WeChat画面の右上にある 「+」アイコンをタップします。 (iPhoneは「3-1. 電話帳から追加する」の手順通り「友人の追加」画面を表示させる) 次に、 画面の一番上にある検索欄に探したい人のIDを入力し、検索ボタンを押して検索します。 相手を見つけられたら追加ボタンをタップし、追加します。 3-3. QRコードから追加する WeChat画面の右上にある 「+」アイコンをタップします。 (iPhoneは「3-1. 電話帳から追加する」の手順通り「友人の追加」画面を表示させる) QRコードのスキャンを選択すると相手のコードをスキャンでき、追加することができます。 逆に自分のQRコードを表示させ、相手にスキャンしてもらう方法も紹介します。 メイン画面右下にある「 本人」 アイコンをタップし、一番上・自分のアイコン部分を押して 「マイプロフィール」画面へ。 「 自分のQRコード」を選択すると自分のQRコードが表示されます。 相手に読み込んでもらって追加することも可能です。 WeChatの音声通話の使い方 WeChatはチャット機能だけでなく、音声通話やテレビ電話もできます!とても便利でお得なので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。 以下、2つの方法を紹介します。 連絡先から音声通話をしたい相手を選択し、一番下の「 動画&音声呼び出し」ボタンを押します。 その中から 「動画呼び出し(テレビ電話)」か「 呼び出す(音声のみの通話)」を選択して相手に電話を掛けます。 通話をしたい相手とのチャット画面の右下の + プラス ボタンから 「呼び出す」を選択し、同じように電話をかける(動画で呼び出す)ことができます。 モーメンツを投稿する方法 WeChatのモーメンツとはLINEやフェイスブックの タイムライン機能にあたるもの。 ここでは、そのモーメンツの投稿方法を説明します。 まず、モーメンツの画面を開くにはWeChatのメイン画面下から「 発見」を押し、一番上に表示される「 モーメンツ」を選択します。 そうすると、LINEで言うタイムラインのような画面が開きます。 そこから右上のカメラマークを選択して、各種の投稿をしていきます。 「 Sight」はミニ動画を投稿する機能• 「 写真を撮る(カメラ)」は直接写真を撮って投稿する機能• 「 写真から選択(アルバムから写真または動画を選択)」はアルバムから選択して投稿する機能です。 必要に応じてメッセージなどを添えて「 送信」を押せば投稿完了となります。 このモーメンツの機能はビジネスにも使われていて、企業などが公式アカウントを取得して活用している事例もあります。 友人の投稿と同じようにタイムライン上に「モーメンツ広告」を表示でき、性別や年齢などで属性の絞り込みも可能とのこと。 シェアなどの機能もあるため、多くの企業などが情報発信に利用しています。 出会いを作る「シェイク」と「近くにいる人」の機能 WeChatには「シェイク」と「近くにいる人」という出会いを作る機能もあります。 どちらも「発見」の画面から見ることができます。 それぞれの使い方についても解説します。 6-1. 「シェイク」の機能と使い方 シェイクはLINEで言う「ふるふる」のような使い方をします。 つまり、スマホを振るということ。 同時にスマホを振った人が画面に表示される機能になっています。 連絡先を交換するときや新しい出会いを作るきっかけとして使える機能です。 6-2. 「近くにいる人」の機能と使い方 その名の通り、自分の近所にいる人を検索する機能です。 男性のみや女性のみといった条件も指定することができ、必要に応じて位置情報を消すこともできます。 面白い機能ではありますが、悪質なナンパや詐欺的ビジネスに悪用されることも考えられます。 しっかりと利点と欠点を理解したうえで、使用する場合は上手に使ってみてください。 翻訳機能 WeChatは翻訳機能という便利な機能も備えています。 翻訳機能はチャットやモーメンツで利用可能です。 チャットの場合は送られてきたメッセージを長押しすると「翻訳」という項目が現れるので、それを選択することで機能が有効になります。 翻訳内容を隠す場合は再び長押しして「Hide Translation(翻訳を隠す)」を押せば完了です。 モーメンツの翻訳の場合も同じく、翻訳したい部分を長押しして「翻訳」を選択。 隠す場合もメッセージと同様に操作すれば可能です。 WeChatをパソコンで使う方法 WeChatにはパソコン版もあります。 Windows版とMac版がそれぞれ用意されており、インストールして使います。 使用する際、スマホのQRコードが必要とされるため、 スマホでWeChatを登録していないと利用できません。 パソコン版をインストールして立ち上げると、QRコードが表示されるようになります。 このときスマホ版のWeChatも立ち上げて、右上の +(プラス)ボタンから「 QRコードのスキャン」をクリックします。 スマホ画面に「 WeChatへのログインを確認」と表示されるので、「 入力」をクリックすると、パソコンでWeChatの画面を開くことができます。 iPadでもパソコンと同様にログイン可能です。 パソコン版WeChatはパソコン上にあるデータを送りたい時などに便利です。 WeChat pay決済の使い方 WeChat payは銀行口座とアプリを紐づけて支払いができる便利な機能です。 基本的には中国の銀行口座を持っている人しか利用はできません。 マイウォレットにチャージできれば利用が可能です。 ここでは、その具体的な手順をご紹介したいと思います。 9-1. マイウォレットを有効にする WeChatをインストールしただけではマイウォレットが表示されないことがあります。 表示させるにはまず、友人などすでにWeChat payを使っている人から送金してもらう必要があります。 【手順】• 友人に送金してもらって、 受け取るボタンを押す。 実名認証の画面になるので「 add new card」を選択し、次の画面は英語の文章が出てくるので「 同意」を選択する。 クレジットカードや住所、電話番号などの情報を入力する。 支払いパスワードを設定する(数字6ケタ) この流れでマイウォレットが開設されます。 ここで注意なのが、 日本のクレジットカードでは登録のみが可能ということです。 実際に買い物など支払いができるようにするには友人に送金してもらうか、空港などに設置されているポケットチャージを使ってチャージするか、マイウォレットからバンクカード(中国の銀行口座に限る)を登録する必要があります。 9-2. ウォレットに「ポケットチェンジ」でチャージする ポケットチェンジは空港などに設置されている電子マネー両替機で、ここからチャージすることができます。 手順は下記のとおりです。 まず、端末に現金を入金します。 画面指示に従って入金が終わると、QRコードが入力されたレシートが発行されます。 次にアプリ側の「 QRコードをスキャン」をクリックして、レシートに印刷されているQRコードを読み込みます。 使用規約が出るので「 同意」を押し、WeChatログインと表示されたら「 許可」を押します。 再度利用規約が表示されるので「 同意」をクリック。 チャージが成功すると、その金額が表示される画面に移るので、そうなれば無事に入金されたことになります。 ポケットチェンジでチャージするには手数料が引かれるので覚えておきましょう。 WeChat payはスーパーや売店、タクシーなど多くのシーンで使えるとても便利な機能です。 ポケットチェンジでチャージして、出張や旅行の際に使ってみてください。 ミニプログラム ミニプログラムとはそれぞれのアプリをインストールしなくてもWeChatの中で使えるプログラム アプリ のことです。 たまにしか使わないアプリをわざわざインストールしてスマートフォンの容量を使わなくて済む他、ゲームやオンラインショッピング、更には広告など幅広い用途で利用することができるため、今大きな注目を集めています。 WeChatはかなりスゴいアプリだった これまでWeChatの様々な機能や特徴を見てきましたが、いかがだったでしょうか。 単なるチャットによるメッセージのやり取りだけでなく、それ以外にもたくさんの魅力的な機能をもつアプリであることを感じていただけたのではないかと思います。 ミニプログラムなどに代表されるように、Wechatはこれからも様々な分野を巻き込んで成長が期待できる、大きな可能性を秘めたアプリ。 その可能性は無限大であり、個人の利用だけでなく、企業のビジネスに活用するアプリとしても大きな注目を集めています。 今後もそんなWeChatの躍進にますます目が離せませんね。 中国のことをもっと知りたい、中国語を上達させたい方に無料中国語オンライン講座がおすすめ!中国語を最短でマスターする動画を、 期間・人数限定でプレゼントしています。 三宅裕之(監修・執筆) HSK・中国語検定合格&中国語発音スクール「フルーエント中国語学院」学長 シナジープラス株式会社代表取締役 20万部の書籍出版、5,000人以上の指導経験、文部科学省にて5年連続の講義実績を持つ語学とコミュニケーション力の開発プロフェッショナルトレーナー 早稲田大学商学部在学中に、中国財経大学にて中国語を学ぶ。 完全にゼロからのスタートから、4ヶ月で中国語の大学入学レベル、9ヶ月で大学院入学レベルに到達。 大学卒業後、ベネッセコーポレーションにて、中国語検定開発などを行った後、株式会社ジャパンビジネスラボ代表取締役に就任。 2004年より米国コロンビア大学大学院にて、多文化多言語教育を研究。 帰国後、シナジープラス株式会社を設立。 「フルーエント中国語学院」「バイリンガルズ英語学院」を開校し、語学だけでなく、コミュニケーション能力そのものを上げていく指導を行う。 2011年、中国蘇州にて諧楽吉教育諮詢有限公司を設立。 中国人・日本人への異文化リーダーシップ教育、日本人向け中国語教育などを展開している。 2016年よりシンガポール在住。

次の