体 脂肪 率 出し 方。 体重計で体内年齢の出し方や信憑性!内臓脂肪なども正確に測っているのか?

体脂肪率の計算方法&BMIと比べた時のメリット・デメリット

体 脂肪 率 出し 方

関連記事 ・ 体脂肪率がどんどん上がる原因 いったい、なぜ体脂肪率がどんどん上がるのでしょうか。 それは食べ物が原因であることがほとんどです。 食事で摂取したエネルギーが消費するエネルギーを上回っているのです。 これは一日のうちにどれほどの時間を立って生活しているのかという点でも変わってきます。 デスクワークを一日する職業であればそれほどカロリーは消費できないでしょう。 反対にずっと立ちっぱなしの接客業では消費カロリーが増えるはずです。 また、一日の食事はどれほどの量摂っているでしょうか。 お腹いっぱいになるまで食べ続けていませんか? 油っこい天ぷらや揚げ物ばかりを好んで食べていないでしょうか。 スナック菓子などのお菓子は脂質も糖質も多く脂肪を増やすものです。 このような食生活が習慣になっていると、当然体脂肪率は増加します。 人が 一日のうちに消費できるカロリーには限界があることを覚えておいてください。 エネルギーとして使われなかったものはすべて、飢餓状態に陥ったときの蓄えとして脂肪となり蓄積されるのです。 さらに、 基礎代謝が低いことも体脂肪率を上げる原因となります。 人間は基礎代謝は年々減少していきます。 それにもかかわらず食事量を変えていなければ、体脂肪率はどんどん上がります。 脂肪を燃焼する力が弱いため、運動しなければ脂肪はなくなりません。 関連記事 ・ 体脂肪率を減らす(落とし方)2種類の方法 体脂肪率を減らす方法は2種類あります。 もちろん、脂肪がなくなればそれだけ体の中の脂肪率は減少していきます。 ですから、ダイエットを行い体脂肪をできるだけ落としていく方法が最も効果的なのです。 ダイエットには 有酸素運動と食事制限の両方が含まれます。 食事を制限して脂肪をためやすい食事を避け、脂肪を分解する働きを助けてくれるビタミンやミネラルを方法に摂取するよう心がけます。 そして、有酸素運動を行って脂肪を燃焼させて減らしましょう。 脂肪1kg減らすには7000Cal以上のカットが必要です。 さらに、 質の良い睡眠をとって成長ホルモンをしっかり分泌させましょう。 脂肪を分解しやすい状況を作り出すのです。 時間はかかりますが、筋肉をつけるよりも早く簡単に済むのが、体脂肪を減らすというものなのです。 関連記事 ・ 体脂肪率を減らすのは1ヶ月単位で取り組もう 体脂肪率を減らすにはどれほどの期間が必要なのでしょうか。 これは人によるので何カ月で何パーセント必ず落とせるというものは存在しません。 1カ月で5%落とせる人もいれば1パーセントしか落ちない場合もあるのです。 しかし、ダイエットを始める前の体脂肪率が高ければ効果的な運動や食事制限を行うことで、速いペースで体脂肪率を減らすことが出来ます。 また、筋肉量が多い人は基礎代謝が高く脂肪を燃焼するスピードも速いため、体脂肪率も下がるのは速いことでしょう。 体脂肪率を減らすことは1日2かでできるものではありません。 1カ月単位で自分の体脂肪率の推移を確認していきましょう。 関連記事 ・ 体脂肪率を減らす10の方法(食事での落とし方) 体脂肪を減らす方法はたくさんあります。 基本的な食事の習慣を工夫するだけでも変化が現れるかもしれません。 これからご紹介する10の方法は食事だけで体脂肪を減らす方法です。 是非試してみてくださいね。 しかし、だからといって食事の回数は減らさないようにしましょう。 食事回数を不規則にしたり、食事を抜いてしまうと、体は飢餓状態であると勘違いしてしまいます。 その結果脂肪を蓄積する働きが促進されてしまいます。 この状態は体脂肪を減らすのにはとても困った状態です。 できるだけ 食事回数と食事の内容は規則正しくするようにしましょう。 しっかり3食以上食べることで基礎代謝を上げることもできます。 自分の体にはどれくらいのエネルギーが必要で、 摂取しなければならないカロリーをまず調べましょう。 そのカロリーに沿って食事の内容を考えて、献立を立てましょう。 ダイエットをして体脂肪を減らしたいなら、男性は1日2000Calにすればよいでしょう。 これ以上減らすと、痩せにくい体を作ってしまうことになるので、ほどほどにしましょう。 食べ過ぎ、食べなさ過ぎを防ぐためにも、カロリー計算は大切です。 これはレコーディングダイエットともいわれています。 この測定する時間は毎日決まった時間にしましょう。 体重と体脂肪率の経過がよくわかるようになります。 自分の体の変化をしっかり把握しておくことは大切です。 もし、体重が減っていなくても体脂肪率が減っているかもしれません。 体脂肪率が減らなければ体重が減っても意味がありません。 こうした点を考えながら変化の記録を意味あるものにしましょう。 何故なら 炭水化物の糖質が脂肪を蓄積させる一つの原因となっているからです。 炭水化物を食べると血糖値が急上昇します。 この血糖値が上がることで脂肪はたまりやすくなります。 炭水化物を控えることで血糖値は上がりにくくなり、体脂肪もたまりにくくなります。 いきなり全く無しにしようとするのは辛いので、週1回に限ることで効果を実感することは十分出来るでしょう。 意外と調味料は体脂肪を増やすもととなるため、気をつけましょう。 おすすめは唐辛子です。 唐辛子に含まれている カプサイシンは脂肪の燃焼を助けてくれます。 辛いものを食べると体が熱くなりますよね。 あの現象はただ辛いからではなく、体温が上がり基礎代謝が上がっているからなのです。 料理の味付けに是非唐辛子を使ってみてください。 多くのデータはコーヒーを飲む人は痩せやすく、脂肪がたまりにくいという結果を表しています。 これは カフェインが脂肪燃焼を促してくれるものだからです。 仕事の合間に間食を取るのではなく、砂糖やミルクを入れていないブラックのコーヒーを飲むようにしてみてはいかがでしょうか。 回数は増やしますがカロリーはそのままです。 つまり 低カロリーなものを数回食べることでカロリー制限をします。 食べる回数が増えれば空腹時間がなくなるためストレスもたまりにくく、食事制限が楽にできます。 また、食べ過ぎて栄養を吸収しすぎてしまうことも、血糖値が急上昇することも避けられます。 脂肪が増加することを恐れる人にとって非常に効果的な食事方法です。 グリーンスムージーは特に食物繊維が豊富なため 腸内環境を整えてくれます。 その結果良い栄養をしっかり吸収し、悪いもの排出しやすい状態になります。 体脂肪を減らすための良い体内環境が整えられますので、置き換えダイエットとしてもお勧めです。 簡単に作れるため忙しい人やレシピに凝っていられないという人にもおすすめですね。 5大栄養素に加えて 酵素は非常に栄養豊かで摂るべきものです。 また、酵素はそのほかの栄養素がしっかりいきわたるようにサポートしてくれます。 体脂肪を減らすために働いてくれるビタミンなどの栄養がしっかり吸収されて、力を発揮できるようにするために酵素の助けを借りましょう。 ブロッコリーに含まれている ミネラルは脂肪の燃焼効果が期待できるものです。 加えて 筋肉を強くしてくれる働きもあるため、脂肪を減らし筋肉をつけるという体脂肪率を下げる二つの方法両方をまかなえます。 関連記事 ・ 体脂肪率を減らす5つの方法(運動での落とし方) 運動を行うことで脂肪を燃焼し、体脂肪率を下げることもできます。 以下に紹介する運動は、どの方法も簡単に一日のスケジュールに取り組めるはずです。 最初からあきらめずに運動で体脂肪を減らせるよう努力してみてください。 ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は 20分以上行うことで徐々に脂肪が燃焼されていくようです。 はじめはエネルギーがありますが、脂肪の分解によって生じるエネルギーが使われるようになると、体脂肪率を下げることが出来ます。 長時間の運動は体力的にも時間的にも厳しい時があるかもしれませんが、毎日ではなくても定期的に行うことで効果を望めます。 筋肉をつけることで毎日生きていくためだけに使うエネルギーの量が増えます。 これは筋肉が主にエネルギーを消費しているからです。 筋肉の量が増えれば、それだけ使うエネルギーも増えるのです。 学生でなくなると急に運動量が減るため、筋肉がなくなってしまいがちです。 筋肉を意識的に強くしていきましょう。 そうすることで 内臓の周りにある目立ちにくい脂肪を燃焼することが出来ます。 負荷があまり大きくなく、いつでもどこでもできるトレーニング方法が多いため、忙しくても習慣に出来るはずです。 ドローインはこの 呼吸法を生かした運動のことです。 おなか周りを鍛える効果があるため、とくにお腹周りの脂肪が気になる方は、意識して行いましょう。 筋肉を刺激し、老廃物を排出するのにストレッチは効果的です。 ストレスを解消し安眠にもつながります。 ・体脂肪率とは体の中の脂肪の割合のこと。 ・体脂肪率を減らすためには食生活の改善と筋トレや有酸素運動が有効。 ・日々の体脂肪に気にせずに体脂肪率を減らすのは1ヶ月単位で取り組む。 体脂肪率を落とせば、理想的な体型になることが出来ます。 自分が太っている、痩せているを体重で考えてしまいがちですが、同じ体重でも筋肉量が多い人の方がたくましく、男らしく思えることでしょう。 人から好かれる、外見が魅力的な男性は、脂肪を増やさないよう何らかの努力をしています。 食べ過ぎない事、運動を習慣にすること。 なんでもよいので健康的な体型になるために脂肪を減らしていきましょう。 ここでご紹介した体脂肪率の落とし方を是非参考になさってくださいね。

次の

体脂肪率の計算方法や平均・理想値、体脂肪を減らす方法 (2018年9月13日)

体 脂肪 率 出し 方

体脂肪率とは? 体脂肪率とは、全体重に占める脂肪の割合がどれくらいなのかを表した数値で、次の式で求められます。 体脂肪計や体組成計は、直接体脂肪の重さを量っているわけではなく、「脂肪は電気を通しにくく、筋肉は電気を通しやすい」という体の特性を利用して、体内に流した微弱な電流への電気抵抗値(電流の流れにくさを示した値)から推定しています。 そのため、体脂肪率のデータは、どのメーカーの体組成計を使うかによって、多少異なります。 体脂肪率は、医学界で肥満を判断する指標としては使われておらず、体脂肪率と健康障害のあいだに、相関関係も認められていません。 これは、体脂肪率が「内臓脂肪(生活習慣病のリスクを高める)と皮下脂肪(生活習慣病のリスクを高めない)を合わせた全脂肪の量を反映しているため」で、体脂肪率が高くても、生活習慣病のリスクが高まるとは限らないからです。 体脂肪率の見方 「体脂肪率が低いのは、やせているのだからいいこと」と誤解されがちですが、体脂肪にはエネルギーを蓄える、体温を維持する、外部からの衝撃をやわらげる、ホルモン分泌を正常にコントロールする、女性のボディラインを美しく保つといった働きもあり、少なすぎても健康に支障をきたします。 そのため、低すぎず高すぎずの、適正値を保つことが大切です。 厚生労働省の見解では、「成人女性は30%以上、男性は25%以上になると体脂肪量過剰」とされています。 ただし、体脂肪率の適正値は、年齢や性別によっても変わるので、体組成計に付随する説明書や、計測器メーカーのウェブサイトなどに書かれている判定基準を参照するのがおすすめです。 例えば、エレコムなら次のような判定基準を公開しています。 体脂肪率の判定基準 男性 女性 低(1) ~8. 9 ~18. 9 低(2) 9. 0~11. 9 19. 0~21. 9 低(3) 12. 0~14. 9 22. 0~24. 9 標準(1) 15. 0~17. 9 25. 0~27. 9 標準(2) 18. 0~21. 9 28. 0~31. 9 標準(3) 22. 0~24. 9 32. 0~34. 9 高(1) 25. 0~27. 9 35. 0~37. 9 高(2) 28. 0~30. 9 38. 0~40. 9 高(3) 31. 0~ 41. 0~ 女性は、男性に比べると、標準範囲がやや高くなっています。 体脂肪率が低すぎると、体温調整がうまくいかなかったり、女性ならホルモンバランスの乱れで月経不順が生じたりするリスクが高くなります。 なお、体脂肪率は、前述のとおり内臓脂肪(生活習慣病のリスクを高める)と皮下脂肪(生活習慣病のリスクを高めない)を合わせた全脂肪の量を反映しています。 体脂肪計によっては、内臓脂肪のみの状態を測定できる物もあります。 BMIとは? 体に対して体脂肪がどのぐらいあるかを示す指標としては、体脂肪率のほか、肥満度を表す指標であるBMIもよく耳にします。 BMIとはBody Mass Indexの略で、国際的な体格指数として認められているものです。 しかし、BMIと体脂肪率を組み合わせて見ると、例えば「BMIは標準でも体脂肪率が高ければ、運動不足気味である」といったことがわかるので、両方の数値を見るのがおすすめです。 日本肥満学会では、BMIの数値ごとに次のような肥満度の判定基準を定めています。 肥満度の判定基準 BMI(数値の範囲) (肥満度)判定 ~18. 4 低体重 18. 5~24. 9 普通体重 25. 0~29. 9 肥満(1度) 30. 0~34. 9 肥満(2度) 35. 0~39. 9 肥満(3度) 40. 0~ 肥満(4度) BMIと体脂肪率、内臓脂肪レベルを併せて見ることで、隠れ肥満や生活習慣病のリスクが高いか低いかを知るのに役立ちます。 骨格筋率とは? 体脂肪率と同様に、ダイエットや健康管理、トレーニングをする上で欠かせない指標として「骨格筋率」というものがあります。 骨格筋率とは、体に占める骨格筋の割合を示す指標です。 体にある筋肉は、「骨格筋」「心筋(心臓の筋肉)」「平滑筋(臓器に存在する筋肉)」の3つに分けられ、このうち一般的に筋肉として知られているのが骨格筋です。 骨格筋は、「体を動かす」「姿勢を維持する」「エネルギーを生み出す」といった役割を担っています。 体を鍛えて骨格筋の量が増えればその分だけ基礎代謝が高まるので、ダイエットやトレーニングをする際は、この数値の増減にも気を付けるといいでしょう。 骨格筋率の見方 骨格筋率はトレーニングによって増加し、加齢によって減少します。 例えば、エレコムなら、次のような判定基準を公開しています。 骨格筋率の判定基準 男性 女性 低(1) ~27. 9 ~23. 4 低(2) 28. 0~29. 9 23. 5~24. 9 低(3) 30. 0~31. 9 25. 0~26. 4 標準(1) 32. 0~33. 9 26. 5~28. 9 標準(2) 34. 0~35. 9 29. 0~30. 9 標準(3) 36. 0~37. 9 31. 0~32. 4 高(1) 38. 0~39. 9 32. 5~33. 9 高(2) 40. 0~41. 9 34. 0~35. 4 高(3) 42. 0~ 35.

次の

体重計で体内年齢の出し方や信憑性!内臓脂肪なども正確に測っているのか?

体 脂肪 率 出し 方

このページ内のメニュー BMI指数の計算 BMI指数の計算 BMI はボディ・マス・インデックスの略です。 これは体重と身長のバランスをチェックし、外見的な肥満度を測定するものです。 BMI指数を自動計算します。 肥満度をチェックしてメタボリック対策やダイエットにお役立てください。 あなたの BMI指数 ボティマス指数 、標準体重を計算してみよう! 0」でした。 理想体重とは、統計上もっとも病気になりにくい体重のことだそうです。 でも理想体重だと見た目は「ややポッチャリ体形」です。 ファッション体重を目指すのなら、BMI指数「 19 」を目安にすると良いようです。 それ以下は痩せすぎですので、やせ過ぎにならないように気をつけてください。 同じ身長と体重でBMI指数が同じでも、体脂肪率が多いとポッチャリ体型になります。 必ず体脂肪率もチェックする必要があります。 体型の分類 BMI指数と体脂肪率で、総合的に体型を分類判定してみよう。 また、体脂肪が「やせすぎ」レベルの人はカロリー摂取を増やしてみてください。 見た目がかなり痩せているだけでなく体脂肪も少ないようです。 もう少し体重を増やした方がいいでしょう。 また、体脂肪が「やせぎみ」レベルの人はカロリー摂取を増やしてみてください。 健康的でバランスのとれた身体です。 バランスのとれた食事と適度な運動を心がけ、現状維持と健康維持に努めてください。 見た目は太めですが、脂肪は標準あるいはそれ以下です。 スポーツマンや運動量の多い仕事をされている方に多くみられ、現状は問題ありません。 しかし、運動をやめた後もこのままの食生活を続けていると運動量に対して摂取カロリーが高くなり過ぎます。 さらにはこれまで蓄えた筋肉も脂肪と化し、あっという間に肥満になってしまう可能性も・・・。 運動量が減ったら、それと同時に体重を減らすよう心がけてください。 体重は標準以下であっても、体脂肪の割合が多いタイプです。 脂肪が多いということはそれだけ筋肉や血液、骨などが少ないということ。 このままではカラダの機能が衰え、健康を害してしまうかも知れません。 見た目ではわからないため、本人も自覚していないことが多いでしょう。 運動不足やダイエットなどを繰り返すと、食べる量は少なくてもカロリーが脂肪に変わりやすくなってしまいます。 バランスのよい食事、また適度な運動を心がけてください。 生活習慣病につながる恐れがあるので、体重と脂肪を同時に減らす必要があります。 まずは、食生活を見直すことから始めてみましょう。 これまであまり運動をしていなかった人は急にハードな運動を始めるより、軽い運動 ウォーキングなど をコツコツ続けてみてください。 ダイエットをするときには、必要な栄養を摂取と、適度な運動をするよう気をつけましょう。

次の