ゲーリー プレーヤー。 ゲーリー・プレーヤー|世界の名言集~素晴らしき人が残した名言

「真名カントリークラブ ゲーリープレーヤーコース」 ラウンドストーリー@世が世なら2オン

ゲーリー プレーヤー

南アフリカのヨハネスブルグで、金鉱山枝士である父のもと、3人兄弟の末子として生まれたゲーリー・プレーヤー。 母親を亡くした8歳のとき、軍隊に入る兄からクラブを譲り受け、ゴルフを始めることになります。 最初はゴルフに対して、「軟弱なスポーツ」という先入観を抱いていたものの、地形や天候、風など、自然と対峙しながらプレーするゴルフに、どんどん魅了されていきました。 17歳でプロ転向後、故国の南アフリカやオーストラリア、ヨーロッパなどを回り、アフリカ出身ゴルファーの道を開拓。 1956年の南アフリカオープン優勝を皮切りに快進撃が始まり、各国ゴルフツアーで勝星を重ねます。 1950年代後半からアメリカゴルフツアーにも参戦し、1965年、29歳で全米オープンを制し、アメリカ人選手以外で初めてキャリアグランドスラムを達成しました。 メジャー優勝記録は、マスターズ3勝、全米オープン1勝、全英オープン3勝、全米プロ2勝。 通算9勝は、ベン・ホーガンと並ぶ歴代4位タイの記録です。 サンシャインツアーでは、通算73勝という歴代1位の大記録を残しました。 1974年には世界ゴルフ殿堂が設立され、殿堂入りを果たしています。 自らを鍛え抜いて放つパワーショット プレーヤーの特徴のひとつは、鍛え上げられた肉体。 若い頃から一日も休みなく筋力トレーニングに励み、現在も続けているという伝説があります。 トリプル・グランドスラムを達成したタイガー・ウッズを筆頭に、ウェイトトレーニングに重点を置いたアスレチックゴルファーが注目されていますが、その先駆けだったと言えるでしょう。 なぜ、プレーヤーは肉体増強にこだわったのでしょうか。 理由は、身長168センチという小柄な体格にあります。 ビッグ3のパーマーとニクラスは、ともに約178センチ。 10センチ以上も体の大きさが違うハンディを補うために、プレーヤーはハードトレーニングを自らに課し、パワーショットを繰り出せる体をつくったのです。 全身の筋肉を使ってフルスイングし、アメリカ男子ゴルフ界の大男たちと対等に渡り合うプレーヤー。 その力強いスタイルに、日本の女子プロゴルファー宮里藍も影響を受けています。 黒色のゴルフウェアでプレー。 人種差別をなくすために 2016年、マスターズ開幕前日の恒例行事であるパー3コンテストでは、ホールインワンを達成して喜ぶプレーヤーの姿があります。 オーガスタ7番ホールの115ヤード。 ショートアイアンで打たれたボールは、カップ右上から傾斜に沿ってカップインしたのです。 80歳で健在ぶりを見せてくれましたが、トレードマークの黒いウェアも昔と変わりませんでした。 どの大会でも最終日に黒ずくめで臨むことから、「南アフリカの黒豹」「ブラック・ナイト」の異名で親しまれてきたプレーヤー。 「黒は太陽の熱を吸収し、エネルギーを与えてくれる」と、黒を纏う理由を語っています。 しかし、理由はもうひとつ。 「アパルトヘイト(人種隔離政策)に対抗する」という、強い意志の表れでもありました。 「プレーは白人、キャディは黒人」という通念がまかり通っていたアパルトヘイト時代に、キャディの黒人だけでつくられた自主的なゴルフツアーが存在していたのですが、そのゴルフツアーを支援した人こそが、このゲーリー・プレーヤー。 世の流れ次第では政治的に弾圧されかねない状況の中、プレーヤーはゴルフを通じて人種差別の撤廃を訴え続けていました。 そんな姿に心動かされたのか、同じく反アパルトヘイトの考えを強く持つ、故ネルソン・マンデラもと南アフリカ大統領も、強力なうしろ盾となってプレーヤーの活動を支えていたそうです。 同じようにそのひたむきな姿勢に心動かされた人は数多いことでしょう。 プレーヤーはそんな人々の希望となって、今も黒を纏い続けているのです。 【三重県 桑名市】 東建多度カントリークラブ・名古屋 男子プロゴルフツアー「東建ホームメイトカップ」の開催コースとなっており、戦略性の高さや、行き届いたコースのクオリティなど、トーナメントコースとしてふさわしい風格を備えた名門コースです。 【岐阜県 可児市】 東建塩河カントリー倶楽部 ゴルフ界の偉人氏によって設計された歴史があるゴルフ場で、広々としたコース設計が攻略の楽しさを広げます。 27コースというコース数を誇り、2回目でも新鮮な気分でプレーできます。 「東建多度カントリークラブ・名古屋」に併設されたゴルフリゾートホテル、「ホテル多度温泉」。 源泉掛け流しの天然温泉で体をゆっくりと休め、豪華な料理に舌鼓、日常では味わえない優雅なリゾートステイを存分にお楽しみ下さい。 ビッグ3の一角、ゲーリー・プレーヤーはヨハネスブルグで誕生しました。 17歳でプロ転向後、彼は世界中でその名を轟かせることになります。 1965年には史上3人目となるキャリアグランドスラムも達成。 この偉業がアーノルド・パーマーやジャック・ニクラスを差し置いて達成されたことはあまり知られてないかもしれません。 黒いウェアを好んで着たことから「南アフリカの黒豹」とも呼ばれた彼。 黒を選ぶ理由がただ好きなだけではないことをご存知でしたか?「プレーは白人、キャディは黒人」というゴルフにおける黒人差別への抵抗の意味も込めて彼は黒のウェアを選んでいたのです。 国は違えど黒人であるタイガー・ウッズが活躍できたのは、ゲーリー・プレーヤーの抵抗運動の賜物なのかもしれません。

次の

ゲーリー プレイヤーとは

ゲーリー プレーヤー

4 20. 0 19. 4 19. 3 20. 1 21. 8 23. 3 25. 0 25. 9 27. 0 27. 5 27. 8 27. 8 28. 6 27. 7 26. 3 25. 4 25. 2 24. 6 25. 1 25. 0 24. 8 25. 0 25. 2 24. 7 24. 4 24. 2 23. 8 23. 7 23. 3 23. 9 25. 1 26. 0 26. 2 25. 6 25. 6 26. 4 27. 4 27. 9 27. 0 26. 3 24. 9 24. 5 24. 1 24. 1 24. 1 24. 4 22. 7 22. 0 22. 5 23. 1 23. 6 23. 3 24. 4 25. 6 28. 0 28. 9 29. 5 29. 6 29. 9 28. 8 28. 9 29. 0 28. 8 28. 2 27. 5 26. 8 26. 0 25. 1 24. 真名カントリークラブ ゲーリー・プレーヤーコースの紹介 powered by.

次の

真名カントリークラブゲーリー・プレーヤーコースの予約カレンダー【楽天GORA】

ゲーリー プレーヤー

南アフリカのヨハネスブルグで、金鉱山枝士である父のもと、3人兄弟の末子として生まれたゲーリー・プレーヤー。 母親を亡くした8歳のとき、軍隊に入る兄からクラブを譲り受け、ゴルフを始めることになります。 最初はゴルフに対して、「軟弱なスポーツ」という先入観を抱いていたものの、地形や天候、風など、自然と対峙しながらプレーするゴルフに、どんどん魅了されていきました。 17歳でプロ転向後、故国の南アフリカやオーストラリア、ヨーロッパなどを回り、アフリカ出身ゴルファーの道を開拓。 1956年の南アフリカオープン優勝を皮切りに快進撃が始まり、各国ゴルフツアーで勝星を重ねます。 1950年代後半からアメリカゴルフツアーにも参戦し、1965年、29歳で全米オープンを制し、アメリカ人選手以外で初めてキャリアグランドスラムを達成しました。 メジャー優勝記録は、マスターズ3勝、全米オープン1勝、全英オープン3勝、全米プロ2勝。 通算9勝は、ベン・ホーガンと並ぶ歴代4位タイの記録です。 サンシャインツアーでは、通算73勝という歴代1位の大記録を残しました。 1974年には世界ゴルフ殿堂が設立され、殿堂入りを果たしています。 自らを鍛え抜いて放つパワーショット プレーヤーの特徴のひとつは、鍛え上げられた肉体。 若い頃から一日も休みなく筋力トレーニングに励み、現在も続けているという伝説があります。 トリプル・グランドスラムを達成したタイガー・ウッズを筆頭に、ウェイトトレーニングに重点を置いたアスレチックゴルファーが注目されていますが、その先駆けだったと言えるでしょう。 なぜ、プレーヤーは肉体増強にこだわったのでしょうか。 理由は、身長168センチという小柄な体格にあります。 ビッグ3のパーマーとニクラスは、ともに約178センチ。 10センチ以上も体の大きさが違うハンディを補うために、プレーヤーはハードトレーニングを自らに課し、パワーショットを繰り出せる体をつくったのです。 全身の筋肉を使ってフルスイングし、アメリカ男子ゴルフ界の大男たちと対等に渡り合うプレーヤー。 その力強いスタイルに、日本の女子プロゴルファー宮里藍も影響を受けています。 黒色のゴルフウェアでプレー。 人種差別をなくすために 2016年、マスターズ開幕前日の恒例行事であるパー3コンテストでは、ホールインワンを達成して喜ぶプレーヤーの姿があります。 オーガスタ7番ホールの115ヤード。 ショートアイアンで打たれたボールは、カップ右上から傾斜に沿ってカップインしたのです。 80歳で健在ぶりを見せてくれましたが、トレードマークの黒いウェアも昔と変わりませんでした。 どの大会でも最終日に黒ずくめで臨むことから、「南アフリカの黒豹」「ブラック・ナイト」の異名で親しまれてきたプレーヤー。 「黒は太陽の熱を吸収し、エネルギーを与えてくれる」と、黒を纏う理由を語っています。 しかし、理由はもうひとつ。 「アパルトヘイト(人種隔離政策)に対抗する」という、強い意志の表れでもありました。 「プレーは白人、キャディは黒人」という通念がまかり通っていたアパルトヘイト時代に、キャディの黒人だけでつくられた自主的なゴルフツアーが存在していたのですが、そのゴルフツアーを支援した人こそが、このゲーリー・プレーヤー。 世の流れ次第では政治的に弾圧されかねない状況の中、プレーヤーはゴルフを通じて人種差別の撤廃を訴え続けていました。 そんな姿に心動かされたのか、同じく反アパルトヘイトの考えを強く持つ、故ネルソン・マンデラもと南アフリカ大統領も、強力なうしろ盾となってプレーヤーの活動を支えていたそうです。 同じようにそのひたむきな姿勢に心動かされた人は数多いことでしょう。 プレーヤーはそんな人々の希望となって、今も黒を纏い続けているのです。 【三重県 桑名市】 東建多度カントリークラブ・名古屋 男子プロゴルフツアー「東建ホームメイトカップ」の開催コースとなっており、戦略性の高さや、行き届いたコースのクオリティなど、トーナメントコースとしてふさわしい風格を備えた名門コースです。 【岐阜県 可児市】 東建塩河カントリー倶楽部 ゴルフ界の偉人氏によって設計された歴史があるゴルフ場で、広々としたコース設計が攻略の楽しさを広げます。 27コースというコース数を誇り、2回目でも新鮮な気分でプレーできます。 「東建多度カントリークラブ・名古屋」に併設されたゴルフリゾートホテル、「ホテル多度温泉」。 源泉掛け流しの天然温泉で体をゆっくりと休め、豪華な料理に舌鼓、日常では味わえない優雅なリゾートステイを存分にお楽しみ下さい。 ビッグ3の一角、ゲーリー・プレーヤーはヨハネスブルグで誕生しました。 17歳でプロ転向後、彼は世界中でその名を轟かせることになります。 1965年には史上3人目となるキャリアグランドスラムも達成。 この偉業がアーノルド・パーマーやジャック・ニクラスを差し置いて達成されたことはあまり知られてないかもしれません。 黒いウェアを好んで着たことから「南アフリカの黒豹」とも呼ばれた彼。 黒を選ぶ理由がただ好きなだけではないことをご存知でしたか?「プレーは白人、キャディは黒人」というゴルフにおける黒人差別への抵抗の意味も込めて彼は黒のウェアを選んでいたのです。 国は違えど黒人であるタイガー・ウッズが活躍できたのは、ゲーリー・プレーヤーの抵抗運動の賜物なのかもしれません。

次の